病気や症状の改善に役立つ健康情報サイト

便秘に関する健康情報


【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

私の診察では、最初に病歴をお聞きすることにしています。Aさんは、50代のころから血圧が高く、降圧剤を服用しています。また、1年前に奥さんを亡くされたのをきっかけに、うつ病にもなってしまったとのこと。眠れないので、睡眠薬を服用していました。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


大腸ガンは確実に予防できる!痛みがなく便秘まで解消できる「大腸内視鏡検査」

大腸ガンは確実に予防できる!痛みがなく便秘まで解消できる「大腸内視鏡検査」

大腸ガンは、ガンの中では最も助かりやすいガンの一つです。なぜなら進行が遅く、良性のポリープから段階的にガンに変わっていくからです。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)


【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

高齢になると、便秘が起こりやすくなるのは、いくつかの原因が考えられます。まず、大腸や周辺の筋力が低下し、腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が弱まることです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


便秘から高血圧、痛みにまで効く「ショウガ紅茶」は冷えを撃退する万能薬

便秘から高血圧、痛みにまで効く「ショウガ紅茶」は冷えを撃退する万能薬

当院には、さまざまな不調を訴える人がお越しになります。各患者さんの症状や体質、目的に応じた治療と指導をしますが、一つだけ、すべての患者さんに共通してお勧めしていることがあります。それは「ショウガ紅茶」を飲むことです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


便秘のタイプを知れば下剤からの脱却も可能!大学病院で勧める「腸活テクニック」

便秘のタイプを知れば下剤からの脱却も可能!大学病院で勧める「腸活テクニック」

私はこれまで多くの便秘に悩む人々を診てきましたが、よかれと思ってやっていることがかえって症状を悪化させてしまうこともあります。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


便秘ばかりか糖尿病、高血圧、認知症まで招く「腸内フローラの乱れ」

便秘ばかりか糖尿病、高血圧、認知症まで招く「腸内フローラの乱れ」

「腸内細菌」が、多くの病気や老化のカギを握るキーワードとして、今注目されています。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


便秘に苦しむ精神科医が考案!「デルデル呼吸」を便秘の人が試したら全員に効いた

便秘に苦しむ精神科医が考案!「デルデル呼吸」を便秘の人が試したら全員に効いた

私が便秘に悩むようになったのは、30代半ばからでした。いちばんひどかったのは40歳前後のころで、1週間以上、排便のないこともありました。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


おなかの深部筋をしぼり大腸の動きが活性化する「デルデル呼吸」のやり方としくみ

おなかの深部筋をしぼり大腸の動きが活性化する「デルデル呼吸」のやり方としくみ

私が提唱している「デルデル呼吸(深腹式呼吸)」は、腹式呼吸で軽く息を吐き、息継ぎせずにもう一息深く吐くという呼吸法です。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


糖質制限ダイエットで便秘に悩んだが「アズキがゆ」で治り妻は8kgもやせた

糖質制限ダイエットで便秘に悩んだが「アズキがゆ」で治り妻は8kgもやせた

若いころから便秘で悩んだことがほとんどなかった私が、便秘に苦しむようになったのは、ここ2~3年のことです。きっかけは、5年前から始めたダイエットでした。【体験談】長岡智(仮名・会社員・50歳)


ガス腹の原因は腸の下垂!垂れた腸を刺激して大腸ガンも退治する「ガス抜き体操」

ガス腹の原因は腸の下垂!垂れた腸を刺激して大腸ガンも退治する「ガス抜き体操」

おなかにガスがたまると、苦しいですね。たまりすぎると、おなかがパンパンに張ってしまうし、出るガスも臭くなります。また、臭いガスにはニトロソアミンなどの発ガン物質が含まれており、大腸ガンの原因になります。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)


腸内環境を改善して宿便とともに有害物質をドッと排出する「解毒スープ」

腸内環境を改善して宿便とともに有害物質をドッと排出する「解毒スープ」

私の医院には、いくつかの病院で診てもらっても原因がわからず、途方に暮れて来院される患者さんが大勢おられます。そして、そのような患者さんのほとんどが「便秘」と「冷え」を抱えています。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


便秘体質を改善して 飲むほどに宿便や毒素を排出する 「解毒スープ」の作り方

便秘体質を改善して 飲むほどに宿便や毒素を排出する 「解毒スープ」の作り方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。考案した当初は違う野菜も試しましたが、試行錯誤の結果、これが最良のバランスであることがわかりました。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


解毒スープでバナナ便がスルッと出た!5kgやせた!花粉症やアトピーも大改善

解毒スープでバナナ便がスルッと出た!5kgやせた!花粉症やアトピーも大改善

解毒スープは、さまざまな症状に効果的です。特にアトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症などのアレルギーで悩む方は、ぜひ試してください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


焼きバナナで快腸快便! 5㎏やせ下半身が細くなり 新婚旅行はビーチでビキニ

焼きバナナで快腸快便! 5㎏やせ下半身が細くなり 新婚旅行はビーチでビキニ

ダイエットを決意したのは、2015年の秋のことです。新婚旅行の行き先をバリ島に決め、「ビキニが着たい!」と思ったことがきっかけでした。【体験談】吉野れな(愛知県●32歳●ウェブサイト編集者)


バナナを焼くとオリゴ糖が格段に増え 腸内フローラが大改善! 免疫力も高める

バナナを焼くとオリゴ糖が格段に増え 腸内フローラが大改善! 免疫力も高める

皆さんは、ふだんからウンチの量を気にされていますか。現代の日本人は、戦前に比べると、ウンチの量が約半分に減少したといわれています。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


めまいを起こさない生活の 要点は「ラジオ体操、水分摂取、 快便、ストレス対策」

めまいを起こさない生活の 要点は「ラジオ体操、水分摂取、 快便、ストレス対策」

めまいを改善、予防する上で、もっとも重要なのは、食生活や運動といった生活習慣の改善です。そして、2番目が自己節制、3、4がなくて5が薬です。どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【今ブーム!】23kg10kgやせた!お通じがよくなる、骨密度が上がると評判の「干しブドウ酢」発見!

【今ブーム!】23kg10kgやせた!お通じがよくなる、骨密度が上がると評判の「干しブドウ酢」発見!

「干しブドウを酢に漬ける」。誰もが考え付きそうで、誰もやっていなかったこのアイデアを形にしたところ、「とってもおいしい」「軟らかくて食べやすい」と大評判に――。【取材】松崎千佐登(医学ジャーナリスト)


看護師も実践!  「中指ねじり」で便秘・不整脈・ 湿疹・子宮筋腫が改善!

看護師も実践! 「中指ねじり」で便秘・不整脈・ 湿疹・子宮筋腫が改善!

私は田園調布長田整形外科のウェルネスプログラムで指ヨガの講座を担当しています。そこで患者さんや指ヨガに興味のあるかたに、指ヨガを施術・指導しています。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 


ランキング


>>総合人気ランキング