MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

扁平足に関する記事

表示順:
子どものころからの扁平足は痛みはありませんが、歩きにくかったり、長く歩くと疲れやすかったりします。また、外反母趾や内反小趾を合併しやすくなります。大人になってからの扁平足は運動不足や加齢による筋力の低下、腱のゆるみ、肥満による負荷の増大などの原因が考えられます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)
足のトラブルは「足病変」といいます。主な原因は、大きく3つ。骨の変形(外反母趾や内反小趾)、爪の病変(巻き爪や陥入爪等)、皮膚の病変(タコやウオノメ、水虫等)です。従来、足に合わない靴が原因だと言われてきましたが、私は、歩き方や立ち方に問題があると考えています。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)
歩くと足の裏が痛い。踵の痛みもある。そんな症状の原因は「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」かもしれません。足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とも言われます。長時間の立ち仕事やスポーツが原因で起こり近年はランニングブームの影響で患者数が増えています。【解説】高橋謙二(船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター副部長)

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt