頭痛に関する健康情報


耳鳴り、めまい、逆流性食道炎に効果的な対策―口を10秒だけ開けること

耳鳴り、めまい、逆流性食道炎に効果的な対策―口を10秒だけ開けること

頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。こうした症状に悩む患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)


【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

ストレスなどで、自律神経のバランスがくずれると、めまい、肩こり、頭痛、不整脈、過敏性大腸炎、パニック障害、うつ病など、さまざまな症状・病気が起こります。長年この病気と向き合ってきて、自律神経疾患の患者さんに必ず強いこりがあることに気づきました。私が考案したシップ療法をご紹介しましょう。【解説】安田 譲(安田医院院長)


実はあなたにもある?知られざるアレルギー【遅発型食物アレルギー】

実はあなたにもある?知られざるアレルギー【遅発型食物アレルギー】

特に思い当たる原因もなく、体調が優れない……。食べて数時間後〜数週間後と、アレルギー症状が遅れて出てくる「遅発型食物アレルギー」をご存知でしょうか。じんましんなどが出る「即時型食物アレルギー」とは違いあまり知られていません。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 


【眼瞼下垂症の手術】手術後、額のシワ、白髪が減って10歳若返り!睡眠不足解消といいことずくめ!

【眼瞼下垂症の手術】手術後、額のシワ、白髪が減って10歳若返り!睡眠不足解消といいことずくめ!

まぶたが垂れ下がる状態を「眼瞼下垂症」と言います。45歳を過ぎる頃から多くの人に現れ、さまざまな不快な症状が引き起こす「腱膜性眼瞼下垂症」は、チェックリストのような「額の深いシワ」「ほうれい線」などがあれば要注意です。手術は、松尾方式による「腱膜固定術」があります。【解説】栗橋克昭(栗橋眼科院長)


首の痛みはストレートネックが原因 対策は顔の【ココ】を押すこと

首の痛みはストレートネックが原因 対策は顔の【ココ】を押すこと

私の治療院に、首のトラブルで来院する人のほとんどに、ストレートネックという症状があります。ストレートネックとは、ゆるやかにカーブしているはずの頸椎(首の骨)が、首を前に出した姿勢を続けたことによって、まっすぐになってしまった状態です。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)


【眼科医考案】ヘアバンドにポニーテールが最強!超簡単「まぶたアップ法」

【眼科医考案】ヘアバンドにポニーテールが最強!超簡単「まぶたアップ法」

まぶたのたるみを治すと、眼科領域の疾患である眼精疲労、目の痛み、ドライアイ、視力低下などに限らず、同時に治ってしまう疾患は少なくありません。頭痛、高血圧、肩こり、冷え症、不眠、下痢、便秘、アトピー性皮膚炎、腰痛、うつなどへの効果が期待できます。【監修】栗橋克昭(栗橋眼科院長) 


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


【名医に聞く】脳脊髄液減少症ーブラッドパッチ療法で約7割が改善 症状と治療法を解説

【名医に聞く】脳脊髄液減少症ーブラッドパッチ療法で約7割が改善 症状と治療法を解説

交通事故や転倒、スポーツなどで首や腰に衝撃を受けたことがあり、その後、頭痛やめまい、首の痛み、耳鳴り、体のだるさといった症状が続いている……。もし思い当たるようなら、「脳脊髄液減少症」という病気かもしれません。【解説】篠永正道(国際医療福祉大学熱海病院脳神経外科教授)、【取材】医療ジャーナリスト 山本 太郎


ランキング


>>総合人気ランキング