コレステロールに関する健康情報


【不整脈が改善】300のコレステロール値が下がった 秘密は「野菜スープ」

【不整脈が改善】300のコレステロール値が下がった 秘密は「野菜スープ」

今回ご紹介するのは「くず野菜スープ」です。「野菜のくず」を生ごみに出しているかたが多いのではないでしょうか。しかし、これらは「くず」ではなく、実際は体に有用な成分の宝庫です。紫外線やウイルス、細菌などから身を守るファイトケミカルは野菜の外側にこそ多くあるのです。【解説】佐古田三郎(刀根山病院院長・大阪大学名誉教授)


【冷え性改善】健康に役立つ万能調味料「酢ショウガ」とは 疲労回復には水割りが効果てきめん!

【冷え性改善】健康に役立つ万能調味料「酢ショウガ」とは 疲労回復には水割りが効果てきめん!

私自身、10年近く前からこの酢ショウガを愛用して、健康に役立てています。 フードコーディネーター、料理教室、企業の栄養指導などの仕事のほかに、家では主婦として家事もこなす毎日、朝から深夜まで忙しくしていますが、それでも元気なのは、酢ショウガのおかげだと思うのです。【解説】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


【コレステロール値を下げる食べ物】善玉と悪玉の違い 動脈硬化を予防する生活習慣

【コレステロール値を下げる食べ物】善玉と悪玉の違い 動脈硬化を予防する生活習慣

コレステロールといえば、今や動脈硬化を進める「悪役」として知られています。コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料として重要ですが、一方で、血管壁に過剰にたまると、動脈硬化を進めるのも事実です。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


【ダイエット】“やせ酸”を作る腸内細菌を増やす「玉ねぎヨーグルト」の作り方

【ダイエット】“やせ酸”を作る腸内細菌を増やす「玉ねぎヨーグルト」の作り方

玉ねぎとヨーグルトは、どちらも腸内細菌を増やす健康食材として知られています。この2つの食材を組み合わせると、それぞれの効果が増強され、しかも料理の幅もぐんと広がります。玉ねぎヨーグルトには、6つの大きなメリットがあります。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【持たない暮らし】エコ生活者の光熱費?は 冷蔵庫もエアコンもなしのシンプル生活

【持たない暮らし】エコ生活者の光熱費?は 冷蔵庫もエアコンもなしのシンプル生活

一般的な感覚では、我が家の暮らしは豊かなものではないのかもしれません。けれども、モノに振り回されず、自分や家族の気持ちをたいせつにして過ごせ、何気ないことにもありがたみを感じられるこの暮らしが、私にはとても楽しくて、なによりぜいたくなのです。【解説】アズマカナコ(省エネ生活研究家)


【コレステロールを下げるには】お勧め食材は「小豆」 白髪の予防・改善にも効果

【コレステロールを下げるには】お勧め食材は「小豆」 白髪の予防・改善にも効果

体内のコレステロールには、体内で合成されるものと、食品からとり入れるものの2種類です。体内でのコレステロールは主に肝臓で作られ、ほとんどが生命活動に使われてしまうので、余ることはありません。健康に悪影響を与えるのは、食品として過剰に摂取したコレステロールです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【演歌歌手・北山たけしさん】血圧やお通じに効果を発揮!北島一家の食卓に欠かせない「玉ねぎ」

【演歌歌手・北山たけしさん】血圧やお通じに効果を発揮!北島一家の食卓に欠かせない「玉ねぎ」

北島家のタマネギ熱に火がついたのは、おそらく2011年ごろだったと思います。当時、加熱したタマネギをペースト状にして凍らせた物を、さまざまな料理に使う健康法が、ブームになっていたのです。もともとタマネギが好きだった北島家の女性陣は、この食べ方を気に入り、早速とり入れました。【体験談】北山たけし(歌手)


【コレステロールが高い!】実は免疫力も高く感染症やガンに強いと判明

【コレステロールが高い!】実は免疫力も高く感染症やガンに強いと判明

そもそもコレステロールは、細胞膜を構成する主要成分です。コレステロールがへると、細胞の再生が阻害されたり、機能に重大な障害が発生したりして、免疫力が低下します。コレステロールは、私たちの体に必要不可欠なものなのです。【解説】浜崎智仁(富山大学名誉教授・医学博士)


【コレステロールを下げる食品】実はピーナッツ 脂肪肝 高血圧 糖尿病まで改善

【コレステロールを下げる食品】実はピーナッツ 脂肪肝 高血圧 糖尿病まで改善

よほど食べ過ぎないかぎり、ピーナッツで太ることはありません。ピーナッツは、少量で多くのエネルギーが得られるだけでなく、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの栄養・機能性成分も豊富です。あの小さな1粒の中に、生きるために必要なエネルギーと栄養が、ぎっしり詰まっているのです。【解説】井上浩義(慶應義塾大学医学部教授)


【スタチン系薬剤】コレステロールを下げる薬は本当に必要?知ってほしい副作用

【スタチン系薬剤】コレステロールを下げる薬は本当に必要?知ってほしい副作用

コレステロール値の高い脂質異常症(高脂血症)は、高血圧と同様で、基準値を低く設定することによって作られた病気です。安易に薬を飲む必要はありません。最近では、コレステロール値が高い人のほうが長生きだというデータが発表されています。【解説者】松田史彦(松田医院和漢堂院長)


【体験談】かかと落としダイエットの効果 血糖値が下がりコレステロール値も正常値

【体験談】かかと落としダイエットの効果 血糖値が下がりコレステロール値も正常値

年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)


【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

年齢のわりに健康で、薬もほとんど飲まない私の唯一の悩みが、コレステロール値が高いことでした。70歳を過ぎた頃から、健康診断のたびに、悪玉コレステロール(LDL)が170mg/dlと、基準値(140mg/dl未満)よりかなり高い状態が続いていたのです。【体験談】寺本由美子(主婦・77歳)


すぐに【30cmの便が出た】便秘解消に効く食べ物 "大根と人参のスープ" 発見

すぐに【30cmの便が出た】便秘解消に効く食べ物 "大根と人参のスープ" 発見

「切り干し大根スープ」は主にダイエットに役立ち、「大根ニンジンスープ」は便秘の特効薬とされています。2種類の大根スープについて、食事療法を勧める医師の立場から解説します。体型や体質で使い分ければ、より大根の効果が得やすくなるのです。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


食養生で血圧を下げる!血管をキレイにする!「シイタケ大根スープ」の作り方

食養生で血圧を下げる!血管をキレイにする!「シイタケ大根スープ」の作り方

シイタケは、脂肪分解パワーが強力です。エリタデニンという成分が血液中のコレステロールを分解することで、血流をよくして、血圧を下げてくれるのです。その降圧効果は、シイタケの戻し汁を使ったラットの実験でも確認されています。【解説】森美智代(森鍼灸院院長)


【免疫アップ 血圧を下げる効果】干しシイタケの健康効果ベスト5

【免疫アップ 血圧を下げる効果】干しシイタケの健康効果ベスト5

食事の内容が体の健康に極めて重要であることは、今さらいうまでもありません。医師の私が、なるべくこまめにとるようにしているものの一つがシイタケです。シイタケはさらに干すことで栄養価がアップします。手軽にシイタケの豊富な栄養をとれる「シイタケ氷」を是非お試しください。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長) 


チョコはカラダにいい。じゃあチョコ会社の社員の健康は?工場勤務は?

チョコはカラダにいい。じゃあチョコ会社の社員の健康は?工場勤務は?

近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(東京医科大学病院循環器内科助教)