高血圧

高血圧

高血圧とは、血管に過度な圧力がかかっている状態を指します。食生活の欧米化や高齢化に伴い、患者数は増加傾向で、日本人の3人に1人が高血圧だともいわれています。高血圧の状態が長く続くと、心臓はしだいに肥大し、血液を全身に送り出す機能が低下、脳の血管が破裂して脳出血を起こすリスクも高まります。そんな「国民病」ともいえる高血圧の改善に役立つ記事の一覧ページです。

高血圧に関連するキーワード

心不全
>>高血圧に関連するキーワード一覧

高血圧の健康情報一覧

【高血圧】体がかたい人は血管もかたい?動脈硬化を改善する「血管ストレッチ」

【高血圧】体がかたい人は血管もかたい?動脈硬化を改善する「血管ストレッチ」

私たちの体を構成する器官のうち、その多くは、加齢によって一度衰えてしまえば若返ることはできません。しかし、なかには例外もあります。適切な方法を用ることで、衰えを防ぎ若返らせることができる器官の一つが、血管です。【解説】家光素行(立命館大学スポーツ健康科学部教授・医学博士)


【動脈硬化の原因】体内では「静電気」による落雷が起こっていた 溜まるとどんな症状が出る?除去方法は?

【動脈硬化の原因】体内では「静電気」による落雷が起こっていた 溜まるとどんな症状が出る?除去方法は?

「ピカッ」と落ちてくる落雷とほとんど同じ現象が、私たちの体の中でも起こっているのです。この雷の正体とは実は「静電気」です。例えば、血流が血管壁をこすったり、赤血球と白血球がぶつかり合ったりする、あるいは呼吸をすれば気管内で、ものを食べれば消化管内で摩擦が生じて起こります。【解説】堀泰典(医学博士・歯学博士・薬学博士)


【名医も愛飲】利尿作用で血圧を下げる「黒豆の煮汁」はちょいメタボにお勧め!

【名医も愛飲】利尿作用で血圧を下げる「黒豆の煮汁」はちょいメタボにお勧め!

私が黒豆の煮汁をお勧めしたいのは、やや太めで運動不足、血圧やコレステロールが少し高めの、「ちょいメタボ」の人です。メタボリックシンドロームとは腹囲が男性なら85cm、女性なら90cm以上で、血糖値、血圧、コレステロール(脂質)のうちの二つが基準値より高めの状態をいいます。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)


【ホットトマトジュース】動脈硬化を防ぐ「リコピン」は温めてオリーブオイルを加えて朝飲むのが良い!

【ホットトマトジュース】動脈硬化を防ぐ「リコピン」は温めてオリーブオイルを加えて朝飲むのが良い!

野菜の食べ方として、皆さんがまず思い浮かべるのは、サラダではないでしょうか。しかし、私は野菜を生で食べるより、調理して食べることをお勧めします。 そして、なにより私が調理して食べることを強くお勧めしたい野菜が、トマトです。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部教授) 


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【血圧が下がる】降圧剤を処方されるほどの血圧が「耳ひっぱり」で改善!

【血圧が下がる】降圧剤を処方されるほどの血圧が「耳ひっぱり」で改善!

私は2016年に、頭がボーッとしたり、ふらついたりするようになりました。不安に思って診療所で診てもらったところ、最大血圧が150〜160mmHg(正常値は最大血圧140mmHg未満、最小血圧90‌mmHg未満)あることがわかりました。【体験談】水門常治(理容師・81歳)


【動脈硬化の予防・改善】健康常備食「タマネギのオイル漬け」の作り方

【動脈硬化の予防・改善】健康常備食「タマネギのオイル漬け」の作り方

タマネギは優れた薬効を持つ食材ですので、積極的にとりたいところですが、毎日、皮をむいて切るところから始めるのは、手間がかかります。タマネギをある程度、下ごしらえした状態で、常備しておくと便利でしょう。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)


【高血圧の塩分制限】私が極端な減塩をお勧めしない理由「時間栄養学」に基づいた減塩のコツとは

【高血圧の塩分制限】私が極端な減塩をお勧めしない理由「時間栄養学」に基づいた減塩のコツとは

塩分濃度の高い食事を過剰にとると、浸透圧の関係で血管内に水分が取り込まれ、血液量が増えます。すると、血管への圧力が高まるので、「高血圧」となるわけです。ただ私は、一概に「高血圧には絶対減塩」とはいえないと考えています。【解説】加藤秀夫(東北女子大学学部長・県立広島大学名誉教授)


高血圧や糖尿病をの予防改善に役立つ「玉ねぎ」のニオイ成分 薬効を高める「ひと手間」とは?

高血圧や糖尿病をの予防改善に役立つ「玉ねぎ」のニオイ成分 薬効を高める「ひと手間」とは?

