インフルエンザに関する健康情報


慢性腎不全で声がでない…移植手術で復帰【演歌歌手・松原のぶえさん】の喉ケア術

慢性腎不全で声がでない…移植手術で復帰【演歌歌手・松原のぶえさん】の喉ケア術

来年で芸能生活40年を迎える私ですが、「もう歌手生命は終わりだな」と覚悟したことがありました。原因は、慢性腎不全です。45歳のとき、突然疲労感から抜け出せなくなり、歌うときにも声に力が入らなくなってしまったのです。【解説】松原のぶえ(歌手)


【歯周病を予防】舌の力を高めて唾液を分泌「舌回しエクササイズ」で誤嚥も防げる

【歯周病を予防】舌の力を高めて唾液を分泌「舌回しエクササイズ」で誤嚥も防げる

歯科医として30年以上、たくさんの患者さんを診てきましたが、ムシ歯が1本もない歯周病の患者さんは数人しかいませんでした。このことから、口の中の環境をきれいに整えておくことが、いかに大切かということがわかります。【解説】宝田恭子(宝田歯科医院院長)


【医師解説】熱中症予防に効果的な飲み物は"水出し緑茶" 糖尿病の改善に 肝臓病にも効果

【医師解説】熱中症予防に効果的な飲み物は"水出し緑茶" 糖尿病の改善に 肝臓病にも効果

緑茶に含まれるカテキンには、血糖値の上昇を抑制する作用も認められています。 カテキンで糖質の消化吸収がゆっくりになると、糖が血液中に吸収されるのが遅くなって、血糖値の上昇もおだやかになります。結果、糖尿病の予防・改善効果が期待できるのです。【解説】栗原毅(栗原クリニック 東京・日本橋院長)


【血糖値が正常値に下がった】玉ねぎのオイル漬けは親子三代に伝わる健康常備食

【血糖値が正常値に下がった】玉ねぎのオイル漬けは親子三代に伝わる健康常備食

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


【薬の副作用】薬は飲まないほうが良い 抗生物質と降圧剤、タミフルの話

【薬の副作用】薬は飲まないほうが良い 抗生物質と降圧剤、タミフルの話

日本の医療は薬を使い過ぎ!抗インフルエンザ薬のタミフルは全生産量の8割を、降圧剤は販売総額の5割を、日本で消費しています。なぜ、日本人はこんなに薬を使うのでしょうか。そこには、日本特有の医療システムがあります。【解説者】星旦二(首都大学東京名誉教授・放送大学客員教授)


不眠対策は「朝食にハムエッグを食べる」? ― インフルエンザやうつも撃退

不眠対策は「朝食にハムエッグを食べる」? ― インフルエンザやうつも撃退

免疫力を高めるには睡眠時間を長く取ればいいのでしょうか。確かに一定の睡眠時間を取ることは大切ですが、一概にそれだけとは、いい切れません。睡眠の量よりも重要なのが、質なのです。そして、質の高い睡眠を得るための秘訣は、意外に思われるかもしれませんが、「朝食」にあります。【解説】宮崎総一郎(滋賀医科大学睡眠学講座特任教授)


【医師が解説】みかんは「皮ごと」食べてこそアンチエイジングに効果あり

【医師が解説】みかんは「皮ごと」食べてこそアンチエイジングに効果あり

果物の中でも、特にミカンは血糖値が上がりにくいので、肥満の予防によいといわれています。調べてみると、果物の皮にはポリフェノールという物質が入っていることがわかりました。ポリフェノールというのは、抗酸化物質の一つです。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック理事長・総院長)


【超簡単】"あいうべ体操"のやり方 便秘やドライマウスに効果あり

【超簡単】"あいうべ体操"のやり方 便秘やドライマウスに効果あり

口の体操「あいうべ」は、どうして「あいうえ」ではないのでしょう。「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉を鍛える動きです。そして、「べー」と舌を出すことで、舌の筋肉が鍛えられます。舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【かぜ予防】ベスト対策は "口テープ" 簡単なやり方を公開 口臭改善 喉の痛みに効果

【かぜ予防】ベスト対策は "口テープ" 簡単なやり方を公開 口臭改善 喉の痛みに効果

朝起きたとき、口の中が乾燥していたり、のどがヒリヒリしたりする人は、間違いなく口呼吸になっています。就寝時は、ただでさえ唾液の分泌量が少なくなるので、体への害を考えたら、一刻も早く口テープを行い、鼻呼吸にするべきです。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【口呼吸のデメリット】顎にある "梅干しみたいなシワ" 改善方法は「鼻呼吸」習慣

【口呼吸のデメリット】顎にある "梅干しみたいなシワ" 改善方法は「鼻呼吸」習慣

自分が鼻呼吸なのか口呼吸なのか、よくわからないという人もいらっしゃるでしょう。そういう人は、まず上の「口呼吸チェックリスト」で確認してみてください。いかがでしたか。いくつか該当する項目がありましたか。実は、一つでも該当するようでしたら、口呼吸の可能性があります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)