メンタルヘルス

メンタルヘルス

メンタルヘルスとは、広く「こころの健康」のことを指します。こころの病気として、うつ病や睡眠障害、双極性障害、適応障害といった病名が知られていますが、診断基準としては、病名をつける上で原因は問わないことが基本となっています。同じうつ病という診断がついた場合でも、ストレスがきっかけの場合もあれば、体の病気と関係していることもあります。このカテゴリは、メンタルヘルスの改善に役立つ記事を紹介しています。

メンタルヘルスに関連するキーワード

ストレス うつ病 不眠症 パニック障害
>>メンタルヘルスに関連するキーワード一覧

メンタルヘルスの健康情報一覧

頭のツボマッサージで解消!60代からのそわそわ落ち着かない・イライラ対策

頭のツボマッサージで解消!60代からのそわそわ落ち着かない・イライラ対策

60歳を過ぎると、多くの人は「風」、そして「空」が体や心に増えていき、風と空の体質になっていきます。風の体質というのは、カサカサと乾燥して、冷えがあり、心情的にはソワソワと落ち着きがなく、気ばかり焦って、眠りが浅い、そんな体質のことです。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


【心を癒す効果】イルカは地震を予知できる?知られざるイルカの生態を大学教授が解説

【心を癒す効果】イルカは地震を予知できる?知られざるイルカの生態を大学教授が解説

イルカは、地震前に起こる電磁波の変動などを感知できるため、地震予知が可能だろうと考えられます。そして、イルカの鳴き声も、彼らの秘められた大きな可能性の1つです。【解説】太田光明(東京農業大学バイオセラピー学科動物介在療法学研究室教授)


【社会不安障害】あがり症対策に "ふくらはぎマッサージ" が効果 うつ病 不眠症も改善

【社会不安障害】あがり症対策に "ふくらはぎマッサージ" が効果 うつ病 不眠症も改善

心と体は密接な関係があり、自律神経のバランスがくずれると体を緊張させ、筋肉を硬くします。これが、首や肩、腰などがこりや痛みにつながりますが、この筋肉の緊張が顕著に現れやすいのが、実はふくらはぎなのです。【解説】山田和夫(横浜尾上町クリニック院長・東洋英和女学院大学教授・医学博士)


リコピンだけじゃない【トマトの効果】GABA(ギャバ)も豊富 ストレスを軽減 高血圧も改善

リコピンだけじゃない【トマトの効果】GABA(ギャバ)も豊富 ストレスを軽減 高血圧も改善

GABAは脳の神経伝達物質の一つで、高いリラックス効果をもたらす作用で注目を集めている機能性成分です。ストレスや不安を軽減させる作用があり、うつ病や不眠症の改善、脳機能の向上効果など、多くの研究が進んでいます。手軽にGABAが補給できる食べ物、それがトマトです。【解説】白石美緒(イーストワン皮膚科・形成外科院長)


【イルカセラピー】心を癒しうつを改善する“イルカの声” の効果 大学教授が報告

【イルカセラピー】心を癒しうつを改善する“イルカの声” の効果 大学教授が報告

イルカセラピーは、1970年代後半に、アメリカ・フロリダ国際大学のスミス博士によって開始されたものです。イルカは、周波数を自在に変え、正確に対象物に浴びせることができます。この超音波が、人の心身に影響を与える可能性はじゅうぶんあるでしょう。【解説】太田光明(東京農業大学バイオセラピー学科動物介在療法学研究室教授)


うつ・不安・ストレスを改善する「マインドフルネス」の効果 脳の体積も増やすと判明

うつ・不安・ストレスを改善する「マインドフルネス」の効果 脳の体積も増やすと判明

マインドフルネスとは、「今、ここ」の現実にリアルタイムかつ客観的に気づいていることです。マインドフルネスは、お釈迦様が悟りを開いた時の心の状態で仏教の枠組みの中で、坐禅や瞑想として伝えられてきました。近年は不安やストレス、うつの心理療法としても取り入れられています。【解説】藤井英雄(精神科医・医学博士)


【人間関係を改善】幸せホルモンが分泌するツボ“合谷”の押し方 ストレスも軽減

【人間関係を改善】幸せホルモンが分泌するツボ“合谷”の押し方 ストレスも軽減

オキシトシンには、すぐれた健康効果があることが解明され、大きな注目を集めています。血圧や血糖値を下げたり、免疫力をアップさせるなど、多くの効能があります。いわば、最強の脳内物質なのです。オキシトシンを分泌させるに、今回お勧めしたいのが、合谷というツボへの刺激です。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長)


【不眠改善】“神経の流れ”を正して楽に生きる「ドルフィン・タッチ」とは

【不眠改善】“神経の流れ”を正して楽に生きる「ドルフィン・タッチ」とは

私は整形外科医として医師のキャリアをスタートさせ、10年間、何千例もの背骨や神経の手術を手がけてきました。手術や薬で患者さんの病気を治すことに全力を傾けてきましたが、「現代医療だけでは病気を根本から治すことはできない」ということを思い知らされました。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


【うつを改善】幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を高める方法

【うつを改善】幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を高める方法

近年、オキシトシンにはストレスを抑えたり、自律神経の働きを整えたり、免疫力を高めたり、体の痛みを抑えたりと、さまざまな健康効果があることがわかってきました。実は、オキシトシンの分泌を高めるポイントは2つだけです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック徳院長)


【トラウマを克服する方法】足指には「自分を知る」ヒントがある

【トラウマを克服する方法】足指には「自分を知る」ヒントがある

悩みや困難はつらいものだけど、幸せな状態に戻るための過程です。「苦しみ自体も、悟りのきっかけ」――そういう気持ちで、足指と対話し、自分を知る作業を行うといいのではないでしょうか。【解説】山川亜希子 山川紘矢(翻訳家・作家)


痛み・タコ・指の変形を改善する「足指伸ばし」のやり方

痛み・タコ・指の変形を改善する「足指伸ばし」のやり方

曲がったり縮こまったりした指が正面を向くと、運気も一気に巡り出します。足指のケアは心のケア。そして人生のケアです。足指を大事にすると、きっと、自分の人生を心からいとおしく思えるようになるはずです。【解説】市野さおり(看護師・米国SWIHA承認トウティーチャー)


【トラウマ・ストレス】人生の悩み・苦しみの真因と解決法がわかる「足指リーディング」

【トラウマ・ストレス】人生の悩み・苦しみの真因と解決法がわかる「足指リーディング」

脳の記憶は時間とともに下降し臓器を経て、やがて体の最下部に位置する足に集まります。足は体の重みだけでなく、過去に体験した感情のすべてを受け止め支えているというわけです。足は過去のトラウマやあなたの心の状態、思考の癖を読み解くカギです。【解説】市野さおり(看護師・米国SWIHA承認トウティーチャー)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【非定型うつの改善】職場うつ 新型うつに掃除と片づけが有効 「アドラー式」でさらに効果大

【非定型うつの改善】職場うつ 新型うつに掃除と片づけが有効 「アドラー式」でさらに効果大

「職場うつ」「新型うつ病」といった言葉を耳にします。これらは病院で診断されるうつ病(定型うつ病)とは違って「非定型うつ病」と言われます。学校や会社に行くとなると気分が落ち込んで体が動かなくなるが遊びには出かけられる。これは「気分性反応」という非定型うつ病の症状です。【解説】貝谷久宣(医療法人和楽会理事長・心療内科医)


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【体験談】首猫背の治し方 手作りタオル枕で矯正 背骨が伸びて症状が改善

【体験談】首猫背の治し方 手作りタオル枕で矯正 背骨が伸びて症状が改善

青信号で横断歩道を一歩踏み出した瞬間、前方不注意の車と衝突する事故に遭いました。左足を複雑骨折する大ケガを負い、プレートやボルトを何本も入れる大手術を受け、40日間も入院し、術後のリハビリにも80日間を費やしました。【体験談】天野ふく(主婦・60歳)