耳鳴り・難聴

耳鳴り・難聴

耳鳴りとは、実際には音がしていないにも関わらず、耳の中で音を感じる現象をいいます。「キーン」「ジー」「ピー」など感じ方はそれぞれ違います。難聴(耳が聞こえにくい状態)を併発することが多く、耳の病気の以外にも、老化や疲労、ストレス、こり、血行不良などが原因となり引き起こされることがあります。この耳鳴り・難聴カテゴリは、耳鳴りや難聴の症状の改善に役立つ記事の一覧ページです。

耳鳴り・難聴に関連するキーワード

難聴 水飲み療法
>>耳鳴り・難聴に関連するキーワード一覧

耳鳴り・難聴の健康情報一覧

【お酢の便秘改善効果】"酢玉ねぎ"でダイエット成功し 高音の耳鳴りも解消

【お酢の便秘改善効果】"酢玉ねぎ"でダイエット成功し 高音の耳鳴りも解消

以前の私は、健康とはとてもいえない状態でした。多忙な仕事とストレスに苛まれる毎日で、便秘がち。疲れがたまると、左耳に「キーン」という高音の耳鳴りが起こります。こうした体調不良を、一気に、しかも大きく改善させたものが酢タマネギでした。便秘も解消し、6kg痩せることもできました【解説】周東寛(南越谷健身会クリニック院長)


【原因不明の耳鳴り、難聴】噛み癖が原因かも!顎のズレを直す「ティッシュ噛み」のやり方

【原因不明の耳鳴り、難聴】噛み癖が原因かも!顎のズレを直す「ティッシュ噛み」のやり方

耳鳴り、めまい、難聴といった症状は、耳鼻科で治療を受けても、なかなか改善しないことがあります。検査をしても原因が特定できなかったり、特に異常がないといわれたり……。実は、こうしたケースに、「噛みグセ」が関係していることが多いのです。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)


耳鳴り・難聴を改善する【1円玉療法】のやり方

耳鳴り・難聴を改善する【1円玉療法】のやり方

耳鳴り・難聴ともに聴宮、翳風、聴会、完骨にはり続けましょう。人に会うなどの理由ではれない場合もあると思います。そういうときは、前述した4ヵ所のツボを、1円玉で10回ほどこするだけでもずいぶんと症状が軽くなります。地五会は靴下に隠れる場所なので、日中も気にせずはれます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


あきらめていた耳鳴りが大改善!蒸しタオルで「顎のゆがみ」を取るとよい!

あきらめていた耳鳴りが大改善!蒸しタオルで「顎のゆがみ」を取るとよい!

蒸しタオルの利点は、蒸しタオルから発生する蒸気にあります。実際に行ってもらうとよくわかりますが、温熱効果と蒸気によって、高いリラックス効果が得られ、耳が芯からじんわりと温まってきます。それにより、リンパ液や血液の流れがいっそう促されるのです。【解説者】板坂浩志(ひろ整骨院院長)


【突発性難聴とは】ステロイドに代わる新しい治療法 クラシック音楽で症状が改善

【突発性難聴とは】ステロイドに代わる新しい治療法 クラシック音楽で症状が改善

これまで一般的に、突発性難聴を発症した際には、なるべく安静に過ごすことが推奨されてきました。しかし、検証の結果、難聴を発症したほうの耳を積極的に使ったほうが、脳が刺激されて、症状の改善につながることが判明したのです。【解説者】岡本秀彦(自然科学研究機構生理学研究所准教授)


【自分で治せる】キーンという耳鳴り、突発性難聴の症状が「脳幹マッサージ」で軽快

【自分で治せる】キーンという耳鳴り、突発性難聴の症状が「脳幹マッサージ」で軽快

2003年末、Aさんは突然、右耳の聞こえが悪くなりました。常に「キーン」という耳鳴りがして、ほかの音が聞き取りにくくなったのです。病院で検査したところ、突発性難聴と診断されました。突発性難聴は、通常、左右どちらか一方の耳の聞こえが悪くなります。【症例報告】沼田光生(海風診療所院長・周南病院理事長)


【耳鳴りを止めたい!】頭の中に響く耳鳴りが改善した「耳ツボ」の温め刺激

【耳鳴りを止めたい!】頭の中に響く耳鳴りが改善した「耳ツボ」の温め刺激

顔は常に外気にさらされているのに、どんなに寒い所にいても、最後まで凍傷にかかりません。なぜなら、顔は陽気(陽の生命エネルギー)が現れるところだからです。東洋医学には、陰陽という相反する概念があります。これを簡単にいうと、陽は熱くて活動的な状態で、陰は冷たくて静的な状態です。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


