医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

股関節の痛み

股関節の痛み

股関節は鼠径部(足の付け根)にあるので、最初は、立ち上がる際や歩き始めに、足の付け根に痛みを感じます。股関節症が進行すると、頭痛や肩こりなど全身の不調につながっていきます。適切な運動療法やストレッチで改善することもあります。保存療法で症状が取れない場合は、手術療法となります。関節の変形がすすんでいる場合は、人工股関節手術の適応となります。

股関節の痛みに関連するキーワード

股関節痛 貧乏ゆすり 軟骨再生 ジグリング
>>股関節の痛みに関連するキーワード一覧

股関節の痛みの健康情報一覧

【変形性股関節症】貧乏ゆすりですり減った軟骨が再生!「杖」不要のお墨付きも

【変形性股関節症】貧乏ゆすりですり減った軟骨が再生!「杖」不要のお墨付きも

思った以上に病状は悪いものでしたが、それでも私は手術を避けたいと思いました。効果が確認できたのは3年後でした。井上先生が驚きつつ、私にレントゲンを見せてくださったときのことは、今もはっきり覚えています。その写真には、軟骨の再生が推察できる黒い線が映っていました。【体験談】田中泰子(主婦・72歳)


股関節の痛みを体操で改善!姿勢矯正ではなく“ねじれを取る”軸ピタ体操とは?

股関節の痛みを体操で改善!姿勢矯正ではなく“ねじれを取る”軸ピタ体操とは?

体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)


脊柱管狭窄症の「足裏の違和感」が解消!ゆうきプログラムで股関節痛が改善した

脊柱管狭窄症の「足裏の違和感」が解消!ゆうきプログラムで股関節痛が改善した

特に気に入ったのが「ひざ頭の8の字ゆらし」です。これを行うと股関節がほぐれるのがはっきりわかりました。変化を実感しながら取り組んだことがよかったのか、効果はあっという間に現れました。ゆうきプログラムを始めて1ヵ月たった頃には、歩くときの痛みがなくなりました。【体験談】横山久美(パート勤務・47歳)


【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

「1ヵ月入院して足にかかる負荷をなくし、集中的に貧乏ゆすりをやってみてはどうか」と提案を受けました。私はその勧めに従うことにしたのです。レントゲンで確認した結果、この1ヵ月の努力は実を結んでいました。軟骨が再生していて、股関節と臼蓋の間にはすき間ができていたのです。【体験談】阿部大輔(仮名・会社員・39歳)


改善率94%!さらに進化した「ゆうきプログラム」で変形性股関節症の手術回避も望める

改善率94%!さらに進化した「ゆうきプログラム」で変形性股関節症の手術回避も望める

ゆうきプログラムがスタートして35年。ゆうきプログラムは、変形性股関節症を「治す」ものではありません。「手術を先延ばしにするための、猶予期間をつくる運動」と捉えてもよいでしょう。あわよくば、寿命を迎えるそのときまで、手術を回避できる可能性だって、大いにあるのです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【貧乏ゆすりの効果】変形性股関節症のすり減った軟骨が再生する唯一の方法

【貧乏ゆすりの効果】変形性股関節症のすり減った軟骨が再生する唯一の方法

カナダの整形外科医・ソルター博士は、24時間動き続ける肋椎関節と胸肋関節には関節症が起こらないことに着眼しました。そして関節の可動域を広げるCPMを使って、ウサギのひざの関節軟骨が再生することを証明したのです。私たちは、それを股関節にも応用できないかと考えました。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


足の痛みが引いていく「甘い物断ち(糖質制限)」の効果 足底筋膜炎も改善

足の痛みが引いていく「甘い物断ち(糖質制限)」の効果 足底筋膜炎も改善

甘い物断ちがこれほど効果的なのは、過剰な糖質によって炎症が起こりやすく、かつ、炎症が鎮まりにくくなるからです。糖質を控えるだけで、炎症を抑える作用を持つγ‐リノレン酸の働きもよくなるため、相乗効果で痛みが引いていくと考えられます。治療の一環として、甘い物を控えてみてください。【解説】土井亮介(足の痛みの治療院院長)


耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴をもんでもらったら、ぼんやりとした塊だった物が、文字として鮮明に見えたのです。ビックリしました。もっと驚いたのは、短かった左足が伸び、両足の長さがそろったことです。足の長さがそろうと、体への負担が違います。肩や首の疲れ、股関節痛、腰痛が軽くなってきました。【体験談】奥村眞理子(自営業・53歳)


