医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

高血圧

高血圧

高血圧とは、血管に過度な圧力がかかっている状態を指します。食生活の欧米化や高齢化に伴い、患者数は増加傾向で、日本人の3人に1人が高血圧だともいわれています。高血圧の状態が長く続くと、心臓はしだいに肥大し、血液を全身に送り出す機能が低下、脳の血管が破裂して脳出血を起こすリスクも高まります。そんな「国民病」ともいえる高血圧の改善に役立つ記事の一覧ページです。

高血圧に関連するキーワード

心不全
>>高血圧に関連するキーワード一覧

高血圧の健康情報一覧

【玄米菜食】塩分控えめでも超おいしい!マクロビオティックで高血圧対策

【玄米菜食】塩分控えめでも超おいしい!マクロビオティックで高血圧対策

高血圧の人には、肉や魚を豊富にとる現代の食事は塩分過多になりがち。でも塩分控えめの食事はどうも。そういうかたにピッタリなのが、このレシピ。玄米菜食をベースにしたマクロビオティックの調理法で、塩分控え目でも美味しく召しあがれます。【料理・解説】中美恵(マクロビオティック料理研究家・mie'sレシピクッキングサロン主宰)


突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


【コーヒーは血圧を下げる飲み物】高血圧対策・血管の老化予防にお勧め!

【コーヒーは血圧を下げる飲み物】高血圧対策・血管の老化予防にお勧め!

食後のコーヒーは、高血圧に効果があり、血管を若々しく保ち、さらに動脈硬化を予防することができます。高血圧を改善するためには、食事では減塩する、運動を心がけるなど、日常生活が大事です。ここでは、食事の工夫の一つとして、コーヒーをお勧めしたいと考えています。【解説】 高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター教授)


【タマネギ氷の作り方】1個でたった9kcal!万能うまみ調味料が糖尿病を撃退

【タマネギ氷の作り方】1個でたった9kcal!万能うまみ調味料が糖尿病を撃退

タマネギを1日に50g摂取すると、糖尿病の予防・改善に有効であることがわかっています。でも生のタマネギは大きかったり小さかったりで、調理のたびに計量するのはめんどうですよね。タマネギ氷なら、1ブロック25㎖の製氷皿で作れば、2個でちょうどタマネギ50gに相当します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【血圧を下げる】玉ねぎの健康効果と薬効を高めるコツ(切り方・食べ方・選び方)

【血圧を下げる】玉ねぎの健康効果と薬効を高めるコツ(切り方・食べ方・選び方)

私はこれまで、さまざまな食品の効能を研究してきました。その中で出会ったのがタマネギです。私が行ったマウス(実験用のネズミ)を使った実験では、タマネギに血圧を下げる働きがあることを確認しました。【解説】斎藤嘉美(介護老人保健施設むくげのいえ施設長、元東京大学医学部講師)


【お酢と牛乳】血圧が下がる効果 牛乳にリンゴ酢を入れて飲むのがお勧め

【お酢と牛乳】血圧が下がる効果 牛乳にリンゴ酢を入れて飲むのがお勧め

お酢には、血圧降下作用のほかにも、内臓脂肪の減少、血糖値上昇の緩和、疲労回復、便秘解消などの効果があります。私がお勧めしているのが「酢牛乳」です。牛乳と酢を混ぜると、酸によるたんぱく変性が起こり、ヨーグルトのようなドロッとした食感に変わります。【解説】小泉幸道(東京農業大学副学長・応用生物科学部醸造科学科教授)


【高血圧の薬】降圧剤を飲むべきガイドラインは?世界基準は?

【高血圧の薬】降圧剤を飲むべきガイドラインは?世界基準は?

中高年者の場合、血圧が基準値を超えたら、直ちに降圧剤を飲むほうが体のためによいのでしょうか。それとも、降圧剤を飲む前に行うべきことがあるのでしょうか。この問題を考える参考に、私たちが行った大規模追跡調査をご紹介しましょう。【解説】星旦二(首都大学東京名誉教授・放送大学客員教授)


「薬やめる科」の医師が解説!降圧剤をやめて血圧を自然に下げる方法

「薬やめる科」の医師が解説!降圧剤をやめて血圧を自然に下げる方法

私のクリニックに、「薬やめる科」を創設すると、大きな反響がありました。薬漬けの医療に疑問を抱く患者さんや、薬をやめられずに苦しんでいる患者さんが、たくさんいらっしゃるということがわかってきたのです。【解説】松田史彦(日本自律神経免疫治療研究会会員・松田医院和漢堂院長)


「早歩き」と「ゆっくり歩き」を交互に繰り返すと、なぜ痩せるのか?

「早歩き」と「ゆっくり歩き」を交互に繰り返すと、なぜ痩せるのか?

私が考案した「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。それ以来、何度かテレビで紹介されているので、ご存じのかたもいらっしゃるでしょう。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科教授)


【高血圧の新常識】血圧はあまり気にし過ぎてはダメ!

【高血圧の新常識】血圧はあまり気にし過ぎてはダメ!

読者の皆さんのなかには、血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、私は医師として、それはあまり意味がないと断言します。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)


【血圧が高め160~170】首のココを押すと血圧が下がる 降圧剤の副作用も回避

【血圧が高め160~170】首のココを押すと血圧が下がる 降圧剤の副作用も回避

首のスジを押し、体を温めて、首の後ろのコリを解消することで、さまざまな病気や病状が治ります。首のスジを押すことは、高血圧を改善するのにも威力を発揮します。私は、これまで患者さんに実際に試して、多くの人の血圧が下がった例を見てきました。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【カカオの健康効果】血圧を下げるチョコレートの種類、食べ方はこれだ!

【カカオの健康効果】血圧を下げるチョコレートの種類、食べ方はこれだ!

近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(東京医科大学病院循環器内科助教)


【大学教授の健康法】私の血圧が下がったのは「インターバル速歩」のおかげ

【大学教授の健康法】私の血圧が下がったのは「インターバル速歩」のおかげ

私は、70歳を迎えたころから、最大血圧が160mmHgを超えてしまいました。血圧には前科があり、これまで何度か高血圧を指摘されたことがあります。【解説】西條一止(筑波技術短期大学元学長・筑波技術大学名誉教授)


【医師取材】湯たんぽで二の腕を温めると〇〇が下がる――知ってましたか?

【医師取材】湯たんぽで二の腕を温めると〇〇が下がる――知ってましたか?

私のクリニックには、複数の医療機関を受診しても病気や症状が改善しなかった人たちが、多く訪れます。こうした患者さんを診察すると、決まって体が冷えています。そこで、私は、どんな病気の患者さんに対しても、まずは体の冷えを取ることを勧めています。【解説】班目健夫(日本自律神経免疫治療研究会理事・青山・まだらめクリニック院長) 


【歯科医】口呼吸から鼻呼吸にすると高血圧にも好影響を与えるってホント?

【歯科医】口呼吸から鼻呼吸にすると高血圧にも好影響を与えるってホント?

大人でも子供でも、口で呼吸をしている人が非常にふえています。口呼吸は虫歯や歯周病、歯並びの悪化という口腔内の問題だけでなく、全身の健康にも多大な悪影響を及ぼすのです。【解説】松見哲雄(日本自律神経免疫治療研究会会員・松見歯科院長)


【高血圧の改善方法ベスト5】血圧を下げる簡単ワザを医師が解説!

【高血圧の改善方法ベスト5】血圧を下げる簡単ワザを医師が解説!

高血圧を改善させる名医直伝!飲んで、もんで、ゆらして撃退!血圧が下がる五箇条を公開。今回紹介するのは、朝から晩までの生活シーン別に役立つ、高血圧対策です。簡単でズボラな人でもすぐ実行に移せるものを五つ選びました。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学東医療センター内科准教授)