MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

血圧に関する記事

表示順:
突然、背中が痛くなって、歩くのも大変になってきました。カバン程度のものでも、痛くて持てないのです。病院で診てもらうと、背骨が曲がる脊柱側湾症だと診断されました。おなかこすりを実践するうちに、2週間くらいで背中の痛みが取れ、背骨もまっすぐになったのです。これには本当に驚きました。【体験談】薄井泉生(整骨院院長・70歳)
更新: 2018-11-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgに下がり、正常値に。【体験談】山口玲子(食品輸入会社経営者・54歳)
更新: 2018-10-30 12:00:00
我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)
更新: 2018-09-11 18:00:00
私は、現在74歳。年齢も年齢なので、日々、健康管理には気をつけています。特に気になっているのは、血圧でしょうか。きっかけは、3年前に受けた健康診断です。最大血圧が150㎜Hg近くあり、基準値を上回っていました。【体験談】中西三枝子(74歳・主婦)
更新: 2018-08-29 18:00:00
血圧とは、血液が血管の壁を押す圧力のことです。心臓が収縮して血液を送り出すときに、圧力は最大になり(最大血圧、上の血圧)、心臓が拡張して血液が戻ってくるとき、圧力は最小になります(最小血圧、下の血圧)。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)
更新: 2018-09-12 13:54:47
今、日本人の約3割に、「よく眠れない」「寝つきが悪い」といった睡眠障害があるといわれています。高齢者になるとその割合はさらに増え、約半数にも及びます。整形外科医である私が睡眠の研究をするようになったのも、ひざや腰が悪いご高齢の患者さんから、睡眠の相談を受けることが多かったからです。【解説】坪田聡(雨晴クリニック副院長)
更新: 2018-09-12 13:35:43
酢と納豆には、それぞれ多くの効能効果がありますが、その代表的なものが血管への効果、血圧の降下作用でしょう。酢の主成分である酢酸は、血圧上昇にかかわるレニン・アンジオテンシン系というホルモンの調節機構を緩やかに抑制するのです。ここでは、酢納豆の作り方と食べ方をご紹介します。【解説者】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)
更新: 2018-09-10 16:17:25
お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする酢ピーナッツ、バナナ酢、酢牛乳の作り方と効果について紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2018-10-22 15:17:28
降圧剤を飲んでいても、最大血圧は180〜190ミリだった私が2012年の3月ごろから飲み始めたのが「バナナ酢」です。バナナ酢を飲み始めて1ヵ月がたったころ最大血圧が130ミリまで下がっていたのです。私の血圧が驚くほど下がっているのを知り、医師も、降圧剤をやめることに賛成してくれました。【体験談】青木宏安(気功学院経営)
更新: 2018-03-17 08:00:00