尿もれに関する健康情報


男のチョイもれを防ぐ!泌尿器科医が座りションを勧める理由

男のチョイもれを防ぐ!泌尿器科医が座りションを勧める理由

男性の中には、奥さんから自宅での「立ちション禁止令」を出されている方が多いのではないでしょうか。洋式トイレで男性が立ちションをすると、尿の跳ね返りで壁などが汚れます。泌尿器科医の私は、世の奥さんたちを支持します。その理由は、トイレの衛生環境のためだけではありません。【解説】髙橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【腹圧性尿失禁】は扁平足と関係する?骨盤の傾きが尿もれの原因 改善法は「靴底ティッシュ」

【腹圧性尿失禁】は扁平足と関係する?骨盤の傾きが尿もれの原因 改善法は「靴底ティッシュ」

尿もれの中でも「腹圧性尿失禁」は、セキをしたとき、クシャミをしたとき、重いものを持ったときなど、ちょっとおなかに力が入ったときによく起こる症状です。週に2回も3回も下着を替えないといけないような尿もれの場合には、大いに気になるはずですし、改善策が必要でしょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


【足の小指】爪が小さい・厚いと腰痛や尿もれの危険?骨盤臓器脱を防ぐ体幹トレーニング

【足の小指】爪が小さい・厚いと腰痛や尿もれの危険?骨盤臓器脱を防ぐ体幹トレーニング

みなさんは、ご自分の足の小指をじっくりとご覧になったことがありますか?爪を切るときには見るものの、それほど注意を払っていない人が多いのではないでしょうか。実は、足の小指の爪は、体のバランスや状態を知る、よいバロメーターになります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【タオルでダイエット成功】わたしは13kgやせた!尿漏れも腰痛も消失 口唇ヘルペスも出なくなった!

【タオルでダイエット成功】わたしは13kgやせた!尿漏れも腰痛も消失 口唇ヘルペスも出なくなった!

これほど体重が減ると、通常は肉割れが起こったり、肌がたるんだりするものです。ところが私の場合は、肉割れもたるみもまったく起こらず、肌についてはむしろきれいになっていきました。まるで全身のぜい肉だけを脱皮したみたいです。【体験談】吉岡雅代(40歳・主婦)


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【低血圧も高血圧も改善】“かかと”からではなく “足の指”に力を入れて歩くウォーキング療法

【低血圧も高血圧も改善】“かかと”からではなく “足の指”に力を入れて歩くウォーキング療法

私たちの背骨はもともと、ゆるやかなS字状の曲線を描いています。この本来の曲線を保って立ち、歩くとき、上半身はほんのわずかに前傾し、重心は足のつま先側にかかります。このことからもわかるように、足の指を使って立つ・歩くのが、正しい人間本来の姿なのです。【解説】篠原裕喜(篠原整骨院「ウオーキング療法」主宰)


【便秘を改善】腸を活性化する「足首回し」さまざまな不調が解消し生命力がアップする

【便秘を改善】腸を活性化する「足首回し」さまざまな不調が解消し生命力がアップする

足助体操は、関西の治療家・足助次朗先生が創案し、1941年に体系化した体操です。次朗先生は、万病の原因は「退行性変化」にあると考えていました。 退行性変化とは、日常生活で動かさなくなった筋肉や筋膜、臓器、血管などが萎縮したり、硬くなったりする現象です。【解説】中本かよ(医師・大阪漢方医学振興財団理事長)


【尿もれ】出産が原因?医師絶賛「骨盤ネジ締め」の効果 ダイエット・O脚にも有効

【尿もれ】出産が原因?医師絶賛「骨盤ネジ締め」の効果 ダイエット・O脚にも有効

近年、40代以降女性の間では、尿モレに悩む人が増えているといいます。尿モレが起こるのは、骨盤底筋群が衰えるのが主な原因といわれています。体が変わると自信につながり、人生が楽しくなってきます。ぜひ骨盤ネジ締めを試してみてください。【解説】吉田瑞(みなみ湘南医院院長)


【おしっこが漏れそう 我慢できない】トイレのピンチを救うツボはココ!尿失禁・夜間頻尿の予防にも

【おしっこが漏れそう 我慢できない】トイレのピンチを救うツボはココ!尿失禁・夜間頻尿の予防にも

外出先でトイレが見つからない、公衆トイレに長蛇の列、トイレに行きたいのに会議が終わらない、渋滞にはまってサービスエリアまで遅々として進まない。そんなピンチに陥ったときには、ぜひあごの先を小指の爪の角で30秒、ぐっと押してみてください。【解説】冨野玲子(自然療法の国際総合学院IMSI学院長)


【セルフチェック付き】頻尿・尿もれのタイプと対処法 女性に多い「腹圧性尿失禁」男性は「前立腺肥大症」が原因?

