耳鳴り・難聴

耳鳴り・難聴

耳鳴りとは、実際には音がしていないにも関わらず、耳の中で音を感じる現象をいいます。「キーン」「ジー」「ピー」など感じ方はそれぞれ違います。難聴(耳が聞こえにくい状態)を併発することが多く、耳の病気の以外にも、老化や疲労、ストレス、こり、血行不良などが原因となり引き起こされることがあります。この耳鳴り・難聴カテゴリは、耳鳴りや難聴の症状の改善に役立つ記事の一覧ページです。

耳鳴り・難聴に関連するキーワード

難聴 水飲み療法
>>耳鳴り・難聴に関連するキーワード一覧

耳鳴り・難聴の健康情報一覧

【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

手足合わせて20本ある指の中でも、普段、最も存在を忘れられやすいのが足の小指でしょう。しかし、実は東洋医学から見ると、足の小指は、とても重要な部分です。東洋医学では、全身に通っている「気の通り道」を重要視します。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

鍼灸治療では、亜鉛と銅という、異なる二つの金属からできた鍼を用いて治療を行うことがあります。異なる二つの金属を使うと、わずかな電気が流れます。体内に微弱な電気を流すことで、ツボを刺激したり、血流の改善を行ったりする効果があるのです。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


【耳鳴り・難聴】予防・改善には「ミネラル」の補給とツボ刺激「耳輪ゴム」が有効

【耳鳴り・難聴】予防・改善には「ミネラル」の補給とツボ刺激「耳輪ゴム」が有効

耳鳴りや難聴、めまいの原因はさまざまあります。私の鍼灸整骨院に来られる、それらの患者さんに共通するのは、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などの「ミネラル不足」です。ミネラルの補給とともに耳鳴りや難聴の予防・改善のために行っていただきたいのが、家庭で簡単にできる「耳輪ゴム」です。【解説】穂園秀一(ほぞの鍼灸整骨院院長)


【耳鳴りを改善する】ツボ「合谷」の押し方 低音・高音のもみ方は?

【耳鳴りを改善する】ツボ「合谷」の押し方 低音・高音のもみ方は?

高齢の患者さんのなかには、耳鳴りや難聴をはじめとする耳の不調を訴えるかたが少なくありません。そんな耳鳴り・難聴に悩まされている人にセルフケアとしてお勧めしたいのが、手の甲にあるツボ・合谷への指圧です。【解説】松浦聡(コンチェルトはりきゅう院院長)


【耳鳴りの原因】脳の働きが原因?生活習慣の改善で9割は小さくなる!頭鳴りにも注意

【耳鳴りの原因】脳の働きが原因?生活習慣の改善で9割は小さくなる!頭鳴りにも注意

耳鳴りのつらさは、なった人でなければわかりません。それは、ただうるさいとか、わずらわしいというだけでなく、人や社会とのコミュニケーションを阻害するからです。さて、耳鳴りはなぜ起こるのでしょうか。このメカニズムを知ると、それだけで耳鳴りは軽くなります。【解説】坂田英明(川越耳科学クリニック院長)


【耳鳴り】原因を知れば改善できる!あきらめる前に試したい「生活習慣のセルフチェック」

【耳鳴り】原因を知れば改善できる!あきらめる前に試したい「生活習慣のセルフチェック」

耳鳴りは治らない。そう思って、あきらめている人は多いのではないでしょうか。しかし、あきらめるのは、ちょっと待ってください。耳鳴りには、必ず原因や、原因を作り出している日常生活の習慣があります。その習慣を改めるだけで、耳鳴りはかなり改善するのです。【解説】坂田英明(川越耳科学クリニック院長)


【補聴器で聞こえない】人工聴覚器の難聴治療「EAS(残存聴力活用型人工内耳)」とは

【補聴器で聞こえない】人工聴覚器の難聴治療「EAS(残存聴力活用型人工内耳)」とは

難聴になると補聴器を装用するのが一般的ですが、改善効果が得られない人もいます。しかし近年、補聴器とは異なるしくみで聴覚を代替する「人工聴覚器」が普及し、重症の難聴も治療可能になってきています。難聴の最新治療について、岩崎聡先生に伺いました。【解説】岩崎聡(国際医療福祉大学三田病院教授、耳鼻咽喉科部長)


