医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

メンタルヘルス

メンタルヘルス

メンタルヘルスとは、広く「こころの健康」のことを指します。こころの病気として、うつ病や睡眠障害、双極性障害、適応障害といった病名が知られていますが、診断基準としては、病名をつける上で原因は問わないことが基本となっています。同じうつ病という診断がついた場合でも、ストレスがきっかけの場合もあれば、体の病気と関係していることもあります。このカテゴリは、メンタルヘルスの改善に役立つ記事を紹介しています。

メンタルヘルスに関連するキーワード

ストレス うつ病 不眠症 パニック障害
>>メンタルヘルスに関連するキーワード一覧

メンタルヘルスの健康情報一覧

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


【カチカチの頭皮をほぐす効果】眼精疲労と溜まっていたストレスから解放

【カチカチの頭皮をほぐす効果】眼精疲労と溜まっていたストレスから解放

実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。【体験談】白石友子(仮名・主婦・66歳)


【脳疲労の取り方】イライラ解消や性格改善「目の後ろ」を押す効果を医師が解説

【脳疲労の取り方】イライラ解消や性格改善「目の後ろ」を押す効果を医師が解説

人間は社会を生き抜くため、生きがいを得るために痛みや不調など、体が発する少々のサインなら無視して、我慢して生きようとします。こうして体と脳との間にズレが生じていきます。自分の脳の疲労を「疲労感」として受け取れていないかたがとても多いです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)


「脳マッサージ」で顔はここまで変わる!  雑念が消えてスッキリ前向きに

「脳マッサージ」で顔はここまで変わる! 雑念が消えてスッキリ前向きに

上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)


脳外科医が勧める「瞑想」の効果 脳機能低下によるストレスを取り除く方法

脳外科医が勧める「瞑想」の効果 脳機能低下によるストレスを取り除く方法

人間の脳の機能は、大まかに分けて三層の構造からなっています。一層目は「生命脳」、二層目は「動物脳」、三層目を「人間脳」と呼びます。ストレスを受けると、自らを守ろうとして動物脳が反射的に作動するのです。そして動物脳が暴走すると、脳の働きにさまざまな不具合が生じてしまうのです。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

わかったのは、私が「言い訳だらけの人生」を送ってきたということでした。うまくいかないことがあると、「親のせいだ」「お金がないせいだ」と、常に何かのせいにし、被害妄想の意識にとらわれて生きたのです。【体験談】伊藤千恵(セラピスト・50歳)


ベストセラー「うつヌケ」作者が解説! うつから抜け出すための「朝」の習慣とは

ベストセラー「うつヌケ」作者が解説! うつから抜け出すための「朝」の習慣とは

「朝起きた瞬間に思うことは、その日一日の気分を決める」という実体験があったので、朝目覚めた瞬間、自分をほめることは、効くはずだと確信が持てました。皆さんもそうした経験があるかたは、少なくないのではないでしょうか。世の中のすべての現象は、その人の“気分”が見せるものだからです。【解説】田中圭一(漫画家)


【猫に癒される3つの理由】精神科医が見つけた癒しのメカニズム

【猫に癒される3つの理由】精神科医が見つけた癒しのメカニズム

猫から癒しを得ているとき、あなたはきっと、猫の存在をそのまま丸ごと無条件に受け入れ、猫の気持ちを想像、共有しているはずです。なにかを心から受け入れているとき、そこには、普段はなかなか感じることのない「穏やかな解放感」と「深い平安」がもたらされています。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長・医学博士)


そわそわ落ち着かない・イライラは頭のツボマッサージで解消!

そわそわ落ち着かない・イライラは頭のツボマッサージで解消!

60歳を過ぎると、多くの人は「風」、そして「空」が体や心に増えていき、風と空の体質になっていきます。風の体質というのは、カサカサと乾燥して、冷えがあり、心情的にはソワソワと落ち着きがなく、気ばかり焦って、眠りが浅い、そんな体質のことです。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【半身浴の効果】うつ・不眠を改善!心も体も温めて自己肯定感を高める

【半身浴の効果】うつ・不眠を改善!心も体も温めて自己肯定感を高める

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


地震予知ができる?知られざるイルカの生態を大学教授が解説

地震予知ができる?知られざるイルカの生態を大学教授が解説

イルカは、地震前に起こる電磁波の変動などを感知できるため、地震予知が可能だろうと考えられます。そして、イルカの鳴き声も、彼らの秘められた大きな可能性の1つです。【解説】太田光明(東京農業大学バイオセラピー学科動物介在療法学研究室教授)


【ストレス対策】トマトの効果はリコピンだけじゃない!GABA(ギャバ)も豊富

【ストレス対策】トマトの効果はリコピンだけじゃない!GABA(ギャバ)も豊富

GABAは脳の神経伝達物質の一つで、高いリラックス効果をもたらす作用で注目を集めている機能性成分です。ストレスや不安を軽減させる作用があり、うつ病や不眠症の改善、脳機能の向上効果など、多くの研究が進んでいます。手軽にGABAが補給できる食べ物、それがトマトです。【解説】白石美緒(イーストワン皮膚科・形成外科院長)


【イルカセラピーの効果】心を癒しうつを改善する“イルカの鳴き声”

【イルカセラピーの効果】心を癒しうつを改善する“イルカの鳴き声”

イルカセラピーは、1970年代後半に、アメリカ・フロリダ国際大学のスミス博士によって開始されたものです。イルカは、周波数を自在に変え、正確に対象物に浴びせることができます。この超音波が、人の心身に影響を与える可能性はじゅうぶんあるでしょう。【解説】太田光明(東京農業大学バイオセラピー学科動物介在療法学研究室教授)


【マインドフルネスの効果】普段の生活でストレスや不安を取り除く方法

【マインドフルネスの効果】普段の生活でストレスや不安を取り除く方法

マインドフルネスとは、「今、ここ」の現実にリアルタイムかつ客観的に気づいていることです。マインドフルネスは、お釈迦様が悟りを開いた時の心の状態で仏教の枠組みの中で、坐禅や瞑想として伝えられてきました。近年は不安やストレス、うつの心理療法としても取り入れられています。【解説】藤井英雄(精神科医・医学博士)


神経の流れ(ソウル・ウェイブ)を正す「ドルフィン・タッチ」のやり方

神経の流れ(ソウル・ウェイブ)を正す「ドルフィン・タッチ」のやり方

私は整形外科医として医師のキャリアをスタートさせ、10年間、何千例もの背骨や神経の手術を手がけてきました。手術や薬で患者さんの病気を治すことに全力を傾けてきましたが、「現代医療だけでは病気を根本から治すことはできない」ということを思い知らされました。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を高める方法でうつを改善

幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を高める方法でうつを改善

近年、オキシトシンにはストレスを抑えたり、自律神経の働きを整えたり、免疫力を高めたり、体の痛みを抑えたりと、さまざまな健康効果があることがわかってきました。実は、オキシトシンの分泌を高めるポイントは2つだけです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック徳院長)


【体験例】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減!気持ちが落ち込まなくなった

【体験例】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】マインドフルネスは世界で注目の認知行動療法(大野裕)

【ストレスを軽くする方法】マインドフルネスは世界で注目の認知行動療法(大野裕)

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)


【沖ヨガ】不調の5大原因を取り除く「足裏たたき」の効果

【沖ヨガ】不調の5大原因を取り除く「足裏たたき」の効果

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)