食道・気管支炎・肺炎

食道・気管支炎・肺炎

食道炎は、食道の粘膜が炎症を起こし、びらんや潰瘍が見られるものを指します。気管支炎とは、気管支に炎症があり、セキやタンなどの呼吸器症状を引きおこす病気の総称です。喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などが挙げられます。肺炎とは、細菌やウイルスが肺に侵入したことで起こる炎症です。肺胞性肺炎と間質性肺炎に大別されます。このカテゴリは、食道炎、気管支炎、肺炎の原因と対策を紹介する記事一覧ページです。


食道・気管支炎・肺炎の健康情報一覧

【逆流性食道炎】お腹がすくと胃が痛い 胃酸過多や胸のムカつきが改善する健康法

【逆流性食道炎】お腹がすくと胃が痛い 胃酸過多や胸のムカつきが改善する健康法

私はもともと胃腸が弱くて、夏に冷たいものを食べておなかをこわしたり、冬の寒い時期に胃腸の調子が悪くなることがよくありました。胃酸過多の傾向があり、おなかがすくと胃が痛くなります。食べすぎただけでも胃液がゴボッと上がってくるようなことは、しょっちゅうでした。【体験談】佐藤美幸(仮名・主婦・54歳)


【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり、陥入爪も治った!

【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり、陥入爪も治った!

食後の胸やけや、みずおちの辺りが常につかえているような不快感は、思い返せば高校生の頃からありました。医師になってからもそれは続き、物を食べると食道の出口がキューッと締まる感じがしたり、燃えるような感覚もありました。【体験談】花岡篤哉(新南陽整形外科クリニック院長 医師・49歳)


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


空腹時に痛む【逆流性食道炎】糖質制限食で改善し18kg減 薬もやめられた!

空腹時に痛む【逆流性食道炎】糖質制限食で改善し18kg減 薬もやめられた!

医師からは薬を処方され、「この病気とは一生つきあわなくてはいけない」と言われました。そして、「食事は腹6分目まで」「脂っこいもの、甘いものは控える」「食後すぐ横にならない」などの指導を受けました。薬を飲むと痛みはいくぶん和らいだものの、決してらくにはなりません。【体験談】山田花畑(仮名・システムエンジニア・40歳)


【逆流性食道炎】原因は糖質の食べすぎ?糖質制限で改善、再発も予防できる

【逆流性食道炎】原因は糖質の食べすぎ?糖質制限で改善、再発も予防できる

「逆流性食道炎」は、胃に入ったはずの食物が、食道へと逆流する症状をくり返す病気で、胸のムカムカ、胃の痛み、酸っぱいものがこみ上げてくるといった症状に苦しめられます。そのため、人と食事ができなくなる、熟睡できない、集中力の低下などを引き起こし、生活の質が大きく下がります。【解説】江部康二(高雄病院理事長)


【逆流性食道炎】原因は“迷走神経”? 改善には「後頭部のへり」をもむと良い

【逆流性食道炎】原因は“迷走神経”? 改善には「後頭部のへり」をもむと良い

私は、柔道整復師の技術と整体、カイロプラクティック(主に骨格を調整してバランスを整える手技療法)を融合させた独自の治療を行っています。それにより、西洋医学だけでは治りにくい病気や症状を治療していますが、中でも力を入れているのが「逆流性食道炎」です。【解説】古澤孝一郎(古澤接骨院院長)


【逆流性食道炎】吐き気・ムカムカ・食欲不振を改善「後頭部のへりのもみもぐし」のやり方

【逆流性食道炎】吐き気・ムカムカ・食欲不振を改善「後頭部のへりのもみもぐし」のやり方

逆流性食道炎の2大原因は「胃酸過多」と「下部食道括約筋の機能低下」です。この2つは迷走神経の機能低下により引き起こされます。その迷走神経を活発にするのが「後頭部のへりのもみほぐし」です。1日1回、いつ行ってもかまいません。準備体操として、首と肩の筋肉をほぐしておくと効果が高まります。【解説】古澤孝一郎(古澤接骨院院長)


【逆流性食道炎】は「禁煙」で治る!?タバコを吸う人はなりやすいと判明

【逆流性食道炎】は「禁煙」で治る!?タバコを吸う人はなりやすいと判明

「逆流性食道炎」は、胃に入ったはずの食物が食道へと逆流する症状をくり返す病気で、胸のムカムカ、胃の痛み、酸っぱいものがこみ上げてくるといった症状に苦しめられます。そのため、人と食事ができなくなる、熟睡できない、集中力の低下などを引き起こし生活の質が大きく下がります。【解説】藤原靖弘(大阪市立大学大学院医学研究科教授)


【逆流性食道炎】胃酸過多による吐き気やムカムカを改善するには「サイダー」を○○で飲むと良い

【逆流性食道炎】胃酸過多による吐き気やムカムカを改善するには「サイダー」を○○で飲むと良い

逆流性食道炎は、胃からの逆流を防ぐ弁が閉まりにくくなることにより、吐き気や胸のムカつきが起こる病気です。これは、胃腸の調子が悪ければ、誰にでも起こりうることです。サイダーをスプーンで飲むと、ムカムカだけでなく逆流性食道炎自体も改善することがあることです。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院Tomo整骨院総院長)


【逆流性食道炎】ゲップ・吐き気・お腹の張りも?自己診断チェックリスト  点数が高ければ内視鏡検査を

【逆流性食道炎】ゲップ・吐き気・お腹の張りも?自己診断チェックリスト 点数が高ければ内視鏡検査を

「逆流性食道炎」は胃に入ったはずの食物が、食道へと逆流する症状をくり返す病気で、胸のムカムカ、胃の痛み、酸っぱいものがこみ上げてくるといった症状に苦しめられます。そのため、人と食事ができなくなる、熟睡できない、集中力の低下などを引き起こし生活の質が大きく下がります。【解説】藤原靖弘(大阪市立大学大学院医学研究科教授)


