MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

大豆に関する記事

表示順:
ビタミンB1を摂取しないと、いくらほかの食品を摂取しても脳の活動源にはなりません。不足状態が続くと思考力や記憶力が低下し、精神的にも不安定になるでしょう。いつまでも若々しい脳でいるためには、「大豆」を積極的に食べることをお勧めします。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場 場長・農学博士)
更新: 2018-10-10 12:00:00
酢大豆は、酢だけでなく、良質なたんぱく質を豊富に含む大豆も同時に摂取できます。食物を口から摂取するという行為は、いわば「食の整体」といえるでしょう。取り入れられた栄養素が、体の内部から全身の違和やゆがみを整えてくれる、という考え方です。【解説】中村守(盛岡せんぼくバランス治療院院長)
更新: 2018-10-06 12:00:00
健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)
更新: 2018-09-25 12:00:00
おからに含まれる水溶性の食物繊維は、糖尿病や高脂血症などの予防・改善に役立ちます。また、おからに含まれる不溶性食物繊維には、便秘解消効果があります。実験でも、大豆たんぱくや大豆サポニンはダイエットに効果があるとわかっています。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)
更新: 2018-09-27 15:10:33

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt