医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

健康レシピ

健康レシピ

糖尿病、高血圧、高脂血症をはじめ、病気や痛みを改善に導く健康レシピ、減量のためのダイエットレシピを紹介します。食事療法については、医師や管理栄養士、専門家が監修しています。美味しいだけじゃない、健康に良い、体に良いレシピを紹介する記事一覧ページです。

健康レシピに関連するキーワード

レモン ショウガ レモン酢の効果 解毒スープ 酵素ジュース ニンニク コーヒー
>>健康レシピに関連するキーワード一覧

健康レシピの健康情報一覧

【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

私が忙しくなり、酢ニンジンを作りおきできなかった時期がありました。すると、長女が再び便秘になってしまいました。そこで、慌てて酢ニンジンを作って食べさせたところ、すぐにお通じが戻ってきたのです。私自身も、子供といっしょに酢ニンジンを食べて、その効果を実感しています。【体験談】市村芽衣子(仮名・主婦・44歳)


美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

自身の体験と、食材などについて勉強を重ねるうちに、私は、やせたいなら食べるべきだと考えるようになりました。食べたいという欲求を、肉、油、糖分で満たすのではなく、キュウリに代表される野菜を中心とした食事で満たしてやれば、健康的にやせると思うのです。【レシピ考案・料理製作】野崎洋光(分とく山総料理長)


私の血圧を下げた食べ物は「酢+ニンジン」肌にもいい効果!

私の血圧を下げた食べ物は「酢+ニンジン」肌にもいい効果!

半年くらい経ったところで、あれほど頑固に下がらなかったLDLコレステロール値が下がったことに、とても驚きました。驚いたのは、担当医も同様です。酢ニンジンのことを話したところ、「よくがんばりましたね」と、ほめてくれました。さらにビックリしたのは、あれほど低かった体温が上がったことです。【体験談】恒松順子(主婦・74歳)


毎日「いい便」が出る!酢キャベツで快便体質に変化 4キロやせてひざ痛が軽快

毎日「いい便」が出る!酢キャベツで快便体質に変化 4キロやせてひざ痛が軽快

酢キャベツを食べ始めると、期待どおり、少しずつ体重が落ちていきました。体重が落ちたおかげか、10年来の悩みだった、両ひざの痛みが軽くなりました。右ひざは、ほとんど痛みません。たまに左ひざが痛みますが、それでも以前に比べたら、だいぶ楽になりました。【体験談】内藤ナツイ(主婦・67歳)


砂糖いらずで美味しい!「干しブドウ酢」活用レシピ7選

砂糖いらずで美味しい!「干しブドウ酢」活用レシピ7選

「干しブドウ酢」は、料理に活用することもできます。砂糖代わりに料理に使うと、干しブドウの独特の風味が和らぎ、干しブドウが苦手な人でも、おいしく食べることができます。和・洋・中どんな料理にも合いますし、驚くほど料理になじむので、ぜひ一度お試しください。【レシピ考案・料理製作・スタイリング】古澤靖子


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

私がユズに関心を持ったのは8年ほど前。地元である大阪府箕面市が勧める「地域資源活用プロジェクト」がきっかけでした。箕面市がユズの産地であることを知り、当時アロマセラピストとして活動していた私は、ユズからオイルを抽出できないかと考えたのです。【解説】岡山栄子(ゆらぎスタイル代表)


甘酒の健康効果を高める食べ方は「甘酒寒天」 寒天の有効成分とその作り方を解説

甘酒の健康効果を高める食べ方は「甘酒寒天」 寒天の有効成分とその作り方を解説

これまで私は、甘酒の摂取をお勧めしてきました。今回、甘酒の効果をさらに高める機能的な食べ方として、新たにお勧めするのが、甘酒と寒天を併せてとる、「甘酒寒天」です。テングサという海藻を主原料とする寒天は、甘酒以上に食物繊維が豊富な食品です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


糖質高めなニンジンは「酢」と摂ると効果! 私は中性脂肪値が160ミリ→120ミリ!

糖質高めなニンジンは「酢」と摂ると効果! 私は中性脂肪値が160ミリ→120ミリ!

