MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

目のトレーニングに関する記事

表示順:
顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)
実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)
一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。【解説】日比野佐和子(Rサイエンスクリニック広尾院長)、林田康隆(Y'sサイエンスクリニック広尾院長)
見え方がよくなると、視力だけでなく、成績や仕事の効率がアップします。また、疲れにくい眼にもなります。その結果、生活が見違えるほど楽しくなったり、性格が前向きになったり、容姿まで若返ったりするなど、実践された人からは大変喜ばれています。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)
「近見視力」という言葉をご存じでしょうか。近見視力とは、近くを見るのに必要な視力のことで、読書や筆記、パソコンには欠かせないものです。老眼とは、眼の老化によって近見視力が低下し、近くの文字がはっきりと見えなくなる現象を指します。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授・健康教育学)
目の状態とはあまり関係がない質問のように思えるかもしれませんが、実は水分摂取は、目の状態とも密接な関連があります。水分不足の症状の一つとして、ドライアイや眼精疲労があります。水分補給をしっかり行い、運動したり、遠近トレーニングを行ったりすることは、目の美白という点から見ても有効です。【解説】新見浩司(新見眼科院長)
50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)
私は現在、2軍のトレーニングコーチとして若手の育成に力を注いでいます。1軍に生きのいい選手を送るのが私の役割です。「視覚トレーニング」をチームに導入したい、と考えたのは5年前でした。【解説】伊藤博(読売巨人軍 2軍トレーニングコーチ)