【体験談】ひざ裏伸ばしが効果!股関節痛が楽になって四国八十八ヵ所踏破

【体験談】ひざ裏伸ばしが効果!股関節痛が楽になって四国八十八ヵ所踏破

股関節痛は、特に座っていてイスなどから立ち上がった直後が痛みました。立ち上がってしばらくは、中腰のままでじっとして痛みが治まるのを待たなければ歩き出せませんでした。ひざと股関節の痛みがらくになったのは、ひざ裏伸ばしを始めて半年もたっていなかった頃だと思います。【体験談】山本シズエ(元小学校教諭・88歳)


【寝るだけなのに】股関節と腰の痛みが改善!「エゴスキュー体操」とは

【寝るだけなのに】股関節と腰の痛みが改善!「エゴスキュー体操」とは

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

現在、ゆうきプログラムの運動法は、300種類を超えています。その運動はすべて、靱帯や筋肉の拘縮をほぐし、それに伴う筋肉のアライメントのくずれを改善することにあります。さらに、さまざまな角度から症状の改善にアプローチしています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

「五つの基本運動」と、「股関節の痛みを和らげる運動」「股関節の可動域を広げる運動」をそれぞれ一つずつ、合計七つの運動を紹介します。変形性股関節症に悩んでいるかたは、必ずこの基本運動を行ってください。基本運動を毎日行うだけで、顕著な改善効果を得られたかたもめずらしくありません。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【体験談】くり返す股関節痛を自己メンテで改善!足づかみ体操で足指が動く

【体験談】くり返す股関節痛を自己メンテで改善!足づかみ体操で足指が動く

腰が痛み始めると股関節の痛みが強くなり、その後、ひざ、すねまで痛みとしびれが広がります。すねがしびれたら、どの体勢をしていても痛くて、生活に支障を来すほどでした。足づかみ体操をして半年もたった頃、小指と薬指の感覚が戻ってきたのです。1年たった現在では指に力を込められるまでになりました。【体験談】水谷敦美(主婦・36歳)


【股関節痛、ひざ痛が改善】患部の緊張を緩めて痛みを取る「かかとの8の字ゆらし」

【股関節痛、ひざ痛が改善】患部の緊張を緩めて痛みを取る「かかとの8の字ゆらし」

関節症の改善には、筋力強化が大切とよくいわれますが、私はこれも間違いだと思います。大切なことはまず、緊張している靭帯と関節包を緩めること。そうすれば痛みが和らぎ、体は自然と動くようになります。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


 かかと体重ウォーキングで、痛くて歩けない【股関節の変形】が改善

かかと体重ウォーキングで、痛くて歩けない【股関節の変形】が改善

足が痛み、整形外科を受診したところ、先天性の「臼蓋形成不全」による変形性股関節症と診断されました。臼蓋形成不全とは、大腿骨の骨頭が、骨盤側のくぼみに、うまくはまっていない状態だそうです。そんな時、教えていただいたのが、かかとに体重をかけることを重視した歩き方でした。【体験談】塩原まゆみ(仮名・東京都・46歳会社員)


【変形性股関節症の最新手術】キアリ骨盤骨切り術は関節温存手術

【変形性股関節症の最新手術】キアリ骨盤骨切り術は関節温存手術

変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


お尻の横が痛い、内ももが痛む はマッサージで改善!

お尻の横が痛い、内ももが痛む はマッサージで改善!

股関節痛の正体は、お尻の筋肉のこりや太腿の筋肉のこりが原因のことが多いのです。股関節が痛いと感じるので、いかにも股関節そのものが痛むように感じてしまいますが、お尻や太ももの筋肉を「股関節ほぐし」でもみほぐせば、痛みは改善することが多いのです。【解説】松本正彦(松本深圧院グループ代表・理学療法士) 


股関節痛や腰痛は 相撲の「腰割り」で解消 ヒップアップ効果もある

股関節痛や腰痛は 相撲の「腰割り」で解消 ヒップアップ効果もある

私が腰割りに着目したきっかけは、「骨盤の後傾」という点にあります。現代人は骨盤が後ろに傾いている人が多く、それが全身のさまざまな痛みや障害の要因にもなっているのです。股関節痛のみならず、ひざ痛や腰痛、肩こりなども、骨盤の後傾からきている場合が少なくありません。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)