タマネギに含まれる食物繊維やオリゴ糖には、整腸作用があります。便秘の解消はもちろん、ダイエットの手助けにもなるでしょう。安価で身近なのに、多彩な効果を得ることができるタマネギ。ぜひ毎日食べて、健康づくりに役立ててください。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長・東海大学名誉教授)


【演歌歌手・北山たけしさん】血圧やお通じに効果を発揮!北島一家の食卓に欠かせない「玉ねぎ」

【演歌歌手・北山たけしさん】血圧やお通じに効果を発揮!北島一家の食卓に欠かせない「玉ねぎ」

北島家のタマネギ熱に火がついたのは、おそらく2011年ごろだったと思います。当時、加熱したタマネギをペースト状にして凍らせた物を、さまざまな料理に使う健康法が、ブームになっていたのです。もともとタマネギが好きだった北島家の女性陣は、この食べ方を気に入り、早速とり入れました。【体験談】北山たけし(歌手)


【高血圧改善】「玉ねぎの皮」には栄養成分「ケルセチン」がたっぷり!めまいやほてりの症状が良くなる効果

【高血圧改善】「玉ねぎの皮」には栄養成分「ケルセチン」がたっぷり!めまいやほてりの症状が良くなる効果

タマネギをとると、平肝作用により、気がスムーズに流れます。頭に上った気が下がるので、血液の流れもよくなり、高血圧や糖尿病、動脈硬化、脂質異常症といった、血液に関連した生活習慣病が改善に導かれます。【解説】三浦於菟(東邦大学医療センター大森病院東洋医学科客員教授・吉祥寺東方医院院長)


【納豆の血栓溶解効果】納豆は血栓を溶かす唯一の食べ物!ナットウキナーゼの作用

【納豆の血栓溶解効果】納豆は血栓を溶かす唯一の食べ物!ナットウキナーゼの作用

動脈硬化を改善し高血圧を予防する納豆。血液をサラサラにして、血栓(血の塊)ができるのを予防する食品は、数多くあります。タマネギやニンニク、イワシやサバなど青魚がよく知られています。しかし、できてしまった血栓を溶かす食品は、現在のところ、納豆だけしか確認されていません。【解説】二宮淳一(心臓血管外科名誉専門医)


【3種の酢で実験】血圧を下げるには「穀物酢」が最適!加熱で降圧作用がさらにアップする

【3種の酢で実験】血圧を下げるには「穀物酢」が最適!加熱で降圧作用がさらにアップする

「酢は体にいい」というイメージを持つ人は多いと思います。よく聞くのは、「血圧を下げる」「内臓脂肪を減らす」などの健康効果ではないでしょうか。実際、2001年には、食酢に含まれる酢酸に、血圧の上昇を抑制する作用があることが報告されています。【解説】森永八江(山口大学教育学部講師)


ワキのツボが心臓機能を高める!もめば高血圧改善、疲労回復に効果!狭心症予防にも

ワキのツボが心臓機能を高める!もめば高血圧改善、疲労回復に効果!狭心症予防にも

わきの動脈やツボを刺激する「わきもみ」をすると気持ちが落ち着いて熟睡でき、疲れも取れます。「ひどく疲れたな」と感じたときに是非試してみてください。疲労回復効果をより実感できるでしょう。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


【高血圧の解消】やり方簡単!血圧が下がる「耳輪ゴム」で耳鳴りや肩こりもたちまち解消

【高血圧の解消】やり方簡単!血圧が下がる「耳輪ゴム」で耳鳴りや肩こりもたちまち解消

耳輪ゴムが、高血圧の解消に有効だとわかったのです。耳輪ゴムは、どのご家庭にもある輪ゴムを耳に巻くだけ。とても簡単な健康法ですから、気軽にお試しいただければ幸いです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【酢納豆で高血圧を改善】血圧を下げる効果 内臓脂肪を減らし血糖値の上昇も抑える

【酢納豆で高血圧を改善】血圧を下げる効果 内臓脂肪を減らし血糖値の上昇も抑える

酢と納豆には、それぞれ多くの効能効果がありますが、その代表的なものが血管への効果、血圧の降下作用でしょう。酢の主成分である酢酸は、血圧上昇にかかわるレニン・アンジオテンシン系というホルモンの調節機構を緩やかに抑制するのです。ここでは、酢納豆の作り方と食べ方をご紹介します。【解説者】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


「薬やめる科」の医師が解説 降圧剤の副作用と無駄な薬の減らし方

「薬やめる科」の医師が解説 降圧剤の副作用と無駄な薬の減らし方

降圧剤には、そのほかに肝障害、黄疸、頭痛、めまい、ふらつき、動悸、心不全、むくみ、貧血、歯茎の腫れなど、さまざまな副作用があります。私は、薬が全く必要ないとはいいません。ただし、無駄な薬の処方や、過剰な薬の処方が、体にとって毒になることを、知ってほしいと思います。【解説者】松田史彦(松田医院和漢堂院長)


【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

年齢のわりに健康で、薬もほとんど飲まない私の唯一の悩みが、コレステロール値が高いことでした。70歳を過ぎた頃から、健康診断のたびに、悪玉コレステロール(LDL)が170mg/dlと、基準値(140mg/dl未満)よりかなり高い状態が続いていたのです。【体験談】寺本由美子(主婦・77歳)


【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

和温療法を行うと、全身の血管機能が改善し、動脈・静脈が拡張して血管抵抗が低下するため、心臓の負担が軽減し、血液を大動脈へ送り出しやすくなります。その結果、心拍出量が増加するので、心不全の改善にうってつけの療法です。【解説】鄭忠和(和温療法研究所所長・獨協医科大学特任教授)