MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

強い血管をつくるに関する記事

表示順:
救急診療では、心筋梗塞や狭心症といった血管障害を発症した患者さんが搬送されてきます。緊急を要する手術や治療に日々追われながら考えていたのは、「こうなる前に、防ぐことができたら」ということでした。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
5年前、ほんの偶然で高血圧がわかりました。それまで健康診断でそのようなことを指摘されたこともなかったし、もちろん、自覚症状もなかったので驚きました。【体験談】新宅隆(仮名・無職・72歳)
老いる、とはなんでしょうか。決め手の一つは、「見た目」だと思います。自分の顔にシミやシワが多くなれば、老いたと思うでしょう。だとしたら、シミやシワが多ければ、血管も老いているのでは――。実年齢と血管年齢の関係について解説します。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)