メンタルヘルス

メンタルヘルス

メンタルヘルスとは、広く「こころの健康」のことを指します。こころの病気として、うつ病や睡眠障害、双極性障害、適応障害といった病名が知られていますが、診断基準としては、病名をつける上で原因は問わないことが基本となっています。同じうつ病という診断がついた場合でも、ストレスがきっかけの場合もあれば、体の病気と関係していることもあります。このカテゴリは、メンタルヘルスの改善に役立つ記事を紹介しています。

メンタルヘルスに関連するキーワード

ストレス うつ 不眠 パニック障害
>>メンタルヘルスに関連するキーワード一覧

メンタルヘルスの健康情報一覧

【非定型うつの改善】職場うつ 新型うつに掃除と片づけが有効 「アドラー式」でさらに効果大

【非定型うつの改善】職場うつ 新型うつに掃除と片づけが有効 「アドラー式」でさらに効果大

「職場うつ」「新型うつ病」といった言葉を耳にします。これらは病院で診断されるうつ病(定型うつ病)とは違って「非定型うつ病」と言われます。学校や会社に行くとなると気分が落ち込んで体が動かなくなるが遊びには出かけられる。これは「気分性反応」という非定型うつ病の症状です。【解説】貝谷久宣(医療法人和楽会理事長・心療内科医)


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【体験談】交通事故で心身の調子が悪くなったが「首腰枕」で気持ちが前向きに!

【体験談】交通事故で心身の調子が悪くなったが「首腰枕」で気持ちが前向きに!

青信号で横断歩道を一歩踏み出した瞬間、前方不注意の車と衝突する事故に遭いました。左足を複雑骨折する大ケガを負い、プレートやボルトを何本も入れる大手術を受け、40日間も入院し、術後のリハビリにも80日間を費やしました。【体験談】天野ふく(主婦・60歳)


【精神科医解説】スマホ依存症の症状とは 子どもに教えたい「スマホ」の怖さ

【精神科医解説】スマホ依存症の症状とは 子どもに教えたい「スマホ」の怖さ

子どもを納得させるためには、ただの受け売りではなく、親自身がスマホの弊害をしっかり理解していないといけません。そしてそうすることが、ご自身をスマホ依存症から守ることにもつながるのです。【解説】和田秀樹(和田秀樹こころと体のクリニック院長・精神科医)


【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

私は普段、臨床心理士として、さまざまなトラウマ(心の傷)を抱えた人たちを回復させるお手伝いをしています。治療には、身体的にアプローチする心理療法を用いています。中でも、不安を消すのに非常に有効な手法が、私が考案した「合谷タッピング」です。【解説】藤本昌樹(東京未来大学子ども心理学部准教授・臨床心理士)


【ストレス対策】幸せホルモン「オキシトシン」 分泌を高める「お祈り」の効果

【ストレス対策】幸せホルモン「オキシトシン」 分泌を高める「お祈り」の効果

オキシトシンは以前から幸福感や愛情と深い関わりがあること、母乳の分泌を促す作用があることがわかっていました。近年の研究からストレスを抑えたり自律神経を調整したり、免疫力が高まったり、体の痛みを抑えたりといった効果があることが次々と証明されてきたのです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック院長)


【トラウマとは】心の傷を癒やす方法 "不眠・うつ・パニックが消える音楽" を無料視聴

【トラウマとは】心の傷を癒やす方法 "不眠・うつ・パニックが消える音楽" を無料視聴

トラウマ(心の傷)とは、つらい体験を受けたとき、気持ちの整理がつかなかった、いわば「未処理の記憶」です。動悸や過呼吸、パニックといったPTSDを引き起こします。今回は臨床心理士の立場から、脳に直接働きかけ「再処理」を促し、「心の傷」を消す方法を紹介します。【解説】藤本昌樹(東京未来大学こども心理学部准教授・臨床心理士)


【あがり症・夜泣き・多動】「指つかみ」の効果とは 東日本大震災でも心のケアに活躍した

【あがり症・夜泣き・多動】「指つかみ」の効果とは 東日本大震災でも心のケアに活躍した

指つかみは、指をつかむだけという、とてもシンプルな方法ですが、不安、緊張、怒り、悲しみといったマイナス感情を鎮め、全身のエネルギーの流れを整えて、体の不調も解消してくれます。【解説】森田知恵(国際医療スペシャリスト)


【トラウマを解消する】つらい記憶を癒す心理療法「バタフライ・ハグ」のやり方

【トラウマを解消する】つらい記憶を癒す心理療法「バタフライ・ハグ」のやり方

バタフライ・ハグは、イグナシオ・ジャレーロ博士らによって1998年に考案されました。当時、心理療法の世界では「目や耳、腕といった体の一部を、左右交互に刺激することには、トラウマの解消効果がある」という研究が注目を集めていました。【解説】藤本昌樹(東京未来大学子ども心理学部准教授・臨床心理士)


