【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


腸は「悲しみ」や「不安」をため込む臓器 臭いおならも足もみで解消できる!

腸は「悲しみ」や「不安」をため込む臓器 臭いおならも足もみで解消できる!

パンパンに張ったガス腹、何日たっても出ない便、つらいものですよね。気になって、仕事も家事も集中できない、という人も多いのでは。ここでは、簡単にでき、試したとたんに腸が動き出すストレッチを紹介します。【監修】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

私の治療院では、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「こうじ納豆」

便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「こうじ納豆」

日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 


力まなくてもスルリと快便! 花粉症にも効果ありの「このヨーグルト」

力まなくてもスルリと快便! 花粉症にも効果ありの「このヨーグルト」

私は自家製の甘酒や酵素ジュースをシロップ代わりにして「TGGヨーグルト」にかけて食べるのが、毎朝の日課です。【体験談】北爪えみ(53歳・主婦・山梨県)


【便移植とは?】個性は細菌がつくる!?人体に影響を与える「マイクロバイオーム」について

【便移植とは?】個性は細菌がつくる!?人体に影響を与える「マイクロバイオーム」について

人体に生息する無数の微生物集団(細菌叢)=マイクロバイオームが人体に多大な影響を及ぼしていることがわかってきました。その一つに消化・吸収があります。また、リンパ球をふやし免疫力を高める働きのほか、炎症をおさえる働きを持つ制御性T細胞を活性化する作用も示唆されています。【解説】岡本 裕(e-クリニック医師 )


【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

企業の保健師として勤務している私が、5年間続けているインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を勉強する中で最初に実行したのが『白湯』です。その効果はすぐに実感できました。飲み続けていると、定期的に便が出るようになりました。現在は便秘知らずで、毎朝、必ず出ています。【体験談】山﨑由美子さん(48歳・保健師・東京都)


実は便秘には【白湯】が一番!毒出しスパイスと合わせるとさらに効果大

実は便秘には【白湯】が一番!毒出しスパイスと合わせるとさらに効果大

水をよく沸騰させて作った「白湯」は、全身の毒素を浄化し、快適なお通じのための最高の飲み物です。3つの便のタイプ別に白湯とあわせて摂りたい、スーパーでも購入可能な「毒出し」スパイスをご紹介します。【解説】蓮村 誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【医師解説】便秘はIQもEQも低くする?6万人の大腸を見てわかったこと

【医師解説】便秘はIQもEQも低くする?6万人の大腸を見てわかったこと

健康な大腸の持ち主は、肌や髪など外見も色つやがよく、実際の年齢より若々しい印象を与えます。ところが、腸壁に炎症が起こると、実際の年齢より老けた外見をして、加齢臭や口臭を発していることが多いものです。【解説】村田博司(赤坂胃腸クリニック院長)


「仕事の合間の食事」で老化が加速するー時計遺伝子を狂わせるNG働き方

「仕事の合間の食事」で老化が加速するー時計遺伝子を狂わせるNG働き方

私たちの体は、年とともに老化していきます。しかし、体の中の臓器がそれぞれ同じペースで老いていくかというと、決してそうではありません。実は、老化のペースメーカーとなる臓器が存在するのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


【豆乳グルグルヨーグルト】トッピングでさらにおいしく腸活!

【豆乳グルグルヨーグルト】トッピングでさらにおいしく腸活!

そのまま食べると、乳酸菌と酵母の独特のおいしさを楽しめますが、そこにトッピングが加わるとコクのあるまろやかな味に。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家・「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人)


【医師も減量成功】臭いおならの原因も解消!「豆乳ヨーグルト」の作り方

【医師も減量成功】臭いおならの原因も解消!「豆乳ヨーグルト」の作り方

豆乳ヨーグルトは、その名のとおり、豆乳で作られるヨーグルトです。豆腐に似た食感で、一般のヨーグルトよりも酸味があり、初めは多少抵抗があるかもしれませんが、慣れてくれば、この酸味がかえってやみつきになる味です。そして特に強調したいのは、豆乳ヨーグルトの健康効果です。【解説】丁 宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【医師監修チェックリスト】「あなたはどのタイプ?」アーユルヴェーダによる3タイプの便秘解消法

【医師監修チェックリスト】「あなたはどのタイプ?」アーユルヴェーダによる3タイプの便秘解消法

一般に「便秘に効く」と言われている方法はたくさんあります。しかし、便のタイプに合わない方法を続けていれば、腸の不調を招き、たとえ便通があってもスッキリしなかったりします。便のタイプ別に、腸の状態を改善して、気持ちよく便を出す方法を紹介しましょう。【解説】蓮村 誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長) 


【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

口の体操「あいうべ」は、どうして「あいうえ」ではないのでしょう。「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉を鍛える動きです。そして、「べー」と舌を出すことで、舌の筋肉が鍛えられます。舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


実はあなたにもある?知られざるアレルギー【遅発型食物アレルギー】

実はあなたにもある?知られざるアレルギー【遅発型食物アレルギー】

特に思い当たる原因もなく、体調が優れない……。食べて数時間後〜数週間後と、アレルギー症状が遅れて出てくる「遅発型食物アレルギー」をご存知でしょうか。じんましんなどが出る「即時型食物アレルギー」とは違いあまり知られていません。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 


ランキング


>>総合人気ランキング