MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

下肢静脈瘤に関する記事

表示順:
むくみやすい年代であっても、運動で代謝をよくしておけば、健康で過ごせます。とはいえ、まとまった時間を割いてまで、運動する必要はありません。日常の合間に取り組める運動で充分です。私が太鼓判を押しているのが「ゴキブリ体操」です。【解説】石崎光子(ボディメイクアッププロデューサー・石崎光子フレッシュ体操アカデミー主宰)
更新: 2019-01-28 18:00:00
私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)
更新: 2018-11-17 12:00:00
下肢静脈瘤は重症になると、血管を引き抜く手術や、血管をレーザーで焼きつぶす血管内焼灼術が行われます。しかし、手術は痛みや傷跡など体への負担が大きく、レーザー治療は手術後の生活が制限され、合併症で神経障害や血栓症が起こるリスクがあるなど課題がありました。【解説】榊原直樹(東京血管外科クリニック技術指導医師)
更新: 2018-09-29 07:00:00
軽度から中等度の下肢静脈瘤は、セルフケアが大切です。下肢静脈瘤のセルフケアの基本は、足を動かすことです。長時間じっとしている動作を避け、ウオーキングや散歩をするなどして、積極的に足の筋肉を動かすべきです。【解説】岩井武尚(慶友会つくば血管センター所長・バージャー病研究所所長・東京医科歯科大学名誉教授)
更新: 2018-09-11 15:04:24
下肢静脈瘤は、ひどくなったら足を切断しなくてはならないなど、誤解もしばしばある病気ですが、下肢静脈瘤は、適切な治療で治る病気です。さらに軽度の下肢静脈瘤であれば、生活習慣の改善とセルフケアで症状を軽くしたり進行を食い止めたりすることは十分に可能です。【解説】阿保義久(北青山Dクリニック院長)
更新: 2018-10-04 15:27:55
人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)
更新: 2018-09-11 16:32:10
4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 
更新: 2018-09-11 08:57:55
加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2018-08-29 10:59:49
私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で弾性ストッキングを着用してもらうようにしています。また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2018-04-21 08:38:11
ご自分のふくらはぎや太ももの裏を見たことがありますか?もし、血管がコブのようにボコボコと膨らんでいたり、ヘビのようにうねっていたりしたら、それは下肢静脈瘤という病気です。この病気は文字どおり、足の静脈がコブのように膨らんでしまう病気です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2018-12-13 12:37:26

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt