MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

過活動膀胱に関する記事

表示順:
中高年になると、頻尿に悩まされる人が多くなります。頻尿は、前立腺肥大や膀胱炎、過活動膀胱など、泌尿器系の病気が関係していることもありますが、主な原因として挙げられるのが、体の冷えと腎機能の低下です。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)
頻尿や尿もれといった、尿トラブルに気付いたとき、不安とともに、さまざまな疑問がわいてくるでしょう。聞きにくい素朴な疑問を、専門家に答えていただきました。【回答】楠山弘之(永弘クリニック院長)イラスト/古谷充子
膣口から子宮や膀胱などの臓器が脱出するのは、骨盤臓器脱という女性特有の病気です。現在、40代以上の女性の10人に1人が、この病気に悩んでいるといわれており、決してまれな病気ではありません。【解説】竹山政美(第一東和会病院女性泌尿器科ウロギネコロジーセンター長)
数年前からは、ロキソプロフェンという薬が、夜間頻尿に効果的なことがわかってきました。この薬は「ロキソニン」という商品名で知られていますので、以下、この名称で呼びながら話を進めましょう。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)
過活動膀胱は、何らかの原因で膀胱が過敏になり、膀胱が過剰に活動して収縮してしまうため、尿もれや頻尿が起こります。強い尿意が不意に訪れる(尿意切迫感)、トイレまでがまんできずにもらしてしまう、トイレが近くなるなどが、代表的な症状です。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)