MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

尿もれに関する記事

表示順:
骨盤がゆがむと、その中におさまっている臓器があるべき位置からずれてきます。すると膀胱や尿道が圧迫されて、尿のトラブルが起こりやすくなります。こうしたトラブルは、骨盤のゆがみを取って臓器を本来の位置に戻すと、速やかに改善します。【解説】山本あやの(出張整体「ゆくり」代表・整体師)
更新: 2019-06-11 18:00:00
13kgも体重が減ると、通常は肉割れが起こったり、肌がたるんだりするものです。ところがタオルを脚に挟むエクササイズで痩せた私の場合は、肉割れもたるみもまったく起こらず、肌についてはむしろきれいになっていきました。まるで全身のぜい肉だけを脱皮したみたいです。【体験談】吉岡雅代(40歳・主婦)
更新: 2018-09-11 12:20:21
骨盤底筋が衰えると、骨盤がゆがみ、たるんできたり、下腹がポッコリと出たりして、ボディラインがくずれます。また、内臓全体が下に降りてくるので、自然とネコ背になり、姿勢が悪くなります。「骨盤ネジ締め」は骨盤底筋を効果的に鍛えるエクササイズです。【解説】YUKA(「骨盤ネジ締め」エクササイズ考案者)
更新: 2018-09-25 14:47:43
手術を絶対にしなければいけない状態を黒、手術がまったく必要のない状態を白とします。黒と白の間のグレーの状態、つまり、手術を行ってもよいけれど、必ずしも必要ではないという医学的状態がとても多いのです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)
更新: 2018-09-12 12:35:58
ここでは、椎間板が飛び出て頸椎症性神経根症と同じ症状を起こす頸椎椎間板ヘルニアを「頸椎椎間板ヘルニアの神経根症タイプ」、椎間板が飛び出て頸椎症性脊髄症と同じ症状を起こす頸椎椎間板ヘルニアを、「頸椎椎間板ヘルニアの脊髄症タイプ」と呼ぶことにします。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)
更新: 2018-09-02 12:29:42

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt