ふくらはぎに関する健康情報

ふくらはぎに関連するキーワード

弾性ストッキングの効果 静脈瘤の治し方
>>ふくらはぎに関連するキーワード一覧

【子どもに急増】成績ダウンはエコノミークラス症候群予備軍?眠気対策は「オクラ水」

【子どもに急増】成績ダウンはエコノミークラス症候群予備軍?眠気対策は「オクラ水」

「オクラ水」は、私がこれまでにおよそ1000人もの患者さんに勧め、多くの成果を得ています。飲んでまず実感するのは、むくみに対する効果です。こむら返りが起こりにくくなったも、多く聞かれます。私はもう4年以上、毎朝オクラ水を飲み続けており、周りでは若い方にも効果が現われています。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)


「ふくらはぎ」は冷えに対して鈍感?温めるだけでひざや腰の痛みが消える理由

「ふくらはぎ」は冷えに対して鈍感?温めるだけでひざや腰の痛みが消える理由

ふくらはぎは、冷えに対して鈍感な部位です。試しに、氷を太ももとふくらはぎに当ててみてください。ほとんどの人が悲鳴を上げますが、ふくらはぎは意外と平気です。10秒くらいなら、我慢できるのではないでしょうか。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【データで判明】不定愁訴の予防・改善にふくらはぎ 「冬」はもちろん「夏」も温めよ

【データで判明】不定愁訴の予防・改善にふくらはぎ 「冬」はもちろん「夏」も温めよ

体の中でいちばん冷えやすいところは、意外かもしれませんが、ふくらはぎです。腰痛だけでなく、体のさまざまな不調を訴える人のふくらはぎは、みんな冷えてかたいのです。ふくらはぎの冷えは、全身の血流不全と冷えの原因になります。そこで、私は皆さんにふくらはぎを温めることを勧めています。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


「ふくらはぎ」の冷えが動脈硬化を招く ― 自然治癒力を高めるふくらはぎの温め方

「ふくらはぎ」の冷えが動脈硬化を招く ― 自然治癒力を高めるふくらはぎの温め方

ふくらはぎは、構造的に冷えやすい場所です。ふくらはぎが冷えてしまうと、ポンプ機能が低下するため、全身の血行が悪くなってしまいます。長期的に続くと、交感神経の過緊張、およびホルモンの乱れを招きます。その結果、エストロゲンという女性ホルモンが減り、動脈硬化が起こりやすくなるのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


ふくらはぎを温めると子宮が温まる!生理痛や子宮筋腫の改善に効果絶大

ふくらはぎを温めると子宮が温まる!生理痛や子宮筋腫の改善に効果絶大

不妊治療を得意とする私の鍼灸院では、患者さんの大半が女性です。不妊のほかに、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫といった婦人科疾患の患者さんも多数いらっしゃいます。これらの病気は、冷えや血流の低下と、深くかかわっています。【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【弾性ストッキングの効果】下肢静脈瘤を改善する靴下 男性用も はき方にコツあり

【弾性ストッキングの効果】下肢静脈瘤を改善する靴下 男性用も はき方にコツあり

私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で弾性ストッキングを着用してもらうようにしています。また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【下肢静脈瘤の初期症状と治療】ふくらはぎが痛い 熱い だるい 足のむくみは病気?

【下肢静脈瘤の初期症状と治療】ふくらはぎが痛い 熱い だるい 足のむくみは病気?

ご自分のふくらはぎや太ももの裏を見たことがありますか?もし、血管がコブのようにボコボコと膨らんでいたり、ヘビのようにうねっていたりしたら、それは下肢静脈瘤という病気です。この病気は文字どおり、足の静脈がコブのように膨らんでしまう病気です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)