【逆流性食道炎とは】QOL(生活の質)の低下をもたらす病気 改善には「生活習慣」の見直しを

【逆流性食道炎とは】QOL(生活の質)の低下をもたらす病気 改善には「生活習慣」の見直しを

「逆流性食道炎」は胃に入ったはずの食物が食道へと逆流する症状をくり返す病気で、胸のムカムカ、胃の痛み、酸っぱいものがこみ上げてくるといった症状に苦しめられます。そのため、人と食事ができなくなる、熟睡できない、集中力の低下などを引き起こし、生活の質が大きく下がります。【解説】藤原靖弘(大阪市立大学大学院医学研究科教授)


【逆流性食道炎の症状】口の中が酸っぱい 咳が出る 喉の違和感 改善ツボの場所と刺激法

【逆流性食道炎の症状】口の中が酸っぱい 咳が出る 喉の違和感 改善ツボの場所と刺激法

「胸やけ、ゲップ、胃もたれ」こうした症状がくり返し起こるとき、一般には、慢性胃炎などの胃の病気ととらえる人が多いでしょう。しかし、もう一つ、注意しなければならない病気があります。それは「逆流性食道炎」です。【解説】孫維良(東京中医学研究所所長)


【名医解説】新しい喘息治療法「気管支サーモプラスティ(BT)治療」とは

【名医解説】新しい喘息治療法「気管支サーモプラスティ(BT)治療」とは

夜中のひどいセキ、運動で呼吸が息苦しくなったり……その症状は、ぜんそくかもしれません。2015年に保険適応となった新しい治療法「気管支サーモプラスティ(BT)治療」についてお話を伺いました。【解説】峯下昌道(聖マリアンナ医科大学病院副院長 呼吸器内科部長)【取材・文】山本太郎(医療ジャーナリスト)


咳が止まらない時に【このツボ】喘息にも効果 薬が効かない息苦しさと発作が改善

咳が止まらない時に【このツボ】喘息にも効果 薬が効かない息苦しさと発作が改善

呼吸器系の症状を訴える患者さんに、私が勧めているのが、ツボ刺激です。止まらない咳、長引く咳、治りにくい喘息の発作に有効なツボは2点。孔最と中府です。私自身も、子供も、ぜんそくに悩まされたことがありますが、ツボ刺激を集中的に実践したところ、半年ほどの間に発作が出なくなりました。【解説】鈴木秀寿(宝寿堂鍼灸治療院院長)


【喘息・COPD対策】呼吸器を鍛える「口すぼめ呼吸」と咳を抑える「ハチミツコーヒー」

【喘息・COPD対策】呼吸器を鍛える「口すぼめ呼吸」と咳を抑える「ハチミツコーヒー」

ぜんそくやCOPDなどの症状があり、呼吸器の機能が慢性的に低下した人には、「口すぼめ呼吸」をお勧めします。また、ハチミツには抗炎症作用があり、薬よりもセキ止めに効果的という医学論文が多数あります。コーヒーはカフェインに気管支拡張作用がありぜんそくの発症リスクを低減するそうです。【解説】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


【逆流性食道炎】咳や痰が出る 息苦しさをツボ刺激で改善 胸ほぐしマッサージ

【逆流性食道炎】咳や痰が出る 息苦しさをツボ刺激で改善 胸ほぐしマッサージ

長く続くセキや息苦しさなど、今ある苦しい状態をすぐに緩和させたいとき、胸ほぐしマッサージはとても役立ちます。息苦しい、咳や痰が止まらないなどの症状が現れたときに、ぜひ実践してみてください。【解説者】芝山豊和(芝山鍼灸整骨院院長)


【体験談】逆流性食道炎の症状 食後の吐き気が"1円玉療法"で改善 薬も不要に

【体験談】逆流性食道炎の症状 食後の吐き気が"1円玉療法"で改善 薬も不要に

一生飲み続けるだろうと思っていた逆流性食道炎の薬を、足に1円玉をはってわずか2週間でやめることができました。私が逆流性食道炎になったのは、8年前の66歳のときです。当時は主人の病気が見つかったり、人間関係のゴタゴタなどが重なり、そうしたストレスにやられたのかもしれません。【体験談】夏木美穂(仮名・主婦・74歳)


間質性肺炎による呼吸困難、咳、痰の症状が改善した、私の健康法はこれ

間質性肺炎による呼吸困難、咳、痰の症状が改善した、私の健康法はこれ

以前は、坂道や階段を上ると、息が切れて一苦労でした。しかし現在、呼吸が楽になったおかげで、坂道をスタスタと上れます。私自身の経験から、笑いヨガは、肺の訓練になる優れた有酸素運動だと思います。【体験談】吉武康之(神奈川県・72歳・元歯科医師)


 【誤嚥性肺炎の予防に】喉仏の位置を上げる「飲みこむ力を鍛える」筋トレ

【誤嚥性肺炎の予防に】喉仏の位置を上げる「飲みこむ力を鍛える」筋トレ

現在も肺炎による死亡者数の増加の勢いは増すばかりです。その肺炎が死亡原因となった人のうち、75歳以上の高齢者の実に7割以上を占めるのが、「誤嚥性肺炎」です。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)


【酢ショウガの効能】私は納豆と一緒に 喘息の息苦しさが緩和 コレステロール値も改善

【酢ショウガの効能】私は納豆と一緒に 喘息の息苦しさが緩和 コレステロール値も改善

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)