【うつや不安症状を改善】集中力が高まりアイデアが浮かぶ「マインドフルネス」の効果とは

【うつや不安症状を改善】集中力が高まりアイデアが浮かぶ「マインドフルネス」の効果とは

マインドフルネスは、自分の体の状態や気持ち、思考に気づく力を育む「心のエクササイズ」です。マインドフルネスを行い、「今、ここ」に集中し、体の感覚や気持ち、思考に注意を向ける訓練を続けると、さまざまな気づきが生まれてきます。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表・心理学博士)


【ストレス対策】うつを改善する「マインドフルネス呼吸法」やり方解説

【ストレス対策】うつを改善する「マインドフルネス呼吸法」やり方解説

「マインドフルネス呼吸法」は、子どもから高齢者まで、いつでもどこでも行える心のエクササイズです。毎日の習慣にすれば、人間関係に限らず、多くのストレスをうまく処理できるようになります。心と体の疲労がたまりにくくなるでしょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表・心理学博士)


【うつが改善】体質を変える超シンプルな呼吸法「15秒丹田呼吸」とは?人生が変わった人が続出

【うつが改善】体質を変える超シンプルな呼吸法「15秒丹田呼吸」とは?人生が変わった人が続出

「15秒丹田呼吸」をするだけで腰痛・高血圧・耳鳴り・生理痛・子宮筋腫が消えた!呼吸は、人の生命活動の源になります。呼吸が効果的に、理想的にできるようになれば、私のように体や心の不調が消え、体質までガラリと変わることが可能なのです。【解説】藤麻美子(日本丹田呼吸法セラピー協会代表、ミラクルレインボー・スクール代表)


【やり方】人生を変える呼吸法「丹田呼吸」でうつ改善、不登校が治った!集中力アップ!

【やり方】人生を変える呼吸法「丹田呼吸」でうつ改善、不登校が治った!集中力アップ!

呼吸は、人の生命活動の源になります。呼吸が効果的に、理想的にできるようになれば、私のように体や心の不調が消え、体質までガラリと変わることが可能なのです。15秒丹田呼吸を日課とすることで、気持ちが落ち着き、集中力が高まる効果があります。【解説】藤麻美子(日本丹田呼吸法セラピー協会代表、ミラクルレインボー・スクール代表)


【イライラ・ストレス】を抑える簡単な方法 脳が活性化する「親指への刺激」とは

【イライラ・ストレス】を抑える簡単な方法 脳が活性化する「親指への刺激」とは

昔から、「手先をよく動かす人はボケにくい」と言われてきました。それは、確かに事実です。ただし、その「手先」にあるすべての指の中で、脳機能の活性化にとりわけ大きな役割を果たすのが、実は「親指」なのです。【解説】長谷川嘉哉(医療法人ブレイングループ理事長・認知症専門医)


【医師も実践】私が「情報断食」をお勧めする2つの理由 ニュースが心身に与える影響とは

【医師も実践】私が「情報断食」をお勧めする2つの理由 ニュースが心身に与える影響とは

「特に理由もなく不安になる」「なんとなく鬱々とする」「ストレスで息苦しい」「なぜか体調が優れない」ネガティブな状態にいるあなたに試していただきたいのが「ニュース断ち」です。テレビや新聞、スマホ、ネットなどからあふれているニュースをすべてシャットアウトするいわば情報の断捨離です。【解説】西脇俊二(ハタイクリニック院長)


【うつ改善】うつ病患者の共通点は「猫背」セロトニンを増やして姿勢を整える背骨ストレッチで元気が回復する!

【うつ改善】うつ病患者の共通点は「猫背」セロトニンを増やして姿勢を整える背骨ストレッチで元気が回復する!

うつ病患者さんの脳内では、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が低下していることが知られています。セロトニンは、呼吸、体温調節、水分代謝など、血圧以外の自律神経系のほとんどを支配している物質です。東洋医学の考えに基づけば滞った気さえ通せばうつ病は治ります。【解説】高木智司(心神診療室院長)


【猫の効果】職場にいると仕事の効率がアップ!のどゴロゴロは骨折の治癒力を上げる?

【猫の効果】職場にいると仕事の効率がアップ!のどゴロゴロは骨折の治癒力を上げる?

猫のゴロゴロ音の正体は、実はよくわかっていません。気管とのどの筋肉が、共鳴することで発生していると考えられています。猫のゴロゴロ音には、リラックスさせる心理的効果のほかにも、骨折の治癒力を高める効果があるようです。【解説】小川家資(帝京科学大学生命環境学部教授)


【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

人間のあらゆる生命活動は、脳のホルモンから出される電気信号によって制御されています。「脳波」を見ることで人の心が読めるのではないかという仮説のもと18年前から脳波の研究を行ってきました。そして人間の感情をその場で数値化する「感性アナライザ」の開発に成功しました。【解説】満倉靖恵(慶應義塾大学理工学部准教授)


【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!「バルサミコ酢」が医師のお勧め食材

【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!「バルサミコ酢」が医師のお勧め食材

心や体に不調のある人は、おなかをさわると、例外なく冷えています。この冷えを取り、おなかの調子を整えると、体調だけでなく心の病気も改善していきます。おなか(腸)こそ、心身の健康の根源だからです。【解説】田中保郎(元西諫早病院東洋医学センター長)