耳鳴り・難聴

耳鳴り・難聴

耳鳴りとは、実際には音がしていないにも関わらず、耳の中で音を感じる現象をいいます。「キーン」「ジー」「ピー」など感じ方はそれぞれ違います。難聴(耳が聞こえにくい状態)を併発することが多く、耳の病気の以外にも、老化や疲労、ストレス、こり、血行不良などが原因となり引き起こされることがあります。この耳鳴り・難聴カテゴリは、耳鳴りや難聴の症状の改善に役立つ記事の一覧ページです。

耳鳴り・難聴に関連するキーワード

難聴 水飲み療法
>>耳鳴り・難聴に関連するキーワード一覧

耳鳴り・難聴の健康情報一覧

耳鳴りや突発性難聴に【水飲み療法】 増える「急性低音障害型感音難聴」にも効果あり

耳鳴りや突発性難聴に【水飲み療法】 増える「急性低音障害型感音難聴」にも効果あり

私の治療院では、難聴や耳鳴りなどの患者さんに、鍼灸治療と並行して、水飲み療法を勧めています。効果が顕著に現れるのは、低音型の難聴(突発性も含む)やメニエール病など、内リンパ水腫に要因がある病気です。ほかに、急性音響性難聴にも効いたケースがありました。【解説】藤井德治(アクア鍼灸療法一掌堂治療院院長)


【医師解説】タマネギの薄皮茶の作り方 玉ねぎの皮は血圧を下げる成分が豊富

【医師解説】タマネギの薄皮茶の作り方 玉ねぎの皮は血圧を下げる成分が豊富

タマネギを調理する際、皆さんは、タマネギの薄皮をどうしているでしょうか。ほとんどのかたは、無用のゴミとして捨ててしまっているしょう。しかし実は、このタマネギの薄皮には、無造作に捨ててしまうにはもったいない薬効が隠されています。【解説】三浦於菟(東邦大学東洋医学科客員教授・吉祥寺東方医院院長)


原因不明の耳鳴り 耳が塞がる症状「耳閉感」が改善【水飲み療法】体験談

原因不明の耳鳴り 耳が塞がる症状「耳閉感」が改善【水飲み療法】体験談

昨年の8月半ば、夏カゼをひき、4〜5日体調をくずしたことがありました。発熱して寝ていたところ、両耳に空気がたまっているような感じになったのです。それとともに、原因不明の耳鳴りが始まりました。遠くで救急車のサイレンのような音が、けたたましく鳴っている感じでした【体験談】蟹江千鶴(神奈川県●主婦●49歳)


【キーン】高音の耳鳴り、ふさがる耳閉感が改善する「呼吸法」のやり方はコレ!

【キーン】高音の耳鳴り、ふさがる耳閉感が改善する「呼吸法」のやり方はコレ!

近年、耳鳴りを訴える患者数は増加の一途をたどっています。これは、現在の日本の高齢化社会を反映したもので、加齢による難聴が、その主な原因といえるでしょう。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【医師が作り方・飲み方を解説】耳鳴りが止まらない!そんな人にも効果を発揮する「黒豆の煮汁」

【医師が作り方・飲み方を解説】耳鳴りが止まらない!そんな人にも効果を発揮する「黒豆の煮汁」

黒豆には、悪玉コレステロールをへらし、血圧を下げるリノール酸が多く含まれています。その結果、血流がよくなり耳鳴りの改善につながるのです。加えて、黒豆にはナイアシンというビタミンが含まれています。ナイアシンは脳神経の働きを助けるといわれ、耳鳴り改善に効果が期待できる機能性成分です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)