MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

股関節に関する記事

表示順:
左肩に痛みがあり、整形外科を受診しました。すると、肩にある肩甲下筋という筋肉が損傷しており、治すには手術しかないとのことです。足の親指刺激のやり方を教えてもらい、続けていると、まず足が軽くなり、次に、左肩の痛みが緩和してきました。【体験談】嶋原一智(会社員・59歳)
更新: 2018-09-10 16:34:30
変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)
更新: 2018-08-28 16:33:27
変形性股関節症の人が、歩行障害の改善(リハビリ)を目的に「ノルディック・ウオーク」を行う場合、本来は、医師や専門家の指導を受けることが理想です。ここでは、杖をつきながらでも1日3000歩程度は歩ける、軽度~中程度の股関節症の人向けに、やり方を説明します。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)
更新: 2018-09-13 15:11:26
腰痛の改善には、足腰にしっかり筋肉をつけることが先決だと、思っている人が多いのではないでしょうか。実はその前に、しなくてはならない重要なことがあります。それは、股関節の調整です。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧整体院院長)
更新: 2018-09-03 14:47:37
私は12年ほど前から、右の股関節に違和感を感じていました。股関節痛がひどくなったのは、5年ほど前のこと。歩くと痛みが出るのはもちろん、次第に関節の可動域も狭くなり、股関節を大きく動かすことが困難になってきました。【体験談】久永倫世(会社員・44歳)
更新: 2018-09-21 10:39:44
脊柱管狭窄症は加齢が原因の疾患ですが、患者数は年々ふえています。理由の1つとしては高齢化社会が挙げられますが、昔に比べて肥満の人がふえたことも原因なのです。脊柱管狭窄症を予防し、その痛みの軽減に役立つ食事についてお話をしていきます。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)
更新: 2018-09-03 16:07:42
いつも正しい姿勢を保つことは、健康で若々しくいるための必須条件といっても過言ではありません。「健康」は、まさに「姿勢」が作るのです。私が姿勢に対し、特別関心を抱くようになったのは、西洋医学の治療の在り方に、疑問を感じたことがきっかけです。【解説】城戸淳美(今井病院医師)
更新: 2018-09-14 15:15:13
突然ですが、あなたの足首は軟らかいですか?まずチェックしてみましょう。実は、足首の柔軟性やゆがみは、「股関節痛」にも大いに関係しているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2018-08-28 16:52:18

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt