誤嚥性肺炎に関する健康情報


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


飲みこみにくい【嚥下障害】の主な原因と対策 症状が進行した場合の治療法

飲みこみにくい【嚥下障害】の主な原因と対策 症状が進行した場合の治療法

食事をすると、よくむせてしまう。固形の物を嚙んで飲み込みにくくなった。食後に痰が出やすくなった……。そんな症状があったら、「嚥下障害」かもしれません。嚥下障害は脳卒中の後遺症として起こることが多いほか、老化に伴って起こってくることもあります。【解説】藤島一郎(浜松市リハビリテーション病院院長)


【誤嚥性肺炎】対策は声帯を鍛える1日5分の「裏声トレーニング」

【誤嚥性肺炎】対策は声帯を鍛える1日5分の「裏声トレーニング」

「音痴の人は誤嚥性肺炎になりやすい」まさかと思うかもしれませんが、本当の話です。音痴の人は、「恥ずかしい」と、歌うのを避けることが多いのではないでしょうか。これが大問題で、声帯は筋肉のため使わないとやせ細り、衰える一方です。【解説】高牧康(BCA教育研究所主宰ヴォイスティーチャー)


【誤嚥性肺炎】一番の原因は“寝ている間の唾液”世界的医学誌も認めた「口腔ケア」の重要性

【誤嚥性肺炎】一番の原因は“寝ている間の唾液”世界的医学誌も認めた「口腔ケア」の重要性

肺炎は「老人の友」と言われるくらい、老人に多い病気です。70代以降は、特に誤嚥性肺炎が増えます。誤嚥性肺炎は、予防が大事ですが、そのカギを握るのが口です。まず、毎日の歯磨きをしっかりしてください。歯磨き後は、ブクブクうがいやガラガラうがいをしてください。【解説】米山武義(米山歯科クリニック院長)


【むせる 食べこぼし 舌打ちができない】は舌の筋力低下が原因 対策は「さきイカトレーニング」

【むせる 食べこぼし 舌打ちができない】は舌の筋力低下が原因 対策は「さきイカトレーニング」

舌の筋力の強さと動きの滑らかさは、咀嚼と嚥下をスムーズに行うために不可欠な要素ですが、高齢になると、体の筋肉が衰えるのと同様、舌の力や動きも衰えていきます。【解説】菊谷武(日本歯科大学口腔リハビリテーション・多摩クリニック院長)


くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

「胸焼け、げっぷ、胃もたれ」こうした症状がくり返し起こるとき、一般には、慢性胃炎などの胃の病気ととらえる人が多いでしょう。しかし、もう一つ、注意しなければならない病気があります。それは「逆流性食道炎」です。【解説】孫維良(東京中医学研究所所長)


【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因に?誤嚥を招く猫背を治すストレッチのやり方

【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因に?誤嚥を招く猫背を治すストレッチのやり方

食べ物や飲み物をスムーズに飲み込めない、うまく飲み込めずにむせてしまうといった嚥下障害や誤嚥は、口やのどの機能の衰えからくる問題と捉えられがちです。しかし、むせる原因はさまざまです。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)


【誤嚥性肺炎の原因】う○こと同じ!白いネバネバ(歯垢)は口内細菌 対策は寝る前の「緑茶うがい」

【誤嚥性肺炎の原因】う○こと同じ!白いネバネバ(歯垢)は口内細菌 対策は寝る前の「緑茶うがい」

歯の表面や根元などにたまる白いネバネバの物体を、歯垢(デンタルプラーク)といいます。その正体は、細菌のかたまりです。口の中、とりわけ歯垢に含まれる細菌は、ウ○コ、つまり糞便に含まれる細菌と量も質もほとんど変わらないと聞いたら、あなたはどう思いますか。【解説】落合邦康(日本大学歯学部特任教授)


若くても要注意!逆流性食道炎が原因で起こる誤嚥性肺炎 予防法・対策は?

若くても要注意!逆流性食道炎が原因で起こる誤嚥性肺炎 予防法・対策は?

2011年、我々、日本人の死亡原因のトップ3が入れ替わり、医療関係者の間に激震が走りました。1位のがん、2位の心臓病は同じままでしたが、長年3位に君臨していた脳卒中を抜き、肺炎がランクインしました。それから6年たった現在も、肺炎による死亡者数は増えています。【解説】西山耕一郎(西山耳鼻咽喉科医院院長)


“喉仏の位置が低い”と肺炎リスク大 のどを鍛える筋トレ「おでこ体操」のやり方

“喉仏の位置が低い”と肺炎リスク大 のどを鍛える筋トレ「おでこ体操」のやり方

私たちの体の筋肉は、何もしなければ年とともに必ず衰えます。「のどの筋肉」にも同じことがいえます。可能なら40代から、40代以降の方は気がついたときから、垂れ下がったのどの筋力を鍛えることが大切です。それが誤嚥予防、ひいては日本人の死因第3位の肺炎の予防につながります。【解説】西山耕一郎(西山耳鼻咽喉科医院院長)


【誤嚥性肺炎の予防】肺炎で死なないために知っておきたい症状・兆候7つ

【誤嚥性肺炎の予防】肺炎で死なないために知っておきたい症状・兆候7つ

飲み込む力は高齢になってガクンと衰えるわけではなく、40代からゆるやかに衰えだします。しかし「飲み込みが弱くなった」と自覚する人はほとんどいません。だからこそ、自分の飲み込む力を確認してみましょう。3つ以上当てはまる人は要注意!【解説】西山耕一郎(西山耳鼻咽喉科医院院長)


 【誤嚥性肺炎の予防に】喉仏の位置を上げる「飲みこむ力を鍛える」筋トレ

【誤嚥性肺炎の予防に】喉仏の位置を上げる「飲みこむ力を鍛える」筋トレ

現在も肺炎による死亡者数の増加の勢いは増すばかりです。その肺炎が死亡原因となった人のうち、75歳以上の高齢者の実に7割以上を占めるのが、「誤嚥性肺炎」です。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)


【超簡単】"あいうべ体操"のやり方 便秘やドライマウスに効果あり

【超簡単】"あいうべ体操"のやり方 便秘やドライマウスに効果あり

口の体操「あいうべ」は、どうして「あいうえ」ではないのでしょう。「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉を鍛える動きです。そして、「べー」と舌を出すことで、舌の筋肉が鍛えられます。舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)