MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

筋肉トレーニングに関する記事

表示順:
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
「老化は足から」とよく言われますが、私は長年の診療経験から、太ももは生命力の源であり、長寿のバロメーターと言っても過言ではないと思っています。ひざに痛みがある人は、大腿四頭筋が衰えていることが多いので、普段から太ももを動かし、鍛えておくことがたいせつです。【解説】林泰史(原宿リハビリテーション病院名誉院長)
更新: 2018-09-27 10:55:03
年を取れば取るほど骨や筋肉の土台となるたんぱく質や脂肪は「多め」に取るのが正解です。でも調理するのが面倒、かむ力が弱くなった、食欲がない、そういった声もよく聞かれます。①簡単で、②食べやすく、③食欲をそそる味で、④作りおきができる、便利なレシピをご紹介します。【レシピ考案・料理・スタイリング】あまこようこ(料理研究家)
更新: 2018-09-11 20:13:20
「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)
更新: 2018-09-11 21:19:21
「年を取れば取るほど、筋トレが必要」私は、常々そう提唱しています。その理由はとてもシンプル。「年を取れば取るほど、筋肉が減っていく」からです。特別な道具はいらないのでどこでも行えますし、関節への負担も少ないので、高齢者でも安全に実践できます。【解説】都竹茂樹(熊本大学教授システム学研究センター教授)
更新: 2018-08-08 16:54:25
深層筋を鍛えて体を引き締める!体が若返る「秋元流・簡単筋トレ」具体的に「腹筋を割りたい」とか、「ウエストにくびれをつくりたい」とか、「女性らしいしなやかさが欲しい」とか、自分がどういう体形になりたいかをありありとイメージすることがたいせつなのです。【体験談】秋元才加(女優・タレント)
更新: 2018-09-11 21:09:47
筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)
更新: 2018-09-11 21:04:18
加齢により、骨や関節、筋肉が衰え、運動障害をひき起こす状態を「ロコモティブシンドローム」(通称・ロコモ)といいます。ロコモの中でも、特に筋肉の減少を「サルコペニア」といいますが、筋肉を増やしたい人に有効なのが、鯖の水煮缶です。お勧めレシピも紹介します。【解説】本多京子(医学博士・管理栄養士)
更新: 2018-09-12 07:42:59
「魚を骨や皮ごと食べるといい」と言われても、魚の塩焼きや煮つけでは、なかなか骨や皮までは食べにくいもの。活用したいのが「魚の缶詰」。高温高圧で調理されているため、骨も皮もホロホロとくずれるほど軟らかく、食べやすくなっています。おいしいアレンジレシピをご紹介します。【料理・レシピ】古澤靖子(料理研究家) 
更新: 2018-08-29 16:21:34

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt