MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

生活習慣病に関する記事

表示順:
寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)
更新: 2018-11-13 12:00:00
毎日しっかりとっていると、糖尿病(2型)の発症リスクが最大47%、メタボリック症候群の発症リスクが31%減ると最近の研究で判明した、漢字で「鎂」と表す栄養素はなんでしょう。答えは「マグネシウム」。必ず食事から摂取しなくてはならない必須・主要ミネラルの一つです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-07-31 18:00:00
果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)
更新: 2018-09-10 16:02:43
チョコレートやココアには「甘くて高カロリーの嗜好品」というイメージがついて回ります。そのため、ダイエットや健康に気を使う人からは敬遠されがちな食品です。しかし、それはとてももったいないことです。健康にいい成分として注目されている「ポリフェノール」が非常に豊富な食品だからです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)
更新: 2018-09-07 22:32:41
野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)
更新: 2018-09-11 16:15:25
キャベツは、不溶性に加えて、水溶性食物繊維も多く含む食品です。水溶性食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにすることで、食後、血糖値が急上昇するのを防ぎ、糖尿病の予防・改善に役立ちます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)
更新: 2018-09-06 14:29:57
ゴースト血管を改善する食べ物として、生姜がお勧めです。ショウガには、ジンゲロン、ショウガオール、ジンゲロール等、ショウガ特有の成分が含まれています。血液を固まりにくくする作用や、血流を増やす作用、動脈硬化を抑制するのに役立つ抗酸化作用があるからです。【解説】根来秀行(ハーバード大学、パリ大学医学部客員教授)
更新: 2018-09-04 13:25:07
ニンニクとタマネギは、生活習慣病に効果の高い栄養成分が、たっぷり含まれている優良野菜です。ぜひ毎日とりたいところですが、なかなかそうもいきません。そこでお勧めなのが、にんたまペースト(にんにくと玉ねぎのジャム)です。作り方も紹介します。【料理・解説】村上祥子(管理栄養士)
更新: 2018-07-05 16:16:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt