坐骨神経痛に関する健康情報


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

お尻の周辺にトリガーポイントがある場合は、腰痛、ギックリ腰、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛などと診断されるような痛みやしびれが起こることが多いでしょう。肩甲骨の周辺の筋肉にトリガーポイントがある場合は、首の痛み、肩こり、頭痛、手のしびれが現れます。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

私のふくらはぎもみは、硬くなった筋肉を、徹底的に軟らかくもみほぐすことを目指します。道具を使うと、らくにもみほぐすことができるので、私は、金棒や木の棒を使って行うやり方をご紹介しています。【指導】原田秀康(国際足健法協会会長)


【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【糖尿病や三叉神経痛】ロキソニンやボルタレンが効かない痛みは神経の老化現象“漏れ”が原因

【糖尿病や三叉神経痛】ロキソニンやボルタレンが効かない痛みは神経の老化現象“漏れ”が原因

神経の老化が万病につながるということを、詳しく説明していきましょう。神経の老化現象が引き起こす症状は、大きく三つに分けられます。二つ目は、ミエリンが損傷した部分から電気信号が漏れ出して起こる症状です。【解説】工藤千秋(くどうちあき脳神経外科クリニック院長)


【PMS・生理痛】女子力アップには“足首”を整えるとよい 丁寧に回すと女性の悩みは改善できる

【PMS・生理痛】女子力アップには“足首”を整えるとよい 丁寧に回すと女性の悩みは改善できる

足首回しは、生理の不調や更年期障害、不妊症、冷え、むくみなどの女性ならではの悩み全般に対応できます。また、腰痛や座骨神経痛、ひざ痛など、ヘソから下の痛みにも効果的です。【解説】古久澤靖夫(ブリージングストレッチ本院 院長)


【坐骨神経痛が改善】私は「耳こすり」で足の裏のビリビリするしびれが治った

【坐骨神経痛が改善】私は「耳こすり」で足の裏のビリビリするしびれが治った

7年前の秋のことです。私は突然、座骨神経痛になりました。とあるテレビ番組で「耳の下をこすると全身がゆるむ」と、歯科医の先生が話しているのを見かけました。その後に、やり方が紹介されたので、私もまねて実践してみました。とても簡単でした。【体験談】上妻真美子(主婦・62歳)


【脊柱管狭窄症を改善】筋力がアップする呼吸法「尻締め気功」で歩けないほどの痛み、しびれが解消した

【脊柱管狭窄症を改善】筋力がアップする呼吸法「尻締め気功」で歩けないほどの痛み、しびれが解消した

背骨には、脳から続く中枢神経である脊髄の通り道があります。これを脊柱管といい、脊柱管が狭くなることによって脊髄が圧迫され、腰から下半身にかけて痛みやしびれが生じるのが脊柱管狭窄症です。安全かつ効果の大きい方法として、私が1000人以上の患者さんに勧めてきたのが「尻締め気功」です。【解説】渡部猛夫(あおぞら整骨院院長)


脊柱管狭窄症に「寝ながら体操」が効く ゆがみを正し痛みやしびれを改善

脊柱管狭窄症に「寝ながら体操」が効く ゆがみを正し痛みやしびれを改善

「寝ながら体操」は、全身を整えて痛みや不調を取り除くという、操体法の理論を取り入れています。気持ちいい方向へ体を動かすことで、ゆがみを正していきます。脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛、坐骨神経痛、膝痛、四十肩の予防・改善に効果があります。【解説】西本直(Conditioning Studio 操主宰)


【鍼灸師解説】「仙骨」を温めると腰の激痛が改善する理由 ストレス性の腰痛にも効果的

【鍼灸師解説】「仙骨」を温めると腰の激痛が改善する理由 ストレス性の腰痛にも効果的

仙骨は、上半身と下半身をつなぐ要であり、私たちの骨格を支えている中心的な骨といえます。ですから、仙骨に負担がかかってゆがみが生じると、全身の骨格に影響が出ます。特に、仙骨と直接つながる腰椎には支障が生じやすく、腰痛の大きな原因になるのです。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)


【やり方】温熱効果で痛みを撃退!仙骨を温める方法ベスト3

【やり方】温熱効果で痛みを撃退!仙骨を温める方法ベスト3

仙骨には、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)のうち、リラックス状態を作り出す副交感神経が主に通っています。前述したとおり、仙骨は温熱刺激がダイレクトに伝わる部分。つまり骨だけでなく、副交感神経にも熱が伝わりやすいのです。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)


【坐骨神経痛】原因は「浮き指」 足の裏のアーチを作ると腰痛が改善する!

【坐骨神経痛】原因は「浮き指」 足の裏のアーチを作ると腰痛が改善する!

私の治療院には、腰痛をはじめ、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛、ひざ痛、頭痛など、さまざまなトラブルを抱える患者さんが、毎日多く訪れます。そうした患者さんのほとんどに共通するのが、足指をうまく動かせなかったり、「浮き指」になっていたりすることです。【解説】倉幹男(みき接骨院院長)


【腰痛の改善】足指を鍛えて浮き指を直す「足づかみ体操」のやり方

【腰痛の改善】足指を鍛えて浮き指を直す「足づかみ体操」のやり方

浮き指だと、歩行のさいに足指に力が入らず、ペタペタ歩きになってしまいます。足指でしっかり地面をつかむことができないため、重心がフラフラして、バランスも取りづらくなってしまうのです。足でのグーとパーがしっかりできなかった人にぜひ行っていただきたいのが、私が考案した「足づかみ体操」です【解説】倉幹男(みき接骨院院長)


【腰痛症の種類】原因と症状で対処法は違う "治し方"が分かるチェックリスト

【腰痛症の種類】原因と症状で対処法は違う "治し方"が分かるチェックリスト

腰の痛みは、特異的腰痛と非特異的腰痛の二つに分けられます。特異的腰痛には、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、変形性腰椎症、腰椎変形すべり症があげられますが、非特異的腰痛は骨などに異常が見当たらない腰痛(ぎっくり腰など)で患者の85%が当てはまります。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

体が冷えていると、体が緊張して、交感神経が優位の状態が続きます。すると、血管と筋肉が収縮し、血流が滞りがちになります。血行が悪くなれば、組織に酸素や栄養素がじゅうぶんに行き渡りません。それが、痛みの悪化の要因となるのです。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

そけい部押しは、座骨神経の機能が回復して、痛みやしびれが出にくくなります。脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行にも効果的です。間欠性跛行とは、歩行中、足に痛みやしびれが生じて歩けなくなる症状のことです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


【1円玉療法】母は座骨神経痛と足のしびれが消えた!私はめまいがほぼ消失

【1円玉療法】母は座骨神経痛と足のしびれが消えた!私はめまいがほぼ消失

交通事故で首に大きな衝撃が加わり、それ以来私はムチ打ち症に悩まされ続けました。消えないムチ打ち症の痛みによって、精神的な消耗が激しく、ときには気落ちする日もありました。そんなとき、母から『安心』2016年10月号の「1円玉療法」を勧められたのです。【体験談】諏訪年美(家事手伝い・48歳)