病気や症状の改善に役立つ健康情報サイト

老眼・近視

老眼や近視の改善に役立つ記事一覧ページです。


老眼・近視の健康情報一覧

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「耳の先端のツボ」が「目の飛蚊症」に効いたと改善例が続出

「耳の先端のツボ」が「目の飛蚊症」に効いたと改善例が続出

飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)


劇的に生活の質が向上する白内障の手術のタイミング 眼内レンズ・病院の選び方

劇的に生活の質が向上する白内障の手術のタイミング 眼内レンズ・病院の選び方

白内障は、手術をすれば視力が回復する病気です。焦って手術を受ける必要はありませんが、視力が落ちて不便な状態を長く我慢するよりは、適切な時期に手術を受けたほうが、QOL(生活の質)を高めて、快適に過ごすことができます。【解説】吉野健一(吉野眼科クリニック院長)


失明原因1位の緑内障は早期発見・早期治療で失明を免れ視野の現状維持は可能

失明原因1位の緑内障は早期発見・早期治療で失明を免れ視野の現状維持は可能

緑内障は怖い病気──。そう思っている人が、多いのではないでしょうか。おそらく、緑内障=失明、というイメージが強いからでしょう。【解説】富所敦男(東中野とみどころ眼科院長)


高血圧や糖尿病に効果がある「黒豆の煮汁」を飲んだら飛蚊症が改善した人が続出

高血圧や糖尿病に効果がある「黒豆の煮汁」を飲んだら飛蚊症が改善した人が続出

私は、約30年前から黒豆(黒大豆)の健康効果を研究してきました。クリニックの患者さんにも、漢方薬の処方と併用して「黒豆の煮汁」を勧めています。 【解説】野崎 豊(ノザキクリニック院長)


ショボショボ感、まぶしさ、かすみ目が改善したと人気のクコ湯は超お手軽漢方

ショボショボ感、まぶしさ、かすみ目が改善したと人気のクコ湯は超お手軽漢方

目の不快症状を改善するには、第一に目をできるだけ休めることが大切です。加えて、肝の働きを助けるクコの実で作る「クコ湯」をお勧めします。【解説】井上正文(薬剤師)


目の老化・白内障の進行を遅らせるビタミンCなどの抗酸化食品と保護用サングラス

目の老化・白内障の進行を遅らせるビタミンCなどの抗酸化食品と保護用サングラス

白内障は老化現象の一つです。白髪やシワと同様、放置せずに眼科での治療とともに、日ごろの生活習慣や栄養療法のケアによって、進行をある程度遅らせたり、予防したりすることも大切です。【解説】村上茂樹(順天堂大学客員教授、むらかみ眼科クリニック院長)


白内障と老眼が進み 0.2に下がった視力が爪もみで 1.2に上がり目薬も不要

白内障と老眼が進み 0.2に下がった視力が爪もみで 1.2に上がり目薬も不要

スーパーで商品の値段がよく見えず、家に戻ってからレシートを見たら、「思っていたより高額だった」ということが何度かありました。【体験談】●主婦●66歳●桜井ようこ


ルテインが豊富な野菜を食べると 目の黄斑色素が増えて 見え方もクッキリする

ルテインが豊富な野菜を食べると 目の黄斑色素が増えて 見え方もクッキリする

加齢黄斑変性は現在、日本人の失明原因の4位です。しかし現在の状況を考えると、今後、さらに増えると予測されます。【解説】尾花明(聖隷浜松病院眼科部長)


朝飲む「ニンジンジュース」が老眼、飛蚊症、白内障から加齢黄斑変性にまでよく効く

朝飲む「ニンジンジュース」が老眼、飛蚊症、白内障から加齢黄斑変性にまでよく効く

私の父であるクリニックの院長・石原結實も、毎朝、ニンジンジュースを欠かしません。父は、今年66歳になりますが、周囲にいる若者よりも、元気はつらつとしています。目も健康そのもので、老眼もありません。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


眼精疲労などに加え、不眠などで悩む人は、眠る前の番茶シップが特に効きます

眼精疲労などに加え、不眠などで悩む人は、眠る前の番茶シップが特に効きます

番茶シップで目を温めると、とても気持ちがよく、心身ともにリラックスできます。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長) 


老若男女を問わない「スマホ老眼」は目の温パックで解決!緑内障や近視にも効果

老若男女を問わない「スマホ老眼」は目の温パックで解決!緑内障や近視にも効果

大昔の狩猟時代の名残で、ピント調整機能は、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)と密接にかかわっています。【解説】平松 類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


近視や緑内障を進行させる自律神経の乱れを正して目を守る「視力回復爪もみ」

近視や緑内障を進行させる自律神経の乱れを正して目を守る「視力回復爪もみ」

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように眼に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


眼球ぐるぐる体操は眼科でも実践!目の毛細血管に血液が送られ目の若さを保つ

眼球ぐるぐる体操は眼科でも実践!目の毛細血管に血液が送られ目の若さを保つ

目のトラブルを改善するために目を温めることは、治療の基本です。私のクリニックでは、遠赤外線の温熱治療器を使うこともあります。眼底出血の患者さんに温熱治療器を使ったところ、レーザー治療でも効果がなかったのに、症状が目覚ましく改善したこともあります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


加齢黄斑変性で0・2の視力が0・8に!眼圧が下がり失明の危険も回避した「番茶シップ」

加齢黄斑変性で0・2の視力が0・8に!眼圧が下がり失明の危険も回避した「番茶シップ」

疲れ目をはじめ、緑内障、白内障、老眼、加齢黄斑変性などの改善や、視力アップなど、目に対して有効な自然療法である「番茶シップ」をご紹介しましょう。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


老眼は目のピントを合わせる筋肉の衰えが原因で 「目のスクワット」で即改善する

老眼は目のピントを合わせる筋肉の衰えが原因で 「目のスクワット」で即改善する

私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っている「目のスクワット」にあるのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


ランキング


>>総合人気ランキング