医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

子供の病気に関する健康情報


【大谷翔平選手は手術へ】野球少年の痛み 4割がひじに集中 野球肘はなぜ起こる?

【大谷翔平選手は手術へ】野球少年の痛み 4割がひじに集中 野球肘はなぜ起こる?

野球肘は予防が第一。もし、野球肘になっても、早く発見し適切な対策を行えば、早期復帰につながり、野球を諦める必要もありません。野球が大好きな子どもたち、野球をしているお子さんを持つ保護者の方々、少年野球の指導者の方々に、この記事をぜひ読んでいただきたいと思います。【構成】ケンカツ!編集部


野球肘による肩やひじの痛み 予防・改善のストレッチのやり方

野球肘による肩やひじの痛み 予防・改善のストレッチのやり方

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【少年野球】正しいフォームになる!整形外科医考案「簡単エクササイズ」

【少年野球】正しいフォームになる!整形外科医考案「簡単エクササイズ」

体もフォームも出来上がっていない小学生には、投球動作の基本を投球とは違う動きで覚えさせたほうが効果的です。より実際のイメージに近い方法として「真下投げ」がお勧めです。ここでは簡単で、初心者でもできる「ZERO真下投げ」を紹介しましょう。やり方は、右投手の場合です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘のセルフチェック法】医療機関へのかかり方について

【野球肘のセルフチェック法】医療機関へのかかり方について

ひじに痛みがあっても、彼らなりの理由から痛みを口にしたがらない子供や、どこからが「痛み」なのかよくわからない子供は少なくありません。ほうっておくと、子供たちが悲しい思いをします。気持ちに左右されず物理的にひじの不調や問題、痛みを発見するチェック法を紹介しましょう。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球ひじの対処法】早期に治すための対策と予防法

【野球ひじの対処法】早期に治すための対策と予防法

「病院に行くと、休めって言われる。休むと、試合に出られなくなっちゃう」この会話に、子供たちの気持ちと、彼らを取り巻く環境が如実に現れています。病院が「休め」と言うのは事実です。しかし、医療に携わる人間として、休むことが一番大切な治療だということを知ってほしいのです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘】内側型野球ひじ・外側型野球ひじの特徴と治療法

【野球肘】内側型野球ひじ・外側型野球ひじの特徴と治療法

キャッチボールや投球でひじに痛みが出た場合、そのすべてを「野球ひじ」といいます。野球ひじにはいくつか種類がありますが、小学生に最も多く発生するのは「内側型野球ひじ」。発生頻度は低いものの重症化しやすいのは「外側型野球ひじ」です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


なぜ少年野球の選手は肘を痛めるのか 整形外科の名医が解説

なぜ少年野球の選手は肘を痛めるのか 整形外科の名医が解説

なぜこれほど多くの子供たちがひじを痛めるのでしょう。その最大の理由は、「使いすぎ(投げ過ぎ)」です。ひじを休める暇なく投球を続けると、修復が間に合わず、疲労が蓄積され、傷が治らなくなります。これが「使い過ぎ」「オーバーユース」といわれるものです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


少年野球で【肩・肘を壊す】原因 子供と大人の骨の違い

少年野球で【肩・肘を壊す】原因 子供と大人の骨の違い

野球特有の表現に「ひじをこわす」「肩をこわす」という言葉があります。「壊す」という恐ろしい言葉は、ほかのスポーツではあまり使いません。残念なことに「壊す」という言葉は野球では一般化していますが、これは野球によるケガの多さや重症化しやすいことを表しています。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【三歳児検診】視力検査では弱視に注意!実は多い"近くが見えにくい子"

【三歳児検診】視力検査では弱視に注意!実は多い"近くが見えにくい子"

実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)


子どものアレルギーにおすすめの食事 腸内環境を整える「塩発酵キャベツ」の効果

子どものアレルギーにおすすめの食事 腸内環境を整える「塩発酵キャベツ」の効果

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【子どもの便秘】5人に1人が慢性便秘 対策は小児科医が勧める「排便日誌」

【子どもの便秘】5人に1人が慢性便秘 対策は小児科医が勧める「排便日誌」

何日も便秘が続き、やっと便意がきたと思ったら、便が硬くて排便に苦しんだ――そんな経験があるかたは少なくないのではないでしょうか。便秘になるのは大人だけではありません。「慢性便秘」と診断される子どもは意外に多く、便秘に苦しむ小さい患者さんは多くいらっしゃるのです。【解説】石丸由紀(愛クリニック院長)


【精神科医解説】スマホ依存症の症状とは 子どもに教えたい「スマホ」の怖さ

【精神科医解説】スマホ依存症の症状とは 子どもに教えたい「スマホ」の怖さ

子どもを納得させるためには、ただの受け売りではなく、親自身がスマホの弊害をしっかり理解していないといけません。そしてそうすることが、ご自身をスマホ依存症から守ることにもつながるのです。【解説】和田秀樹(和田秀樹こころと体のクリニック院長・精神科医)


【子供の視力回復に効果】安価なトレーニング法のやり方 仮性近視やスマホ老眼も改善

【子供の視力回復に効果】安価なトレーニング法のやり方 仮性近視やスマホ老眼も改善

老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった!

【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった!

私が患者さんたちに勧めている家庭療法の1つが、手のひらをもむことです。難治性のアトピー性皮膚炎が劇的に改善した例もあります。手もみ気功は、不登校や多動など、心の不調や問題行動を抱える子どもにも試してみてください。自律神経が整い、気持ちや症状が落ち着いてくるでしょう。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


【子供の視力低下】回復のカギは早期検査 弱視の原因と治療 トレーニングで改善

【子供の視力低下】回復のカギは早期検査 弱視の原因と治療 トレーニングで改善

「近見視力」という言葉をご存じでしょうか。近見視力とは、近くを見るのに必要な視力のことで、読書や筆記、パソコンには欠かせないものです。老眼とは、眼の老化によって近見視力が低下し、近くの文字がはっきりと見えなくなる現象を指します。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授・健康教育学)


子どもの近視(仮性近視)がよくなった!手作りの「クコの実酢」が効果

子どもの近視(仮性近視)がよくなった!手作りの「クコの実酢」が効果

私は子どもの頃から目が悪く、中学生時代にはすでにメガネを使っていました。最近は視力を測っていませんが、最後に測定したときは左右とも裸眼で0・06だったと思います。メガネなしでは、15㎝も離れたら、もう視界がボヤけてしまう状態です。【体験談】古澤ゆかり(仮名・団体職員・37歳)


子どもの持病が改善した!ヒポクラテスの滋養スープとは

子どもの持病が改善した!ヒポクラテスの滋養スープとは

私は西洋医学を学んだ医師ですが、病院の治療や薬だけで病気を治すことは難しいと思っています。長男の小児ぜんそくがきっかけでした。長男のぜんそくを治す方法を探し、行きついた療法が、アメリカのマックス・ゲルソン医師が考案した「ゲルソン療法」、そして「ヒポクラテス式野菜スープ」です。【解説】大場修治(内科医)