【セルフチェック付き】頻尿・尿もれのタイプと対処法 女性に多い「腹圧性尿失禁」男性は「前立腺肥大症」が原因?

腹圧性尿失禁の最大の特徴は、体を動かしたときに尿がもれること。セキやくしゃみ、笑う、立ち上がる、重い物を持ち上げるなど、おなかに力が加わる(腹圧がかかる)と、尿がもれてしまうのです。寝ている状態やじっとして座っている状態では、尿もれは起きません。【解説】影山慎二(かげやま医院院長)


【酢納豆の健康効果】不眠解消には玉ねぎ 頻尿や尿もれ改善には山芋トッピングがお勧め

【酢納豆の健康効果】不眠解消には玉ねぎ 頻尿や尿もれ改善には山芋トッピングがお勧め

納豆などの発酵食品は、同じ発酵食品である酢を混ぜることで、うまみが増し、塩分を足さなくても満足感が得られます。また生のタマネギには、睡眠誘発作用があります。1日1回、酢納豆を食べることで、体力と活力が増して免疫力がアップし、病気になりにくい体をつくることができます。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【名医】頚椎症性脊髄症・椎間板ヘルニアの手術 タイミングとリスクについて

【名医】頚椎症性脊髄症・椎間板ヘルニアの手術 タイミングとリスクについて

手術を絶対にしなければいけない状態を黒、手術がまったく必要のない状態を白とします。黒と白の間のグレーの状態、つまり、手術を行ってもよいけれど、必ずしも必要ではないという医学的状態がとても多いのです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【頚椎症性脊髄症】腕や手の痛みやしびれ、頻尿や尿漏れ、尿閉を伴うほど重症

【頚椎症性脊髄症】腕や手の痛みやしびれ、頻尿や尿漏れ、尿閉を伴うほど重症

ここでは、椎間板が飛び出て頸椎症性神経根症と同じ症状を起こす頸椎椎間板ヘルニアを「頸椎椎間板ヘルニアの神経根症タイプ」、椎間板が飛び出て頸椎症性脊髄症と同じ症状を起こす頸椎椎間板ヘルニアを、「頸椎椎間板ヘルニアの脊髄症タイプ」と呼ぶことにします。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

日本人の生活が欧米化し、日常的に足の指を頻繁に使わなくなったことは、体に大きな影響をもたらします。足の指は、下肢の血液循環の折り返し地点だからです。代表的な症状の一つが、頻尿や尿もれなどの泌尿器の症状です。ご紹介する「足の指立て」で多くの方が夜間頻尿から解放されています。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【足の裏もみ】排尿機能アップ!頻尿や尿もれ、残尿感を改善させる方法はこれ

【足の裏もみ】排尿機能アップ!頻尿や尿もれ、残尿感を改善させる方法はこれ

頻尿や夜間頻尿、尿もれ、残尿感など、尿のトラブルに悩んでいる人に、ぜひお勧めしたい健康法があります。それは、「足の裏もみ」です。足の裏は、反射区と呼ばれる、体の各器官に対応したゾーンが集まる場所です。【解説】折田充(日本足部反射区健康法協会会長・治療室ピエドール・鍼灸師) 


【よく分かる尿もれ】過活動膀胱と腹圧性尿失禁 原因と症状、治療法を専門医が解説

【よく分かる尿もれ】過活動膀胱と腹圧性尿失禁 原因と症状、治療法を専門医が解説

中高年になると、男女を問わず、「頻尿」や「尿もれ」に悩む人が増えてきます。こうした尿トラブルは、命に別状はないものの、生活の質を著しく低下させます。尿もれや頻尿が気になると、外出がおっくうになります。気持ちが晴れず、うつ状態になる人も少なくありません。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長) 


【痔の治し方】いぼ痔と切れ痔を市販薬(漢方薬)で治した女医の体験談

【痔の治し方】いぼ痔と切れ痔を市販薬(漢方薬)で治した女医の体験談

研修医を務めていた時期、便秘が原因の切れ痔とイボ痔に悩まされました。痔が痛むとき、私は、内服に血行を改善する「桂枝茯苓丸」を、外用には「紫雲膏」という漢方薬を使いました。いずれも、薬局で入手可能です。紫雲膏は、肛門の中にも周りにも塗れる軟膏で、炎症を抑えてくれます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)