MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

軟骨再生に関する記事

表示順:
糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 
更新: 2018-09-28 14:21:16
変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)
更新: 2018-08-28 16:33:27
変形性股関節症とは、足の付け根にある大きな関節である「股関節」の関節軟骨がすり減り、痛みを起こす病気です。当院で、「貧乏ゆすり」を積極的に患者さんに実践してもらったところ、すり減った軟骨が再生した症例が続々と現れたのです。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)
更新: 2018-09-03 12:00:35
私は、母の左股関節の異常に気づきました。歩くとポキポキと音が鳴るのです。母は80代後半に腰椎すべり症と外反母趾の手術を受けた後、歩行が困難になっていました――。これは、ノルディックウォーキングで股関節痛や腰痛が改善した体験記です。【体験談】高橋めぐみ(音楽家)
更新: 2018-09-21 10:31:17
変形性股関節症は、慢性的な痛みが患者さんを苦しめます。そんな痛みから今すぐ逃れたいという人は、手術療法を選ぶのもよいでしょう。しかし私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で、股関節の機能を再建できると考えています。【解説】矢野英雄(冨士温泉病院名誉院長)
更新: 2018-09-18 15:57:00
変形性股関節症は、股関節の関節軟骨がすり減り、痛みや可動制限を引き起こす病気です。この病気のほとんどは、臼蓋という骨盤のくぼみの形に問題がある「臼蓋形成不全」が原因で発症します。日本人の場合、特に中高年の女性に多く、男性の約5倍ともいわれています。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長) 
更新: 2018-08-28 16:28:38
変形性膝関節症や、その他の原因によるひざの痛みも含めて、診断法や治療法、運動をはじめとする対処法をご紹介します。膝痛の原因が、半月板損傷、関節リウマチ、偽痛風のケースもあります。ひざ痛改善の参考にしてください。【解説】石橋英明(NPO法人高齢者運動器疾患研究所代表・医療法人社団愛友会 ・伊奈病院整形外科部長)
更新: 2018-08-29 15:40:57

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt