認知症に関する健康情報

認知症に関連するキーワード

ボケ
>>認知症に関連するキーワード一覧

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【老化防止・物忘れ改善】「指をそらす」「ほめる」と脳が活性化する効果がある

【老化防止・物忘れ改善】「指をそらす」「ほめる」と脳が活性化する効果がある

「指そらし」で脳の血流が激増して物忘れがなくなり会話がすれ違う認知症も大改善!仕事の効率アップ!どこか調子が悪いと、そこだけに目を向けがちですが、人間は部分で生きているのではない。体全体がつながっていて、互いに影響し合いながらバランスを取っています。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)


【認知症が改善】失禁もなくなった!脳の血流の循環をよくする「指そらし」とは

【認知症が改善】失禁もなくなった!脳の血流の循環をよくする「指そらし」とは

手を刺激することは簡単な脳の刺激法になると、私は考えています。そして、手の刺激は、患者さん自身も行うことが可能です。指そらしはいつでも、1日何回行ってもかまいませんが、お勧めは寝る前です。ストレスで縮こまった体を、1日の最後に開放しましょう。【解説】德永勝哉(ガイアそうこグループ総副院長・鍼灸師)


【やり方】脳が活性化する「指そらし」と高血圧・不眠に効果のある「手首振り」

【やり方】脳が活性化する「指そらし」と高血圧・不眠に効果のある「手首振り」

高麗手指鍼法では、手に全身のツボがあるという基本的な考え方のほかに、手全体を頭部ととらえる考え方があります。つまり、手の指を刺激すると、直接脳が刺激されるということです。指そらしを実践して、実際に脳の機能が改善し、認知症が改善したかたもおられます。【解説】德永勝哉(ガイアそうこグループ総副院長・鍼灸師)


【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

カカオの有効成分が、血圧をはじめとした血液・血管への影響しているとお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【歯周病と病気の関係】歯周病を放置するとどうなるか? 糖尿病 脳梗塞 認知症のリスク増

【歯周病と病気の関係】歯周病を放置するとどうなるか? 糖尿病 脳梗塞 認知症のリスク増

歯周病は、今や成人の約8割がかかっているとされる「国民病」です。早い人では10代から、歯周病の初期段階である歯肉炎が始まり、40代、50代で患者数が最も多くなります。歯周病も生活習慣病の一つだと私は考えています。【解説】森永宏喜(森永歯科医院院長、米国抗加齢医学会認定医)


【名医】認知症の兆候は“頻尿”?予防には「亜麻仁油かけブロッコリー」がお勧め

【名医】認知症の兆候は“頻尿”?予防には「亜麻仁油かけブロッコリー」がお勧め

私は30年間にわたって認知症の研究と臨床にたずさわっており、現在は認知症の専門クリニックの院長を務めています。認知症を予防するための基本は、魚と野菜を中心とした食生活にあります。野菜の中でも、ぜひ積極的に取っていただきたいのが、ブロッコリーなのです。【解説】朝田隆(メモリークリニックお茶の水院長)


【認知症・便秘・むくみ】不調は神経の“詰まり”が原因だった

【認知症・便秘・むくみ】不調は神経の“詰まり”が原因だった

神経の老化が万病につながるということを、詳しく説明していきましょう。神経の老化現象が引き起こす症状は、大きく三つに分けられます。一つ目は、神経が老化して、電気信号が詰まって起こる症状です。【解説】工藤千秋(くどうちあき脳神経外科クリニック院長)


【体調不良が改善】体内の電磁波を取り除く「静電気デトックス」の方法

【体調不良が改善】体内の電磁波を取り除く「静電気デトックス」の方法

職場でも家でも、常に電磁波にさらされている今、帯電障害の患者数は激増しています。極度の疲れとだるさ、お風呂に入っても取れない頑固な冷え、肩のこわばり、ドライアイ……。皆さんの帯電量を専用機器で測定すると、軒並み高い数値を示すのです。【解説】西谷雅史(響きの杜クリニック院長)


【うつを改善】幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を高める方法  セックス・ボランティア・ツボ押し

【うつを改善】幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を高める方法 セックス・ボランティア・ツボ押し

近年、オキシトシンにはストレスを抑えたり、自律神経の働きを整えたり、免疫力を高めたり、体の痛みを抑えたりと、さまざまな健康効果があることがわかってきました。実は、オキシトシンの分泌を高めるポイントは2つだけです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック徳院長)


【めまい・ふらつきが改善】脳が活性化する「ニンニク油」の効果 認知症患者の反応も回復!

【めまい・ふらつきが改善】脳が活性化する「ニンニク油」の効果 認知症患者の反応も回復!

ニンニク油に含まれるアホエンには、多彩な作用があることが認められています。それらに加えて、私が重要と考えているのが「微小循環」の改善作用です。ニンニク油で微小循環がよくなることで、ひいては脳の神経細胞の活動が活発になり、さまざまな脳機能の改善に役立つと考えられます。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【症例】「ニンニク油」で脳梗塞後の認知症が改善 めまい・立ちくらみが治ったと報告続々

【症例】「ニンニク油」で脳梗塞後の認知症が改善 めまい・立ちくらみが治ったと報告続々

ニンニク油の摂取により、体によいさまざまなことが起こった例は多くあります。うれしい体の変化がたくさん訪れるニンニク油。ぜひ皆さんも、手作りして習慣的に取り入れるようにしてみてください。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【足のむくみが解消】ふくらはぎを緩めるストレッチでこむら返りも消失

【足のむくみが解消】ふくらはぎを緩めるストレッチでこむら返りも消失

人間の体にとってメンテナンスとは、「筋肉トレーニングをする」ことです。筋肉を鍛えれば、いつまでも自分の足で歩くことができますから、自立した生活を送るには、いくつになっても筋肉トレーニングが必要なのです。筋トレで、私が必ず皆さんに指導するものの一つに、「ふくらはぎストレッチ」があります。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


【睡眠Q&A】睡眠薬の注意点は?専門医は?糖尿病や認知症との関連は?

【睡眠Q&A】睡眠薬の注意点は?専門医は?糖尿病や認知症との関連は?

正しい生活改善をすれば不眠の大部分は改善・解消できるものです。それでも十分な効果がない場合、目安として、不眠症状が「週に3回以上、かつ3ヵ月以上」持続すると「慢性不眠障害」と診断されます。この場合は医師に相談し、補助として睡眠薬を使うのもよいでしょう。【解説】宮崎総一郎(中部大学生命健康科学研究所特任教授)


【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

春には目がかすみ、夏になると耳にセミが鳴き、秋には歯が落ち、冬は頭に霜をいただく。先人はうまいことを言ったもので、昔からこの春夏秋冬がそろうと、「老人」と言われました。そんな老人や老人になりかけた人たちに、ぜひ飲んでいただきたいのが、「黒豆の煮汁」です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

ふくらはぎにはその人の体調が反映されます。健康だと、つきたてのお餅や二の腕のような温かさと軟らかさ、適度な弾力があります。一方、何らかの不調があると、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、しこりのように硬い部分があったり、フニャフニャだったりするのです。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオ・テクニカルアドバイザー)


難聴は認知症発症リスクを高める?対策には「見た目の若さ」と「補聴器」 海外でも注目

難聴は認知症発症リスクを高める?対策には「見た目の若さ」と「補聴器」 海外でも注目

最近の国内外の研究では、難聴と認知症の関係にたいへん注目が集まっています。難聴と認知症の関連については、非常に多くの学説が唱えられていますが、そのうちの代表的な説をご紹介します。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授、国立長寿医療研究センター客員研究員)