MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
健康レシピ

健康レシピ

糖尿病、高血圧、高脂血症をはじめ、病気や痛みを改善に導く健康レシピ、減量のためのダイエットレシピを紹介します。食事療法については、医師や管理栄養士、専門家が監修しています。美味しいだけじゃない、健康に良い、体に良いレシピを紹介する記事一覧ページです。

健康レシピの記事一覧

表示順:
シンバイオティクスとは「人に有用な善玉菌を摂取するプロバイオティクス」と「善玉菌を生かすものを摂取するプレバイオティクス」をバランスよく摂取して腸内環境にアプローチするという方法です。ヨーグルトがプロバイオティクス、玉ねぎがプレバイオティクスに該当します。【解説】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)
更新: 2019-02-21 09:47:13
「酢が苦手」「酢の使い方がわからない」という人でも、みそ汁に入れると酸味が和らぐので、無理なく摂取できます。内臓脂肪を減少させて血圧を下げる酢と、血管を若返らせ、美肌効果が高いみその組み合わせは、最強の病気撃退食といえるでしょう。【料理・スタイリング】村山瑛子(料理研究家)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士)
更新: 2019-01-10 10:08:27
甘酒や甘酒寒天をとり始め、1年ほど経ったころから、変化が現れました。黒い髪が生え、頭髪全体が、明らかに黒っぽくなってきたのです。白髪よりも、黒髪のほうが目立って増えてきて、もうほとんど黒髪に近いほど。なじみの美容師さんから、「髪が黒くなりましたね!」と、驚かれました。【体験談】大谷美智子(無職・86歳)
更新: 2019-01-01 18:00:00
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2018-12-23 18:00:00
私が忙しくなり、酢ニンジンを作りおきできなかった時期がありました。すると、長女が再び便秘になってしまいました。そこで、慌てて酢ニンジンを作って食べさせたところ、すぐにお通じが戻ってきたのです。私自身も、子供といっしょに酢ニンジンを食べて、その効果を実感しています。【体験談】市村芽衣子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2018-12-06 18:00:00
自身の体験と、食材などについて勉強を重ねるうちに、私は、やせたいなら食べるべきだと考えるようになりました。食べたいという欲求を、肉、油、糖分で満たすのではなく、キュウリに代表される野菜を中心とした食事で満たしてやれば、健康的にやせると思うのです。【レシピ考案・料理製作】野崎洋光(分とく山総料理長)
更新: 2018-12-04 18:00:00
半年くらい経ったところで、あれほど頑固に下がらなかったLDLコレステロール値が下がったことに、とても驚きました。驚いたのは、担当医も同様です。酢ニンジンのことを話したところ、「よくがんばりましたね」と、ほめてくれました。さらにビックリしたのは、あれほど低かった体温が上がったことです。【体験談】恒松順子(主婦・74歳)
更新: 2018-11-24 12:00:00
酢キャベツを食べ始めると、期待どおり、少しずつ体重が落ちていきました。体重が落ちたおかげか、10年来の悩みだった、両ひざの痛みが軽くなりました。右ひざは、ほとんど痛みません。たまに左ひざが痛みますが、それでも以前に比べたら、だいぶ楽になりました。【体験談】内藤ナツイ(主婦・67歳)
更新: 2018-11-21 12:00:00
「干しブドウ酢」は、料理に活用することもできます。砂糖代わりに料理に使うと、干しブドウの独特の風味が和らぎ、干しブドウが苦手な人でも、おいしく食べることができます。和・洋・中どんな料理にも合いますし、驚くほど料理になじむので、ぜひ一度お試しください。【レシピ考案・料理製作・スタイリング】古澤靖子
更新: 2018-11-20 12:00:00
伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)
更新: 2018-11-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt