MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

ストレスに関する記事

表示順:
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
脳マッサージによって、ストレスやトラウマが瞬時に消すことができます。その結果、ほおが上がってその人が本来持っていたいきいきとした表情になり、魅力的な顔になるのです。【解説】田中信二(国際ブレイン・アップデート協会会長)
更新: 2018-10-05 10:42:21
生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。【解説】五味常明(五味クリニック院長・医学博士)
更新: 2018-09-04 00:54:40
「タッチングケア」とは、自分の手で、自分の体を優しく触れることで、症状を改善したり、ストレスを緩めたりする新しいセルフケア法です。軽く、リズムを取りながら触れるのがコツです。急増中の「スマホ肩コリ・首コリ」もタッチングケアによって解消させることができます。【解説】外尾幸恵(看護師・日本タッチングケア協会代表理事)
更新: 2018-09-05 22:21:13
仙骨は、上半身と下半身をつなぐ要であり、私たちの骨格を支えている中心的な骨といえます。ですから、仙骨に負担がかかってゆがみが生じると、全身の骨格に影響が出ます。特に、仙骨と直接つながる腰椎には支障が生じやすく、腰痛の大きな原因になるのです。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)
更新: 2018-08-29 16:12:30
ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)
更新: 2018-09-11 14:08:16
私は「睡眠時の血圧を下げることこそが、健康長寿のカギである」と考えています。その対策について、お話ししましょう。高血圧患者の多くは、原因不明の「本態性高血圧」といわれますが、その原因のほとんどはストレスであると考えています。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)
更新: 2018-10-04 15:11:58
「カラオケを楽しみながら、腰痛が治る」こんなことを聞いたら、驚くかもしれませんね。カラオケには、隠れた健康効果があり、脳細胞の活性化、血流促進、内臓機能の強化、筋肉増強など、さまざまな有効性が期待できるのです。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長・医学博士)
更新: 2018-09-04 12:55:28
脊柱管狭窄症とは、神経の通り道となっている脊柱管が変形して狭くなり、神経を圧迫して痛みやしびれを起こす病気です。その典型的な症状として、「間欠性跛行」が挙げられます。これは、歩いているうちに痛みやしびれで歩けなくなり、再び歩くまでにしばらく休む必要が生じるというものです。【解説】大谷晃司(福島県立医科大学教授)
更新: 2018-09-18 11:00:09

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt