病気や症状の改善に役立つ健康情報サイト

めまい・メニエール病

めまいやメニエール病の改善に役立つ記事一覧ページです。


めまい・メニエール病の健康情報一覧

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


肝と腎を強化し気血の流れを よくする黒ゴマ酒でめまいが 治り肌も髪も若返った

肝と腎を強化し気血の流れを よくする黒ゴマ酒でめまいが 治り肌も髪も若返った

漢方では、めまいを「眩暈」と言います。眩は目の前が暗くなること、暈は体がゆらゆら揺れるさまを示します。【解説】井上正文(前橋・小暮医院 漢方相談室)


めまいにはカレーが効く! 多様なスパイスが血行をよくし 自律神経の働きを改善

めまいにはカレーが効く! 多様なスパイスが血行をよくし 自律神経の働きを改善

「カレーは日本の国民食」と言われるほど、日本人はカレー好きです。私もカレーをよく食べますが、実はカレーはおいしいだけでなく、他に類を見ない健康食なのです。カレーがもたらす、さまざまな健康効果の一つに、「めまいの改善」があります。【解説】丁 宗鐵(日本薬科大学学長 百済診療所院長)


耳の水はけをよくし血管を 強くするビールと豆乳は メニエール病を治す特効飲料

耳の水はけをよくし血管を 強くするビールと豆乳は メニエール病を治す特効飲料

メニエール病の症状の改善にお勧めしたいのが、ビールと豆乳です。なぜこの二つの食品がメニエール病の予防・改善によいのか、一つずつ説明しましょう。【解説】二木隆(二木・深谷耳鼻咽喉科医院・めまいクリニック理事長)


頭がクラクラしてイライラを 伴うめまいが解消し  口臭も消えた秘訣はゆでモヤシ

頭がクラクラしてイライラを 伴うめまいが解消し 口臭も消えた秘訣はゆでモヤシ

めまいにお勧めなのが、ゆでモヤシです。モヤシは体内の余分な熱を取り、よどみがもたらす不要物の毒を解毒する作用があります。【解説】井上正文(前橋・木暮医院 漢方相談室)


酢タマネギには薬と同様に 血圧を下げる成分が含まれ めまいの軽減にも役立つ

酢タマネギには薬と同様に 血圧を下げる成分が含まれ めまいの軽減にも役立つ

酢タマネギには、内耳など耳の奥の血管を強くし、血流をよくしてめまいに働きかける効果も期待できます。齋藤嘉美(元東京大学医学部講師、介護老人保健施設 むくげのいえ施設長)


酢タマネギでめまいと耳鳴りが解消し夫は160あった 血圧が130に下がった

酢タマネギでめまいと耳鳴りが解消し夫は160あった 血圧が130に下がった

酢タマネギを食べて、ちょうど1ヵ月です。家庭用の血圧計で測ってみると、夫婦ともに最大血圧が130㎜Hg台で正常値になっていたのです。最小血圧は2人とも90㎜Hg前後です。【体験談】酒田文子(仮名・主婦・47歳) 


神経内科医が考案の  手の小指シップがめまい、 耳鳴り、不眠に効くと大人気

神経内科医が考案の 手の小指シップがめまい、 耳鳴り、不眠に効くと大人気

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案しました。それ以来、多くの患者さんに小指シップを試してもらい、その効果を検証してきました。【解説】安田譲(安田医院院長)


原因不明のフワッと浮くような めまいが小指シップで消え 冷たい手足もポッカポカ

原因不明のフワッと浮くような めまいが小指シップで消え 冷たい手足もポッカポカ

動いたときに体がついてきていないような違和感を、ときどき感じるようになったのは、3〜4年ほど前のことです。【体験談】永木亜希子(主婦・37歳)


グルグル回るつらいめまいが 1円玉を首や手にはるだけで 消えたと喜びの声多数

グルグル回るつらいめまいが 1円玉を首や手にはるだけで 消えたと喜びの声多数

私は、めまいの多くは、首の骨(頸椎)に原因があると考えています。不安や緊張などの精神的なストレスが加わると、首の筋肉が硬くなって動かしにくくなります。この状態が長く続くと、頸椎にゆがみが生じるようになります。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


