MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

貧乏ゆすりに関する記事

表示順:
期待と覚悟を持って受けたキアリ手術は、当初、期待したほど臼蓋と大腿骨頭との間があかなかったと報告を受けました。CPMをやりながら、貧乏ゆすりも行っていたところ、それからは急激に軟骨が再生していったのです。股関節の痛みがなくなると、人生が変わる。それを実感した1年だったと思います。【体験談】白川尚子(仮名・主婦・61歳)
更新: 2019-03-02 18:00:00
思った以上に病状は悪いものでしたが、それでも私は手術を避けたいと思いました。効果が確認できたのは3年後でした。井上先生が驚きつつ、私にレントゲンを見せてくださったときのことは、今もはっきり覚えています。その写真には、軟骨の再生が推察できる黒い線が映っていました。【体験談】田中泰子(主婦・72歳)
更新: 2019-02-02 18:00:00
「1ヵ月入院して足にかかる負荷をなくし、集中的に貧乏ゆすりをやってみてはどうか」と提案を受けました。私はその勧めに従うことにしたのです。レントゲンで確認した結果、この1ヵ月の努力は実を結んでいました。軟骨が再生していて、股関節と臼蓋の間にはすき間ができていたのです。【体験談】阿部大輔(仮名・会社員・39歳)
更新: 2019-01-11 18:00:00
カナダの整形外科医・ソルター博士は、24時間動き続ける肋椎関節と胸肋関節には関節症が起こらないことに着眼しました。そして関節の可動域を広げるCPMを使って、ウサギのひざの関節軟骨が再生することを証明したのです。私たちは、それを股関節にも応用できないかと考えました。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)
更新: 2018-12-22 18:00:00
変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)
更新: 2018-08-28 16:33:27
変形性股関節症とは、足の付け根にある大きな関節である「股関節」の関節軟骨がすり減り、痛みを起こす病気です。当院で、「貧乏ゆすり」を積極的に患者さんに実践してもらったところ、すり減った軟骨が再生した症例が続々と現れたのです。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)
更新: 2018-09-03 12:00:35
変形性股関節症の治療に、貧乏ゆすり(ジグリング)を取り入れた場合、その軟骨の再生の変化を、レントゲン写真ではっきりと確認することができます。ここでは、そんな症例をいくつかご紹介しましょう。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長) 
更新: 2018-08-28 16:39:24
変形性股関節症は、股関節の関節軟骨がすり減り、痛みや可動制限を引き起こす病気です。この病気のほとんどは、臼蓋という骨盤のくぼみの形に問題がある「臼蓋形成不全」が原因で発症します。日本人の場合、特に中高年の女性に多く、男性の約5倍ともいわれています。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長) 
更新: 2018-08-28 16:28:38

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt