医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

ジグリングに関する健康情報


血圧を下げるふくらはぎの刺激「ふくらはぎパンパン法」のやり方

血圧を下げるふくらはぎの刺激「ふくらはぎパンパン法」のやり方

ふくらはぎの刺激法として、最もポピュラーなのは「もむ」ことでしょう。もちろんそれでもいいのですが、患者さんから、もむのは難しい、力がなくてもめない、などの意見をいただき、もっと簡単に刺激する方法はないかと考えました。その結果誕生したのが、「ふくらはぎパンパン法」です。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授)


【変形性股関節症の最新手術】キアリ骨盤骨切り術は関節温存手術

【変形性股関節症の最新手術】キアリ骨盤骨切り術は関節温存手術

変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


ジグリング(貧乏ゆすり)の効果的なやり方 変形性股関節症が改善した人多数

ジグリング(貧乏ゆすり)の効果的なやり方 変形性股関節症が改善した人多数

変形性股関節症とは、足の付け根にある大きな関節である「股関節」の関節軟骨がすり減り、痛みを起こす病気です。当院で、「貧乏ゆすり」を積極的に患者さんに実践してもらったところ、すり減った軟骨が再生した症例が続々と現れたのです。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【名医】変形性股関節症が「貧乏ゆすり」で痛み改善 レントゲン写真が証明

【名医】変形性股関節症が「貧乏ゆすり」で痛み改善 レントゲン写真が証明

変形性股関節症は、股関節の関節軟骨がすり減り、痛みや可動制限を引き起こす病気です。この病気のほとんどは、臼蓋という骨盤のくぼみの形に問題がある「臼蓋形成不全」が原因で発症します。日本人の場合、特に中高年の女性に多く、男性の約5倍ともいわれています。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)