【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

私は、患者さんが耳鳴りを訴えて来院した初診時には、お話をうかがいながら、姿勢や表情、呼吸などをじっと観察するようにしています。このような観察をくり返すうち、ある共通する現象に気付きました。それは呼吸です。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【めまい・耳鳴り】は“低血圧”が原因?低血圧改善には「チェダーチーズ」が有効

【めまい・耳鳴り】は“低血圧”が原因?低血圧改善には「チェダーチーズ」が有効

めまいや耳鳴りを医師に診てもらうとなれば、多くの人は耳鼻科に行くでしょう。そして、「耳の奥にある“内耳のむくみ”が関係している」と指摘されるかもしれません。【解説】永田勝太郎(千代田国際クリニック院長・WHO(世界保健機関)心身医学・精神薬理学教授)


【難聴】を自分で見分ける方法 話しかけるときの注意点は?

【難聴】を自分で見分ける方法 話しかけるときの注意点は?

加齢による聴力の低下、いわゆる加齢性難聴は、何十年もかけて、とてもゆっくりと進行します。このため、本人はなかなか気付きません。しかし、放置していれば、耳の状態は日々悪化していくことになります。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授・国立長寿医療研究センター客員研究員)


耳鳴りの原因は「脳の変化」?改善する2つの対策「補聴器」と「自然音」を専門医が解説

耳鳴りの原因は「脳の変化」?改善する2つの対策「補聴器」と「自然音」を専門医が解説

耳鳴りは、患者さんの主観をもとに診断されるので、耳鳴りに共通する客観的な原因が、なかなか明らかにならなかったのです。近年、脳の神経活動を解析する技術が飛躍的な発展を遂げました。【解説】岡本秀彦(国際医療福祉大学医学部生理学教授・耳鼻咽喉科専門医)


難聴は認知症発症リスクを高める?対策には「見た目の若さ」と「補聴器」 海外でも注目

難聴は認知症発症リスクを高める?対策には「見た目の若さ」と「補聴器」 海外でも注目

最近の国内外の研究では、難聴と認知症の関係にたいへん注目が集まっています。難聴と認知症の関連については、非常に多くの学説が唱えられていますが、そのうちの代表的な説をご紹介します。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授、国立長寿医療研究センター客員研究員)


【加齢性難聴・耳鳴り】原因は糖尿病・動脈硬化とも関係?耳鼻科医が予防法を解説

【加齢性難聴・耳鳴り】原因は糖尿病・動脈硬化とも関係?耳鼻科医が予防法を解説

高齢者の難聴の中でも、年齢以外に特別な原因がないものを「加齢性難聴」と呼びます。両耳で同じように進行し、高音部から聞こえにくくなります。加齢性難聴で最も主要な変化が起こる場所は、音を感じる役割を果たす内耳にある有毛細胞です。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授、国立長寿医療研究センター客員研究員)


【スマホ首】が原因で起こる耳鳴り・めまいの症状 対策はタオルで矯正する「首腰枕」

【スマホ首】が原因で起こる耳鳴り・めまいの症状 対策はタオルで矯正する「首腰枕」

現代人が下向きの生活になった原因の一つが、スマホやパソコンなどの使いすぎです。そういった下向きの姿勢に伴った首の変形を「スマホ首」や「首ネコ背」「ストレートネック」など、たくさんの呼び方で呼ばれています。首の変形が引き起こす具体的な症状を説明します。【解説】高木智司(心神診療室院長)


【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

耳鳴りのある患者さんは、ほぼ例外なく、首や肩にコリがあります。そういう患者さんに私が必ず行う施術が、わきもみです。わきをもみほぐすと、軽い耳鳴りなら2ヵ月、重症でも1年くらいで改善しています。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

「ジー」「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は東洋医学でいう「腎」の弱りが考えられます。「ピー」「キーン」という高音の耳鳴りなら肝臓の機能の低下、「ザァー」「サァー」といった風のような音は胃腸の機能低下が関わっていると考えられます。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


首こりと肩こりが原因の【めまい・耳鳴り・難聴】は「わきもみ」で改善できる!

首こりと肩こりが原因の【めまい・耳鳴り・難聴】は「わきもみ」で改善できる!

肩や首に緊張があると、耳の血行が悪くなり、鼓膜がピンと張るようになって振動が減少し、結果的に音の聴こえが悪くなります。また、首から頭に鬱血がふえてリンパの流れが悪くなると、耳がむくんで内リンパ水腫などができ、めまいが発症しやすくなるのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所院長)


【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)