MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

しびれに関する記事

表示順:
最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)
更新: 2018-09-11 20:45:00
K点とは、後頭部にある1点で、東北大学名誉教授である国分正一先生が発見した痛み解消の特効点です。K点を刺激したとたん、ぎっくり腰で救急車で運ばれてきた人が、その場で痛みが治まって自分で歩いて帰ったりといった例もあるのです。【解説】国分正一(国立病院機構仙台西多賀病院脊椎脊髄疾患研究センター長)
更新: 2018-09-11 14:25:31
私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)
更新: 2018-09-10 16:29:43
手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)
更新: 2018-09-07 18:22:30
私のもとには腰痛やひざ痛、股関節痛などの患者さんが数多くいらっしゃいます。最近、特に増えてきたのが脊柱管狭窄症による痛みやしびれを訴えるかたです。治療の補助として行う寝ながら体操で、実際に脊柱管狭窄症の症状から解放された患者さんの例をいくつかご紹介します。【解説】西本直(Conditioning Studio操主宰)
更新: 2018-05-09 16:43:52
どこに行っても治らない、原因不明の痛みやしびれに悩まされている患者さんが当院にはおおぜい来られます。そういう患者さんに私が行うのが「遠絡療法」という治療法です。頭痛や顔の痛み、足の裏の痛みやしびれなどが即座に改善したと、患者さんにも大変好評なのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)
更新: 2018-04-16 08:00:00
そけい部押しは、座骨神経の機能が回復して、痛みやしびれが出にくくなります。脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行にも効果的です。間欠性跛行とは、歩行中、足に痛みやしびれが生じて歩けなくなる症状のことです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)
更新: 2018-09-27 16:13:53
脊柱管狭窄症になって脊柱管の神経根が圧迫されると、ふくらはぎの外側や、太ももの裏側などの下半身に激烈な痛みを感じるようになります。これは、座骨神経から分かれた神経が下肢に向かって走っており、その神経の走行に異変が起こるからです。一般の人にお勧めしたいのが、私が考案した手の甲刺激です。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)
更新: 2018-02-25 08:00:00
腰痛の改善には、足腰にしっかり筋肉をつけることが先決だと、思っている人が多いのではないでしょうか。実はその前に、しなくてはならない重要なことがあります。それは、股関節の調整です。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧整体院院長)
更新: 2018-09-03 14:47:37
私に異変が起こったのは、ここ数年のことです。立っていると足が冷え切って、そのうちしびれるようになりました。そして、突然、足の力が抜けてパタンと倒れてしまうのです。それがどんどんひどくなり、まともに3mも歩けないほど。何かにつかまっていないと、前に進むこともできませんーー。【体験談】水前寺清子(歌手)
更新: 2018-09-20 14:59:57

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt