血糖コントロールに関する健康情報


【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)


【糖質制限ダイエット】寿司と日本酒はOK?血糖値コントロール日記を医師が解説

【糖質制限ダイエット】寿司と日本酒はOK?血糖値コントロール日記を医師が解説

私はもともと、忙しければ食べなくても平気なタイプ。「おやつで最低限のカロリーを取れば、体は動くし」と、空腹になればお菓子をつまむ、医者失格な食生活だった。ここでは医師である私が、体当たり調査してつけた「血糖値ダイアリー」と「体にいい糖質の食べ方」をお見せします。【解説】松宮詩衣(天現寺ソラリアクリニック院長)


【食後高血糖を予防】毎日血糖値を記録してわかった「糖質の安全な食べ方・危険な食べ方」

【食後高血糖を予防】毎日血糖値を記録してわかった「糖質の安全な食べ方・危険な食べ方」

私は血糖値ダイアリーをつけています。以前の私は、食後に頭がぼんやりしたり、だるくなったり、仕事の合間に仮眠をとることもしょっちゅうでした。食後高血糖を疑い、食後の血糖値を測ってみました。すると、300mg/dlを超えることもあるなど、重度の糖尿病並みの数値でした。【解説】松宮詩衣(天現寺ソラリアクリニック院長)


レモン酢で血圧が下がった!【歌手・松崎しげるさん】「肌は黒いがシミはない」

レモン酢で血圧が下がった!【歌手・松崎しげるさん】「肌は黒いがシミはない」

5~6年前に最大血圧が190㎜Hg台まで上がり、「酢ショウガは血圧を下げる」と聞いて食べるようになった。そのおかげか、最大血圧は170~180㎜Hg台までに下がった。それで「酢ショウガってスゴイんだね」って小堺一機さんに話したら、「松崎さん、実はレモン酢がもっとスゴイんですよ。」との話でした【体験談】松崎しげる(歌手)


【蕁麻疹が改善】“足指の間”を押すセルフケアで血糖値が下がった 緑内障にも効果

【蕁麻疹が改善】“足指の間”を押すセルフケアで血糖値が下がった 緑内障にも効果

足の指と指の間である「足の指のまた」に体の調律点があり、刺激すると諸症状が改善するとされています。足の指は5本あるので、指のまたは4ヵ所。その4ヵ所で、それぞれ対応する症状が異なります。痛みを感じる、などの部分が問題点です。【解説】松森有紀(整体サロン・リーラ院長)


【玉ねぎヨーグルト】母は血糖値が200から130に下がった!私は3kgやせて肩こりが改善

【玉ねぎヨーグルト】母は血糖値が200から130に下がった!私は3kgやせて肩こりが改善

母が糖尿病と診断されたのは8年前です。市で実施している健康診断を受けたときに、血糖値が200mg/dl以上もあることがわかったのです。以来、薬を服用し、食事制限も指示されましたが、血糖値は全然下がりませんでした。そこで、私が食べていた「玉ねぎヨーグルト」を勧めてみたのです。【体験談】福山雅子(仮名・48歳・保育士)


血圧や血糖値を下げる【レモン酢の効果】正常値の人が飲んだら、どうなる?

血圧や血糖値を下げる【レモン酢の効果】正常値の人が飲んだら、どうなる?

最近、「レモン酢」というフルーツ酢が人気とのこと。酢の専門家である私から見ても、レモン酢は、酢の薬効を手軽に、そしておいしく取れる優れものといえます。酢には数多くの効能があり、その多くが科学的に証明されています。【解説】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


【糖尿病改善】動脈硬化を防ぐ「酢生姜」の効果 中性脂肪値が1ヵ月で降下した!

【糖尿病改善】動脈硬化を防ぐ「酢生姜」の効果 中性脂肪値が1ヵ月で降下した!

