めまい・メニエール病

めまい・メニエール病

「めまい」とは、「グルグル回っているように感じる」「フワフワしたところを歩いているように感じる」「頭がグラグラする」といった症状の総称で、その原因はさまざまです。なかでも回転性めまいを伴う「メニエール病」があります。内耳の内リンパ液の異常が原因で起こり、激しいめまいのほか、耳鳴りや難聴も伴うことがあります。このカテゴリは、めまい、メニエール病の改善に関する記事を紹介しています。

めまい・メニエール病に関連するキーワード

めまい症 めまいリハビリ メニエール病の症状
>>めまい・メニエール病に関連するキーワード一覧

めまい・メニエール病の健康情報一覧

【めまいの専門医】メニエール病と似た症状「良性発作性頭位めまい症」とは ― 9割が治る簡単な治し方

【めまいの専門医】メニエール病と似た症状「良性発作性頭位めまい症」とは ― 9割が治る簡単な治し方

メニエール病は、治りにくい原因不明の病気です。難聴、耳鳴り、耳閉感などの症状があり、さらに、めまいの発作が反復して起こっていると、たいていの耳鼻科では、メニエール病と診断します。しかし、それは誤診です。メニエール病に似た症状を持つめまいの病気があるのです。【解説】高橋正紘(めまいメニエール病センター院長)


【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

口内フローラの悪化は歯周病や虫歯といった口腔内の病気を招くだけではありません。高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴りやめまい、肩こり、頭痛、倦怠感といった不定愁訴まで実にさまざまな不調の原因となるのです。この口内フローラを清潔に保ってくれるのが、唾液の役割です。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


めまい・立ちくらみが改善 原因不明のひざ裏の違和感も消失した「オクラ水」

めまい・立ちくらみが改善 原因不明のひざ裏の違和感も消失した「オクラ水」

私は、原因不明の立ちくらみによる、瞬間的なめまいに悩まされていました。私は理学療法士なので、患者さんのリハビリの最中にふらつくと困ります。そのうち、立ち上がるのが怖くなってしまったのです。そんな中、知人に勧められたのが「オクラ水」です。【体験談】松田美衣(大阪府・44歳・理学療法士) 


耳鳴り・めまいの原因は「顎のゆがみ」 ― 蒸しタオルで改善!頭痛も楽になった

耳鳴り・めまいの原因は「顎のゆがみ」 ― 蒸しタオルで改善!頭痛も楽になった

あごの骨格がゆがんでいると、耳の内部に流れるリンパ液が滞り、耳たぶの後ろにあるリンパ節が詰まってきます。そのうえ、血流も悪くなり、耳の各器官に血液がじゅうぶんに行き渡らなくなります。これらが原因で、耳鳴りやめまいが引き起こされるといえます。【解説】板坂浩志(ひろ整骨院院長)


めまい・耳鳴りを改善する【手のもみ方】

めまい・耳鳴りを改善する【手のもみ方】

めまいと耳鳴りは、頭へ流れる血流が滞ることで症状が現れやすくなります。頭の反射区は、両手の手のひら側と甲側に2本ずつあります。反射区のしこりを見つけても無理に押さずに、ゆっくりと解きほぐすようにもんでいきましょう。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


医師解説【メニエール病とは】初期症状「めまい」は治療薬不要で、この呼吸法が効く

医師解説【メニエール病とは】初期症状「めまい」は治療薬不要で、この呼吸法が効く

メニエール病をはじめとする、めまいの患者さんと長年接するうちに、私は興味深い点に気付きました。患者さんの多くが、肩と胸を上下させる浅い胸式呼吸をしていたのです。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


耳鳴り・めまいを改善するセルフケア「アルミ湿布」 ― アキレス腱にアルミホイルを巻くだけ

耳鳴り・めまいを改善するセルフケア「アルミ湿布」 ― アキレス腱にアルミホイルを巻くだけ

アルミ湿布は、鍼治療の働きを応用したセルフケア法で、だれでも安全に行えるのが特長です。アルミホイルが皮膚にふれることで、鍼治療と同様に、微弱な電流が体内に発生します。アルミホイルを巻くことによって、ツボのある位置がポカポカと温まります。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


1円玉療法のやり方―めまい・メニエール病

1円玉療法のやり方―めまい・メニエール病

めまいや体がふわふわするという症状がある人は、後谿と内関に、メニエール病であれば、これに加えて、足の三里と申脈に追加しましょう。首筋の痛みや、頸椎のずれが、めまいの原因であることも少なくありません。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【使うのはペットボトル】心地よい温かさで耳鳴り、めまいを改善「脳幹マッサージ」

【使うのはペットボトル】心地よい温かさで耳鳴り、めまいを改善「脳幹マッサージ」

耳鳴りやめまいは、原因がわからないことが少なくなく、皆さんのなかにも病院で診てもらってもよくならず、お困りのかたがいらっしゃるでしょう。もしかしたらその症状も、脳幹に原因があるかもしれません。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【頭や体がふわふわ】「めまい」がふくらはぎマッサージで改善 耳閉感も取れた