酢ニンジンは髪にもいい影響があるのだと思います。私の髪は、昔はやや茶色がかっていましたが、年を取るにつれ黒髪が増えてきました。白髪もほとんどないので「染めていないの?」と、よく聞かれます。美容師さんからも「その年でこんなに髪がサラサラな人を初めて見た」と驚かれるほどです。【体験談】若狭静香(仮名・ビルオーナー・68歳)


レモン酢入り特製ジュースで20kg減!高かった血糖値や血圧が正常値になった

レモン酢入り特製ジュースで20kg減!高かった血糖値や血圧が正常値になった

ウーロン茶と米麹で作った甘酒をベースにした特製ジュースにレモン酢を加えるようになって、ジュースの味が格段に変わりました。体重は約20kgも落ちました。高かったコレステロール、中性脂肪、血糖値、血圧もすべて正常値になり、今の私は健康そのものです。【体験談】安藤栄子(仮名・主婦・69歳)


1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

発酵タマネギの魅力はおいしさだけではありません。健康面でも糖尿病を改善する、肥満を改善する、便秘を改善する、アレルギーやうつ症状を緩和するといった、まるで万能薬のような効果を期待できます。正確に言えば、発酵タマネギを食べて腸内で作られる物質に、優れた健康効果があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


消化を良くして胃腸に優しい「発酵タマネギ」楽々時短レシピ

消化を良くして胃腸に優しい「発酵タマネギ」楽々時短レシピ

料理に加えれば、食べ物の消化がよくなり、胃腸への負担が軽くなります。アレンジしやすく、飽きることなく続けられますから、タマネギや発酵食品の健康効果を得やすいと思います。発酵タマネギならいちいち切る必要がなく、料理が格段に楽になります。【解説・監修】栗生隆子(発酵生活研究家)【料理・スタイリング】古澤靖子(料理研究家)


毎朝スッキリ「酢キャベツ」で快便習慣をゲット! 痩せてベスト体重をキープ中

毎朝スッキリ「酢キャベツ」で快便習慣をゲット! 痩せてベスト体重をキープ中

酢キャベツを食べ続けて、毎朝、きちんとお通じがつくようになったのです。便通がいいと、やはり身も心もスッキリします。酢キャベツのおかげか、この1年間、体調全般が整っているように感じています。腰が痛かったり、ひざが痛かったりすることもなく、体はよく動きます。【体験談】山畑妙子(仮名・主婦・73歳)


84歳でこの美肌!! ニキビや吹き出物にいい食べ物は…?(レシピ付き)

84歳でこの美肌!! ニキビや吹き出物にいい食べ物は…?(レシピ付き)

酢を摂取した班の学生に、明らかな健康効果が現れたのです。特に印象的だったのは、ひどいニキビ肌の女子学生です。顔だけでなく、背中まであったボツボツが、すっかりキレイになりました。本人も、びっくりするやら、喜ぶやら。これを機に、酢の研究に本腰を入れるようになったのです。【解説】落合敏(管理栄養士・栄養学博士)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)


「酢キャベツが酸っぱすぎる」方へ 酸味を抑えた【酢キャベツの作り方】を紹介!

「酢キャベツが酸っぱすぎる」方へ 酸味を抑えた【酢キャベツの作り方】を紹介!

キャベツの特長といえば、なんといっても、食物繊維が豊富な点です。また、美肌づくりに欠かせないビタミンCや、別名「キャベジン」と呼ばれるビタミンUも豊富です。酢の強い酸味に、抵抗があるかたもいらっしゃるでしょう。そこで私がお勧めしたいのは、酢と水を1対1で割って漬ける方法です。【解説】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【ゴーヤの酢漬けの健康効果】ビタミンCはトマトの5倍!美肌作りの強い味方

【ゴーヤの酢漬けの健康効果】ビタミンCはトマトの5倍!美肌作りの強い味方

ゴーヤに含まれる栄養素で特徴的なのは、ゴーヤ特有の苦み成分である、モモルデシンという物質です。モモルデシンには、血圧や血糖値を下げる作用があるとされ、生活習慣病の予防にも役立ちます。また、ゴーヤは各種ビタミンやミネラルも豊富です。なかでも多いのがβカロテンとビタミンCです。【解説】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


「酢大豆」でお腹がスッキリ!食事で体を内側から整えよう

「酢大豆」でお腹がスッキリ!食事で体を内側から整えよう

酢大豆は、酢だけでなく、良質なたんぱく質を豊富に含む大豆も同時に摂取できます。食物を口から摂取するという行為は、いわば「食の整体」といえるでしょう。取り入れられた栄養素が、体の内部から全身の違和やゆがみを整えてくれる、という考え方です。【解説】中村守(盛岡せんぼくバランス治療院院長)