老眼・近視・目の病気

老眼・近視・目の病気

老眼とは、近いところが見えにくくなる症状で、40歳前後から始まる老化現象の一つです。個人差があるものの、実は近視の方も老眼にはなります。最近では、長時間によるスマホの使用で、夕方になると老眼のような状態になる「スマホ老眼」も、子供や若者の間でも増加しています。このカテゴリは、老眼や近視など様々な目の悩みに役立つ記事の一覧ページです。

老眼・近視・目の病気に関連するキーワード

老眼 近視 視力 かすみ目 眼瞼下垂 眼精疲労 スマホ老眼 目を温める
>>老眼・近視・目の病気に関連するキーワード一覧

老眼・近視・目の病気の健康情報一覧

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障は、眼圧(眼球内の圧力)が高くなって視神経を傷つけ、視野が欠損していく病気です。失明原因の第1位と恐れられていますが、早期発見・早期治療を行えば、ほとんどの場合、失明は免れます。毎日の生活では、気をつけるポイントをご紹介します。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長)


見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


【目が疲れる まぶしい】かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

【目が疲れる まぶしい】かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

中医学では、古来から「薬食同源」の思想があります。煎じて漢方薬となる生薬の中には、鉱物や木の皮、動物の骨など通常は食用にしないものも含まれていますが、ごく普通に食べられている食材も多いのです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【子供の視力低下】弱視に注意 実は多い "近くが見えにくい" 子 三歳児検診がカギ

【子供の視力低下】弱視に注意 実は多い "近くが見えにくい" 子 三歳児検診がカギ

実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)


【加齢黄斑変性】は目のゴミ「ドルーゼン」検査で早期発見できる 予防する食べ物はコレ

【加齢黄斑変性】は目のゴミ「ドルーゼン」検査で早期発見できる 予防する食べ物はコレ

近年、「加齢黄斑変性」という目の病気が注目されています。この病気は欧米人に多く、日本人には比較的少ない病気でしたが、高齢化や食生活の欧米化、光環境の激変などによって日本でも急増しています。【解説】玄真(北あやせよつば眼科院長)


【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

近視の原因には、遺伝によるものと、環境が影響しているものとがあります。環境という点では、学童期の子どもは最も強い影響を受けるといっても過言ではないでしょう。そこで私たちは、合谷を中心とした鍼治療で、若年層の近視の視力がどれだけ回復するのかを調査しました。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


【パラ卓球・別所キミヱ選手】4回連続パラ五輪出場の秘訣は目と脳を鍛える「お手玉」

【パラ卓球・別所キミヱ選手】4回連続パラ五輪出場の秘訣は目と脳を鍛える「お手玉」

卓球は、返ってくる球に一瞬で反応しなければならないため、いちいち首を動かして見ていたのでは間に合いません。目だけを動かし、いかに素早く、広い範囲を見るかが重要になります。そこで、私は体幹を鍛えるために始めたお手玉に、文字を書くことを思いつきました。【解説】別所キミヱ(日本最年長の卓球選手)


【視力回復】400人が平均0.3アップした近視を改善するツボ コンタクトが不要になった人も

【視力回復】400人が平均0.3アップした近視を改善するツボ コンタクトが不要になった人も

私たち鍼灸師が、あらゆる目のトラブルの治療に際して、真っ先に選択するツボが「合谷」です。その対象は広く、近視はもちろん、老眼や眼精疲労、緑内障や加齢黄斑変性などの重大な疾患にまで及びます。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


【高齢者の車の事故】原因は“目”  周辺視を鍛える「お手玉」と「遠近ストレッチ」で改善

【高齢者の車の事故】原因は“目” 周辺視を鍛える「お手玉」と「遠近ストレッチ」で改善

一般的に、人間の体に備わる機能は、使えば使うほど高まります。逆に、使わずにいれば衰えます。意識して使うことで、加齢による機能低下を食い止め、さらにはその機能を高めることもできるのです。目についても、この原則は当てはまります。【解説】鎌田芳夫(上野毛眼科院長)


スマホによる目の疲れやドライアイを改善 対策は「コーヒーカップ」と「ドライヤー」

スマホによる目の疲れやドライアイを改善 対策は「コーヒーカップ」と「ドライヤー」

眼精疲労になってしまった人は、「目が疲れる」「目がかすむ」「目がしょぼしょぼする」「まぶしい」「目が痛い」「ぼやける」「目が充血する」といった多くの症状に悩まされるようになります。これらの症状が、一晩よく寝ても取れずに継続することが、単なる「眼疲労」ではない、眼精疲労の特徴です。【解説】鎌田芳夫(上野毛眼科院長)


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

「もしかして老眼!?でも、老眼鏡は格好悪いし使いづらい」と思っている人に朗報です。老眼鏡は年々進化しており、昔の年寄りくさいイメージはなくなりつつあります。便利になった遠近両用レンズを中心に最新の老眼鏡情報など、自分に合った老眼鏡選びのポイントを、屈折矯正のプロに聞きました。【聞き手】石川惠美子(医療ジャーナリスト)


スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。【解説】日比野佐和子(Rサイエンスクリニック広尾院長)、林田康隆(Y'sサイエンスクリニック広尾院長)


【乱視・老眼】目のトラブルを改善する「ペットボトル」呼吸のやり方

【乱視・老眼】目のトラブルを改善する「ペットボトル」呼吸のやり方

ペットボトル呼吸は、ペットボトルが一つあれば、すぐに始められます。近視、乱視、老眼、緑内障などすべての目のトラブルに効くペットボトル呼吸のやり方をお話します。【解説】今野清志(日本リバース院長)