【まるで滝壺の中】ザーザーという耳鳴りが軽減 睡眠薬なしでも眠れた「私の健康法」

【まるで滝壺の中】ザーザーという耳鳴りが軽減 睡眠薬なしでも眠れた「私の健康法」

ある朝、目を覚ましたとたん、驚きました。まるで滝つぼの中にいるような、ザーッという音に包まれていたからです。昔のアナログのテレビは、放送終了時に砂嵐のような画像と音が出たものですが、あの音が自分の周囲で鳴り続けていたのです。それが、私と耳鳴りの、つきあいの始まりでした。【体験談】東京都◎59歳◎会社役員 角野喜洋


全身の血流アップ! 耳鳴り、めまい、難聴に【ふくらはぎマッサージ】

全身の血流アップ! 耳鳴り、めまい、難聴に【ふくらはぎマッサージ】

内耳の血管はクモの巣のように細く、ストレスやカゼの症状、気圧の変化などでむくんでしまい、血行不良を起こしやすいのです。内耳のむくみは、めまいの原因にもなります。実際に、耳鳴りやめまいの患者さんは、5~6月、9~10月といった季節の変わり目が多いのです。【解説】坂田英明(埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長)


【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

朝早く布団から起き上がったその瞬間、頭がふらついて倒れそうになりました。めまいとも立ちくらみとも違う、初めての経験で、「これはおかしい」と思いました。【体験談】福島県◎86歳◎主婦 佐藤トヨ子


ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

首や肩のコリは、耳の後ろと鎖骨を結ぶ、胸鎖乳突筋がこることで血流が悪化し、発症しやすくなります。胸鎖乳突筋がこると、耳がついている側頭骨周辺の筋肉もかたくなります。その結果、側頭骨と後頭骨の間を通る神経や血液の流れが悪化し、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

私は幼いころから、耳鳴りの症状がありました。今思えば、そのきっかけとなったのは小学生のときに発症した中耳炎でしょう。【体験談】愛知県◎41歳◎主婦 金田やすえ(仮名)


首のこりをほぐして耳鳴り、めまい、難聴を改善する「あごの円回し」

首のこりをほぐして耳鳴り、めまい、難聴を改善する「あごの円回し」

耳の症状に見舞われた場合、内耳に問題があると考え耳鼻科に通う人がほとんどでしょう。しかしいくら薬を飲んでも、治療を受け続けても、よくならないケースは珍しくありません。それもそのはず。そうしたケースに悩んでいる人は、根本的な原因が、首に潜んでいる可能性が高いといえます。【解説】劉 莉亜(劉先生鍼灸院院長・医学博士)


【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

いきなり、右の耳が聴こえなくなったのは62歳のときです。突発性難聴と診断され、すぐに入院して治療を受けところ、ほんの少しだけ音が聴こえるまでに回復しました。【体験談】橋本洋子●東京都●72歳●主婦


【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

温熱療法は正しく行えば、体の痛みやこり、疲労の解消に役立つばかりか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらには精神疾患にも有効です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【耳鳴り・めまい・難聴】撃退レシピ ― 医師が治療に使う栄養成分「ビタミンB12」をおいしく

【耳鳴り・めまい・難聴】撃退レシピ ― 医師が治療に使う栄養成分「ビタミンB12」をおいしく

耳鳴り・めまい・難聴の症状がある人に意識してとってほしい栄養素は、ビタミンB群。なかでも、ビタミン B12は特にお勧めです。ビタミン B12は、赤血球の形成と再生を促す作用があり、神経細胞の合成・修復に働きます。中枢神経や末梢神経の機能を調整する役割もあります。【解説】坂田英明(川越耳科学クリニック院長)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【耳鳴りを止める食べ物】内科医の職業病「聴診器難聴」―コレを食べたら治った

【耳鳴りを止める食べ物】内科医の職業病「聴診器難聴」―コレを食べたら治った

なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)


【耳の悩み】耳鳴り、難聴、めまいに効く食事―その原因と症状から考える

【耳の悩み】耳鳴り、難聴、めまいに効く食事―その原因と症状から考える

私が勤務する「りゅうえい治療院」には、耳鼻科にかかっても、なかなか改善しないことが多い耳鳴り・難聴・めまいといった症状で来院される患者様がたくさんいます。鍼灸師として、かつ、管理栄養士としてどんな食べ物が耳の悩みの改善に役立つかお話ししましょう。【解説】立花愛子(りゅうえい治療院副院長・鍼灸師・管理栄養士)