【頭や体がふわふわ】「めまい」がふくらはぎマッサージで改善 耳閉感も取れた

体や頭がフワフワと浮いているような、浮動性のめまいを発症するようになったのは、半年ほど前からです。最初のころは、寝た状態から起き上がったときに、そうした感覚に襲われていました。そのうち、急に体を動かしたときにもめまいが起こり、その浮遊感がしばらく続くようになったのです。【体験談】埼玉県◎40歳◎会社員 大石悦子(仮名)


【簡単】メニエール病のめまいに効果 耳鳴りや難聴も改善 「20秒の耳たぶさすり」

【簡単】メニエール病のめまいに効果 耳鳴りや難聴も改善 「20秒の耳たぶさすり」

昨今、耳鳴りや難聴の症状にお悩みのかたが多くなっています。私の治療院にも、連日、耳の不調を抱えた多くの患者さんが来院されますが、その大半が病院で診てもらったものの改善しなかったかたがたです。【解説】武智大輔(たけちはり灸院院長)


【寝返り体操】しつこいめまいが大改善!再発の不安が消えた

【寝返り体操】しつこいめまいが大改善!再発の不安が消えた

朝、布団から起き上がろうとした瞬間、急に頭がフラフラとしました。メニエール病になったときも、めまいに悩まされましたが、そのときとは違いました。以前は、目の前がグルグルと回るような回転性のめまいでしたが、今回は、地震のように地面がグラグラと揺れるような感じだったのです。【体験談】福島県◎73歳◎主婦 富永和美(仮名)


【天井がぐるぐる】激しいめまいの症状が消えた「寝返り体操」の効果

【天井がぐるぐる】激しいめまいの症状が消えた「寝返り体操」の効果

体を横にすると、必ず、天井がグルグルと回るようなめまいに襲われるのです。起床時や就寝時はもちろん、とにかく体を横にするのがいけないようです。めまいが起こったときは、体を起こすと、スーッとめまいが落ち着きます。【体験談】宮崎県◎81歳◎主婦 高橋峰子(仮名)


【寝返りでめまい】三半規管に入り込んだ耳石が眩暈の原因 寝転がり体操で改善

【寝返りでめまい】三半規管に入り込んだ耳石が眩暈の原因 寝転がり体操で改善

耳が原因のめまいで最も多く、患者さんの約半数を占めるのが、「良性発作性頭位めまい症」です。この病気は、頭を特定の位置に動かしたときに、回転性のめまいが起こります。良性発作性頭位めまい症は、内耳にある耳石器から耳石がはがれ、三半規管の中に入り込むことで発症します。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授)


便秘に即効【首の後ろ】を押すと頭位性めまい、メニエール病の症状が改善する不思議

便秘に即効【首の後ろ】を押すと頭位性めまい、メニエール病の症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

ストレスなどで、自律神経のバランスがくずれると、めまい、肩こり、頭痛、不整脈、過敏性大腸炎、パニック障害、うつ病など、さまざまな症状・病気が起こります。長年この病気と向き合ってきて、自律神経疾患の患者さんに必ず強いこりがあることに気づきました。私が考案したシップ療法をご紹介しましょう。【解説】安田 譲(安田医院院長)


【名医が解説】めまいは「体を動かして」治せる―原因と改善法、再発防止法まで

【名医が解説】めまいは「体を動かして」治せる―原因と改善法、再発防止法まで

めまいを引き起こす代表的な病気に良性発作性頭位めまい症、耳鳴り、難聴を伴うメニエール病、めまいを伴う突発性難聴、前庭神経炎があります。いずれも、自分や周囲の風景がグルグル回っているように感じる、回転性のめまいを伴うのが特徴です。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授)


 【約8割の患者が実感】めまい撃退ポイントはこの3点!

【約8割の患者が実感】めまい撃退ポイントはこの3点!

めまいは、もはや4~5人に一人は悩みを抱えているという、国民病の一つです。私のクリニックでは、内科をメインに耳鼻科や脳外科、時には神経内科の視点から、総合的にめまいの診断と治療にあたっています。その中でも、特に注目しているのが「首こり」なのです。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム・入野医院院長)


【専門医】肩こり、めまい 患者の9割 実は「首のこり(頚性めまい)」が原因

【専門医】肩こり、めまい 患者の9割 実は「首のこり(頚性めまい)」が原因

めまいといえば、良性発作性頭位めまい症(耳石が三半規管へ落ちてめまいが起こる)や、メニエール病(めまいや吐き気の発作がくり返し起こる病気で、一般的には耳鳴りや難聴を伴う)といった診断が下されるのが一般的です。ただ、これらの診断基準が当てはまらない患者さんも少なくありません。【解説】入野宏昭(入野医院院長)


【めまいの原因】は肩こり、首のこり 患者の7割以上に効果【首の3点押し】

【めまいの原因】は肩こり、首のこり 患者の7割以上に効果【首の3点押し】

私は、首のコリを医院で治療するほか、「首の3点押し」など、自宅でできる方法も指導しています。その結果、今までどんな治療を施しても、改善がみられなかった患者さんでも、1ヵ月以内に治療効果を得ています。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム 入野医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング