老眼・近視・目の病気

老眼・近視・目の病気

老眼とは、近いところが見えにくくなる症状で、40歳前後から始まる老化現象の一つです。個人差があるものの、実は近視の方も老眼にはなります。最近では、長時間によるスマホの使用で、夕方になると老眼のような状態になる「スマホ老眼」も、子供や若者の間でも増加しています。このカテゴリは、老眼や近視など様々な目の悩みに役立つ記事の一覧ページです。

老眼・近視・目の病気に関連するキーワード

老眼 近視 視力
>>老眼・近視・目の病気に関連するキーワード一覧

老眼・近視・目の病気の健康情報一覧

【失明を予防】網膜の血管が詰まる「網膜血管閉塞症」を改善する納豆の食べ方

【失明を予防】網膜の血管が詰まる「網膜血管閉塞症」を改善する納豆の食べ方

目の血流が悪化すると、酸素や栄養がじゅうぶんに行き渡らなくなります。そして、疲れ目・モヤモヤ感・チラつきなどの症状が現れやすくなります。とりわけ、網膜の近くで血流のトラブルが起これば、突然物が見えなくなったり見えにくくなったりと、たいへん重い症状が生じます。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【視力回復の方法】私は0.01が1.0に!「深い呼吸」で近視の視力がアップ

【視力回復の方法】私は0.01が1.0に!「深い呼吸」で近視の視力がアップ

「深い呼吸をしていると目の働きがよくなって、眼精疲労やドライアイはもちろん、視力もよくなってくるんですよ」こう言うと、たいていのかたはびっくりされます。なぜ、深い呼吸である視力回復呼吸をすると、視力が上がるのでしょうか。この疑問を解くカギは、血流が握っています。【解説】原久子(原アカデミー代表・鍼灸師)


【視覚を鍛える】成績が上がる!仕事の効率アップ!うつ、ボケも防ぐ目のトレーニング

【視覚を鍛える】成績が上がる!仕事の効率アップ!うつ、ボケも防ぐ目のトレーニング

見え方がよくなると、視力だけでなく、成績や仕事の効率がアップします。また、疲れにくい眼にもなります。その結果、生活が見違えるほど楽しくなったり、性格が前向きになったり、容姿まで若返ったりするなど、実践された人からは大変喜ばれています。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


夕方老眼・週末老眼・疲れ老眼を改善する【目の温パック】

夕方老眼・週末老眼・疲れ老眼を改善する【目の温パック】

私たちの研究では眼精疲労の原因のおおよそ6割をドライアイが占めています。残りの4割は、目の中の毛様体筋などの筋肉の疲れや、脳の疲労によるものです。疲れ目くらい、とほうっておくと眼病や視力低下、頭痛や不眠などを招くことがあるので甘く見てはいけません。【解説】足立和孝(あだち眼科院長)・有安正規(あだち眼科視覚訓練士長)


【目薬】防腐剤や血管収縮剤入りに注意 老眼やドライアイには「目の温タオル」

【目薬】防腐剤や血管収縮剤入りに注意 老眼やドライアイには「目の温タオル」

充血や目の疲れも、その裏には目の病気が隠れているかもしれません。それを市販薬でごまかしてしまうと、あとで取り返しのつかないことになる場合があります。【解説者】林田康隆(Y’sサイエンスクリニック広尾院長・眼科専門医)


【目を温める】シャワーを当てると眼精疲労が軽減!視力が上がり仮性近視も改善

【目を温める】シャワーを当てると眼精疲労が軽減!視力が上がり仮性近視も改善

私たちがものを見るときには、毛様体筋という筋肉が、目のレンズといわれる水晶体の厚さを調節し、ピントを合わせています。しかし、目を酷使すると、血流が悪化して、毛様体筋がこり、ピント合わせの機能が衰えます。そんな眼精疲労には、目を冷やすのではなく、温めることが有効です。【解説】宮永嘉隆(西葛西・井上眼科病院名誉院長)


【子どもの老眼】黒板が見えても手元が見えない!「近見視力」の低下を改善する視覚トレーニング

【子どもの老眼】黒板が見えても手元が見えない!「近見視力」の低下を改善する視覚トレーニング

「近見視力」という言葉をご存じでしょうか。近見視力とは、近くを見るのに必要な視力のことで、読書や筆記、パソコンには欠かせないものです。老眼とは、眼の老化によって近見視力が低下し、近くの文字がはっきりと見えなくなる現象を指します。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学教授(健康教育学))


視覚トレーニングをやってみよう!《ボディイメージトレーニング編》

視覚トレーニングをやってみよう!《ボディイメージトレーニング編》

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意!目の老化を防ぎ「キラキラ」を保つ方法

【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意!目の老化を防ぎ「キラキラ」を保つ方法

目の状態とはあまり関係がない質問のように思えるかもしれませんが、実は水分摂取は、目の状態とも密接な関連があります。水分不足の症状の一つとして、ドライアイや眼精疲労があります。水分補給をしっかり行い、運動したり、遠近トレーニングを行ったりすることは、目の美白という点から見ても有効です。【解説】新見浩司(新見眼科院長)


【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


視覚トレーニングをやってみよう!《眼の準備体操編》

視覚トレーニングをやってみよう!《眼の準備体操編》

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


視覚トレーニングをやってみよう!《両眼の協調トレーニング編》

視覚トレーニングをやってみよう!《両眼の協調トレーニング編》

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


【納豆】視力回復に効果のある食べ物 網膜血管閉塞症も改善すると医師が解説

【納豆】視力回復に効果のある食べ物 網膜血管閉塞症も改善すると医師が解説

目の血流が悪化すると、酸素や栄養がじゅうぶんに行き渡らなくなり、疲れ目・モヤモヤ感・チラつきなどの症状が現れやすくなります。特に、網膜の近くで血流のトラブルが起これば、突然物が見えなくなったり、見えにくくなったりと、重い症状が生じます。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【眼科医】蒸しタオルで目を温めれば 老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

【眼科医】蒸しタオルで目を温めれば 老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 


【子どもの視力】手作り簡単「クコの実酢」で、息子の仮性近視が改善

【子どもの視力】手作り簡単「クコの実酢」で、息子の仮性近視が改善

私は子どもの頃から目が悪く、中学生時代にはすでにメガネを使っていました。最近は視力を測っていませんが、最後に測定したときは左右とも裸眼で0・06だったと思います。メガネなしでは、15㎝も離れたら、もう視界がボヤけてしまう状態です。【体験談】古澤ゆかり(仮名・団体職員・37歳)


【スマホ老眼】特効「目のツボ刺激」ピント調節の改善、飛蚊症にも効果あり

【スマホ老眼】特効「目のツボ刺激」ピント調節の改善、飛蚊症にも効果あり

視力の衰えは老化によるもので、年齢を重ねれば仕方がないことだと考えている人が多いと思います。しかし、実は生活習慣による影響も大きいのです。老眼をはじめとする目の不調を招く隠れた原因が、添加物の多い食品や、甘いもの、脂肪の多いもののとりすぎ、お酒の飲みすぎ、服薬の習慣などです。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)


【医師の明快解説】目の老化を防ぎ、老眼を改善する食べ物と生活習慣はコレだ

【医師の明快解説】目の老化を防ぎ、老眼を改善する食べ物と生活習慣はコレだ

年齢を重ねるにつれて、体のほかの部分同様、目も老化していきます。一口に目の老化といっても、目のしくみは複雑なので、どの部位に問題があるかによって、視界に及ぼす影響は異なります。目の部位それぞれについて、老化による主な症状をご説明しましょう。【解説】宮永嘉隆(東京女子医科大学名誉教授 西葛西・井上眼科名誉院長)


【老眼改善のアイケア】目の老化は25歳から始まる!ピント調整力を改善する方法

【老眼改善のアイケア】目の老化は25歳から始まる!ピント調整力を改善する方法

以前、私が大学病院に勤務していた当時、ある企業と共同でアイケアグッズを開発することになり、目に関するさまざまな研究を行いました。その一つが、「目の周りを温めると、どのような効果が得られるか」という臨床実験です。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)


【眼科医考案】“目にいい”野菜ジュース 白内障や加齢黄斑変性の症状改善に効果

【眼科医考案】“目にいい”野菜ジュース 白内障や加齢黄斑変性の症状改善に効果

目の難病の数々が当院で治るのは「目だけでなく全身に着目した眼病治療」を提唱しているからです。目の病気は目だけが悪くて起こるわけではありません。全身の血流や代謝の悪化、活性酸素の増加等で起こるのです。糖尿病網膜症の眼底出血が改善したり加齢黄斑変性も回復した「レタスジュース」を紹介します。【解説】山口康三(回生眼科院長)


加齢黄斑変性や白内障の改善に 食べる目薬「クコの実酢」

加齢黄斑変性や白内障の改善に 食べる目薬「クコの実酢」

古来、不老長寿の妙薬とされてきたクコは、ナス科の植物です。滋養強壮に優れているため、実はもちろん、根や葉も、生薬として役立てられています。特にクコの実は、疲れ目やかすみ目、老眼、飛蚊症、ドライアイをはじめとする目の不調によく効く生薬の筆頭として重用されてきました。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


ランキング


>>総合人気ランキング