ショウガ紅茶は内耳の血流を 促し平衡感覚の乱れを直す 〝めまいの特効薬〟と判明

ショウガ紅茶は内耳の血流を 促し平衡感覚の乱れを直す 〝めまいの特効薬〟と判明

めまいや耳鳴りの治療では、内耳の血流をよくする血管拡張薬や血流促進薬を処方します。しかし、薬に頼らずに、家庭で簡単に症状を解消できる方法があります。それは、毎日欠かさずショウガを取ることです。【解説】竹腰昌明(竹腰耳鼻咽喉科医院院長)


めまいを起こさない生活の 要点は「ラジオ体操、水分摂取、 快便、ストレス対策」

めまいを起こさない生活の 要点は「ラジオ体操、水分摂取、 快便、ストレス対策」

めまいを改善、予防する上で、もっとも重要なのは、食生活や運動といった生活習慣の改善です。そして、2番目が自己節制、3、4がなくて5が薬です。どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


黒豆の研究を30年続けた 医師が断言!黒豆の煮汁は 長寿の妙薬でめまいにも効く

黒豆の研究を30年続けた 医師が断言!黒豆の煮汁は 長寿の妙薬でめまいにも効く

実際に、黒豆の煮汁を飲んで、目や耳の症状が改善したり、歯が丈夫になったり、白髪が黒くなったりという例は、たくさん報告されています。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


めまいを防ぐ食事の三原則は 耳の血管の動脈硬化を撃退する 「魚菜食・減塩・低糖質」

めまいを防ぐ食事の三原則は 耳の血管の動脈硬化を撃退する 「魚菜食・減塩・低糖質」

めまいを起こさないようにするには、日々の食事に気をつけることも大切です。具体的には、動脈硬化を防ぐ食事を心がけるとよいでしょう。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


首こりによるめまい患者の 約8割が効果を実感した 首の3点押しのやり方

首こりによるめまい患者の 約8割が効果を実感した 首の3点押しのやり方

私は、首こりを医院で治療するほか、「首の3点押し」など、自宅でできる方法も指導しています。その結果、今までどんな治療を施しても、改善がみられなかった患者さんでも、1ヵ月以内に治療効果を得ています。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム 入野医院院長)


めまい患者の9割は 首がこっている!原因は 姿勢の悪さ、ストレス、疲労

めまい患者の9割は 首がこっている!原因は 姿勢の悪さ、ストレス、疲労

大阪府にある私のクリニックには、府内のみならず、全国からめまいで悩む患者さんが訪れます。その症状や原因は多岐にわたり、それぞれの複合例も含めると、めまいの診断や治療は、とても複雑です。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム 入野医院院長)


メニエール病のめまいの原因は 自律神経の乱れ! 「呼吸法」でめまいが続々改善

メニエール病のめまいの原因は 自律神経の乱れ! 「呼吸法」でめまいが続々改善

長年、メニエール病をはじめとするめまいの患者さんと接するうちに、私は興味深い点に気付きました。患者さんの多くが、肩と胸を上下させる浅い胸式呼吸をしていたのです。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


最も多い頭位めまい症が 自分で治せると大好評! 専門医が考案の「寝返り運動」

最も多い頭位めまい症が 自分で治せると大好評! 専門医が考案の「寝返り運動」

めまいの約半数は、良性発作性頭位めまい症によるものです。このめまいは、自分である程度は改善できます。【解説】肥塚 泉(聖マリアンナ医科大学教授)


めまいは現代人の全身病! 危険なめまいの特徴と 受診のポイントを知れば怖くない

めまいは現代人の全身病! 危険なめまいの特徴と 受診のポイントを知れば怖くない

めまいが起こったとき、それが危険なめまいなのか、危険でないのか。それは、めまいの現れ方で、ある程度は推し量ることができます。そこでまず、めまいのタイプからお話ししましょう。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


めまいは自力で治せる! 20万人の患者に著効の 小脳を鍛える「めまいリハビリ」

めまいは自力で治せる! 20万人の患者に著効の 小脳を鍛える「めまいリハビリ」

めまいリハビリとは、目を動かす、足踏みをするなどして体を動かし、小脳を鍛えるものです。めまいに悩む患者さんは、安静を心がけかちですが、めまいは寝ていては治りません。【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)


ランキング


>>総合人気ランキング