メンタルヘルス

メンタルヘルス

メンタルヘルスとは、広く「こころの健康」のことを指します。こころの病気として、うつ病や睡眠障害、双極性障害、適応障害といった病名が知られていますが、診断基準としては、病名をつける上で原因は問わないことが基本となっています。同じうつ病という診断がついた場合でも、ストレスがきっかけの場合もあれば、体の病気と関係していることもあります。このカテゴリは、メンタルヘルスの改善に役立つ記事を紹介しています。

メンタルヘルスに関連するキーワード

ストレス うつ 不眠 パニック障害
>>メンタルヘルスに関連するキーワード一覧

メンタルヘルスの健康情報一覧

【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

ココア豆乳は、体の冷えや自律神経の乱れに悩んでいるかたにお勧めしたい飲み物です。冷えは今や女性特有の症状ではなく、子どもや男性まで、年齢や性別を問わず見られる症状になりました。東洋医学では、「冷えは万病の元」とも言われ、体の不調を知らせるシグナルだと捉えられています。【解説】南雲久美子(目黒西口クリニック院長) 


【自律神経失調症】極度の冷え・不眠・うつ症状が解消!ストレスに強くなった「ココア豆乳」

【自律神経失調症】極度の冷え・不眠・うつ症状が解消!ストレスに強くなった「ココア豆乳」

私は、病院で自律神経失調症と診断され、薬を飲んだり整体に通ったりしました。しかし、どれも効果が感じられず、あきらめていました。症状は、体温調整がうまくできないことです。暑い日でも暑さを感じなかったり、逆に身震いするほど寒さを感じたりすることがたびたびありました。【体験談】木村恵美さん(仮名・35歳主婦・東京都) 


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【安眠効果】見るだけで眠りに誘う「動物たちのぐっすり写真」

【安眠効果】見るだけで眠りに誘う「動物たちのぐっすり写真」

私たちが眠くなるときには自律神経のうちの副交感神経が優位になります。一方、日中活動時には、交感神経が優位になっています。しかし、日中に忙しかったり緊張やイライラが続くと夜になっても交感神経の高ぶりが収まらず、そのため副交感神経の働きが弱く興奮して眠れなくなります【解説】萩原 優(イーハトーヴクリニック院長・医学博士) 


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【油のとり方講座】うつ・アトピー・ガンを招く油、免疫を高め病気を治す油

【油のとり方講座】うつ・アトピー・ガンを招く油、免疫を高め病気を治す油

免疫を高めるうえで特に重要なのが「油」のとり方です。なぜなら、私たちの体のすべての細胞膜(細胞を取り囲む膜)は、油(脂肪酸)でできているからです。質の悪い油をとっていると、細胞膜が酸化して硬くなりバリア機能が落ちて細菌などの侵入を阻止できなくなるのです。【解説】高木智司(日本自律神経免疫治療研究会会員・心神診療室院長)


「自分はどう死にたいか」を考えると「今後どう生きるべきか」が自ずと見えてくる

「自分はどう死にたいか」を考えると「今後どう生きるべきか」が自ずと見えてくる

「今をどう生きるべきか」それは、私がいちばん大切にしているテーマです。1996年4月に、私は「自分の死を考える集い」を発足させました。「死を考える」とありますが、集いの目的は、「生き方」を考えることです。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


「自分の死を考える」ための具体的な行動【15ヵ条】

「自分の死を考える」ための具体的な行動【15ヵ条】

死を視野に入れて、今の生き方を見直してみるとき、頭の中で漠然と考えるだけではあまり現実味がありません。そこで、私が提案しているのが、「自分の死を考えるための具体的な行動十五ヵ条」です。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


死ぬなら「がん」がいい ― ベストセラー医師が教える、死に方指南

死ぬなら「がん」がいい ― ベストセラー医師が教える、死に方指南

皆さんは、がんとは強烈に痛むもの、と思っていませんか? 私も老人ホームに移った当初は、そう思っていました。けれども、これまで60〜70名の高齢のがん患者を老人ホームで診てきましたが、麻薬を使うほど痛んだケースは一例もありません。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


「死」は穏やかで安らかなもの ― ベストセラー医師からの提言

「死」は穏やかで安らかなもの ― ベストセラー医師からの提言

現在、日本人は「死」というものをまるで考えなくなってしまっています。それどころか、死を考えたり、語ったりすることは「縁起でもない」と、タブー視している風潮すら見受けられます。おそらく、「死=恐ろしいもの、苦しいもの」と思っているからでしょう。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


【判明】うつ患者に不足しがちな栄養素はコレ!自分に足りない栄養素ってわかるの?

【判明】うつ患者に不足しがちな栄養素はコレ!自分に足りない栄養素ってわかるの?

うつ病の患者が、ふえています。この10年間で倍増して100万人を超え、潜在患者を含めると、20人に1人はいるといわれています。これだけうつ病がふえたのは、ストレスの多い社会環境のせいだけではありません。【解説】功刀 浩(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第三部部長)


「緑茶4杯でうつ改善効果」を検証!さらに、うまみ成分テアニンの薬効に注目!

「緑茶4杯でうつ改善効果」を検証!さらに、うまみ成分テアニンの薬効に注目!

近年、緑茶とうつの関係が研究され、「緑茶をよく飲む人にうつ症状が少ない」ということが、報告されています。それを踏まえて、うつ病と緑茶の関係を検証しました。【解説】功刀 浩(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第三部部長)


【看護師が実践】子宮筋腫が改善した「中指ねじり」―うつ、認知症にも効果あり!

【看護師が実践】子宮筋腫が改善した「中指ねじり」―うつ、認知症にも効果あり!

私は田園調布長田整形外科のウェルネスプログラムで指ヨガの講座を担当しています。血圧や脈拍数の低下、腰痛・めまい・うつ・子宮筋腫・不整脈など改善した症状も多岐にわたります。もう1つ驚いたのが、認知症への効果です。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 


 「中指ねじり」で脳の緊張がほぐれ 全身の痛みや不調を 根本から消すと医師もお勧め

「中指ねじり」で脳の緊張がほぐれ 全身の痛みや不調を 根本から消すと医師もお勧め

私は治療にあたり、西洋医学的アプローチに加えて、さまざまなウェルネスプログラムを導入しています。なかでも最近患者さんに好評なのが、手指をもむ「指ヨガ」です。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


ランキング


>>総合人気ランキング