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


亀川寛大の【ゆるい糖質制限・糖質オフ】外食メニュー&コンビニ商品で血糖値ダイエット

亀川寛大の【ゆるい糖質制限・糖質オフ】外食メニュー&コンビニ商品で血糖値ダイエット

糖尿病の患者さんに、糖質オフ効果による「血糖値コントロールダイエット」を指導していますが「糖質制限すると外食ができません」という声が多く聞かれます。そこで私は、外食やコンビニでも、食後血糖値を上げない(上がりにくい)メニューを、自分の体で調べてみました。【解説】亀川寛大(なごみクリニック院長・ラーメン先生)


【低血圧が改善】疲労回復には“蜂蜜”と“シナモン”の組み合わせが最強 便秘や美肌効果も

【低血圧が改善】疲労回復には“蜂蜜”と“シナモン”の組み合わせが最強 便秘や美肌効果も

はちみつとシナモンは、万病に効くばかりか、やせて美しくなる最強の組み合わせです。混ぜてペロッとなめても、お湯で割って飲んでもOK。簡単でおいしい若返りの妙薬、はちみつシナモンの驚くべき効果を紹介します。【解説】森田知恵(MOE)(国際医療スペシャリスト)


【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり、陥入爪も治った!

【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり、陥入爪も治った!

食後の胸やけや、みずおちの辺りが常につかえているような不快感は、思い返せば高校生の頃からありました。医師になってからもそれは続き、物を食べると食道の出口がキューッと締まる感じがしたり、燃えるような感覚もありました。【体験談】花岡篤哉(新南陽整形外科クリニック院長 医師・49歳)


【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

疲労解消にお私がお勧めする「酢ニンニク」はさっぱりおいしく食後にニンニク特有の強烈なにおいが残りません。毎日食べ続けると疲労が解消するばかりか、ニンニクの持つ強力な抗酸化作用が得られ、血液サラサラ、老化予防、腸内環境の改善といった様々な健康効果が期待できます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【体験談】酢玉ねぎで300ミリ超の父の血糖値が下がった!湿疹も消え私は美肌に

【体験談】酢玉ねぎで300ミリ超の父の血糖値が下がった!湿疹も消え私は美肌に

数年前に、テレビで「酢タマネギ」が取り上げられているのを見ました。そのテレビで、酢タマネギには血液サラサラ効果があり、血糖値を下げ、美容にもよいと知りましたが、そのときは、やってみようとまでは思いませんでした。【体験談】今野真美(主婦・43歳)


【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

「“やせ酸”効果で、即やせる!」「血圧・血糖値・コレステロール値が改善!」「花粉症などのアレルギー症状に有効!」など幅広い健康効果が魅力の、玉ねぎヨーグルト。管理栄養士考案のおいしい食べ方をご紹介します。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【ダイエット】“やせ酸”を作る腸内細菌を増やす「玉ねぎヨーグルト」の作り方

【ダイエット】“やせ酸”を作る腸内細菌を増やす「玉ねぎヨーグルト」の作り方

玉ねぎとヨーグルトは、どちらも腸内細菌を増やす健康食材として知られています。この2つの食材を組み合わせると、それぞれの効果が増強され、しかも料理の幅もぐんと広がります。玉ねぎヨーグルトには、6つの大きなメリットがあります。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【酢玉ねぎ】私は食前に食べて7.0のHbA1cが6.2に下がった!血糖値も正常化

【酢玉ねぎ】私は食前に食べて7.0のHbA1cが6.2に下がった!血糖値も正常化

私は、10年ほど前からヘモグロビンA1cと血糖値がずっと高めで、医師に「糖尿病予備軍」と言われていました。ところが平成28年の春、どちらの値も上がってしまい、ついに「糖尿病」と診断されてしまったのです。「薬のほかに、何かいい方法はないものか」と思っていたところ、「酢玉ねぎ」を知ったので【体験談】森脇喜將(無職・82歳)


【健康レシピ】料理の幅が広がる「アレンジ酢玉ねぎ」応用レシピ(2)

【健康レシピ】料理の幅が広がる「アレンジ酢玉ねぎ」応用レシピ(2)

酢タマネギの効果を得るためには、日々続けることが重要です。でも、たまにはちょっと目先を変えたい……。そんなふうに思うかたもいるかもしれません。酢タマネギにほんの少しアレンジを加えると、食感や味が変わり、料理の幅が広がります。【料理・レシピ考案・スタイリング】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


【トマトジュース】糖尿病の食事療法 ヘモグロビンA1cが下がり 7.1%から5.9%に

【トマトジュース】糖尿病の食事療法 ヘモグロビンA1cが下がり 7.1%から5.9%に

担当医から食事療法の補助食として勧められたのが、リコピンを効率的に摂取できる、トマトジュースでした。その後、トマトジュースを積極的に取るようにしたところ、以前は7.1%だったヘモグロビンA1cが、現在では5.9%まで下がるようになりました。【体験談】前田涼介(仮名・東京都・53歳・会社員)


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(2)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(2)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)