MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

糖質制限に関する記事

表示順:
久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)
更新: 2019-01-19 18:00:00
甘い物断ちがこれほど効果的なのは、過剰な糖質によって炎症が起こりやすく、かつ、炎症が鎮まりにくくなるからです。糖質を控えるだけで、炎症を抑える作用を持つγ‐リノレン酸の働きもよくなるため、相乗効果で痛みが引いていくと考えられます。治療の一環として、甘い物を控えてみてください。【解説】土井亮介(足の痛みの治療院院長)
更新: 2018-11-26 18:00:00
朝リンゴダイエットと合わせて行ってほしいのが、糖質制限食です。糖質制限食とは、血液中の糖分量を上げる要因となる、糖質の摂取量をへらす食事法です。糖質を制限すると血糖値が上昇しないので、その結果、健康的に減量することができるのです。【解説】白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック院長)
更新: 2018-09-28 10:04:49
高校生の娘が体調を崩したときに、クリニックで紹介されたのが栄養療法でした。その栄養療法に欠かせないのが糖質制限です。糖質が大好きな私でしたが、娘一人に糖質制限させるのはかわいそうだと思ったのと、私自身の糖質依存も断ちたいという気持ちから、娘と一緒に糖質制限を始めました。【体験談】元木陽子さん(46歳・パートタイマー)
更新: 2018-09-11 02:32:51
適量の糖質を食べながら、たんぱく質と食物繊維を取れば、血糖値スパイクを防止でき、健康効果が高まります。そこで、手間なくできて冷蔵庫にストックしておける、たんぱく質と食物繊維の作り置きレシピを紹介します。作り置きレシピをうまく活用して、心も体も元気に毎日を送りましょう。【監修】斎藤糧三(医師)
更新: 2018-09-11 00:54:16
近年、なにかと話題になる糖質制限ダイエットですが、私は基本的には、糖質をある程度制限することに賛成です。飽食日本において、糖質は、本能と闘ってでも、意識して減らす必要があるのです。ただし、極端な糖質制限には反対です。【解説】上山博康(禎心会脳疾患研究所所長・脳神経外科医師)
更新: 2019-07-19 10:16:16

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt