医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

老眼・近視・目の病気

老眼・近視・目の病気

老眼とは、近いところが見えにくくなる症状で、40歳前後から始まる老化現象の一つです。個人差があるものの、実は近視の方も老眼にはなります。最近では、長時間によるスマホの使用で、夕方になると老眼のような状態になる「スマホ老眼」も、子供や若者の間でも増加しています。このカテゴリは、老眼や近視など様々な目の悩みに役立つ記事の一覧ページです。

老眼・近視・目の病気に関連するキーワード

老眼 近視 視力 かすみ目 眼瞼下垂 眼精疲労 スマホ老眼 目を温める
>>老眼・近視・目の病気に関連するキーワード一覧

老眼・近視・目の病気の健康情報一覧

【目が疲れる・かすむ】目の症状の特効ツボ「養老」はココ!

【目が疲れる・かすむ】目の症状の特効ツボ「養老」はココ!

目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)


加齢黄斑変性の予防にニンジンのカロテノイドが有効!ハーバード大で実証

加齢黄斑変性の予防にニンジンのカロテノイドが有効!ハーバード大で実証

近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)


治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

緑内障は、目と脳をつないでいる視神経が障害され、視野が少しずつ狭くなっていく病気です。日本では、中途失明の第1位はこの緑内障です。緑内障の主な原因は、高い眼圧(眼球内の圧力)であることがわかっています。【解説】中澤徹(東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座 眼科学分野 教授)


目を良くするには食事改善が大事!天然だしで作る「視力向上スープ」

目を良くするには食事改善が大事!天然だしで作る「視力向上スープ」

多くの病気は、食事を変えることでよくなります。目の病気はそれが顕著です。現代人の食生活は、エネルギー過多な一方で、バランスを欠いています。不足している栄養があると、体はそれを補おうとして、食べ過ぎてしまいます。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

腕ふりはどんな目の症状にも効きますが、とりわけお勧めしたいのは原因のわからない目の不調です。最近「神経眼科」というジャンルがありますが、自律神経が乱れていたり、精神的に疲れていたりすると、それが目に影響して、さまざまな症状が出てきます。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

私がこれまでに行った、目の病気の鍼治療は、8000例を優に超えています。多くの目の症例を検討することにより、どのツボが、目のどの部位に対応するのか、明確にわかってきました。つまり、目の病気別に有効なツボ治療が可能になったのです。【解説】佐藤信雄(さとうのぶお鍼灸院院長)


視力が向上!老眼とも無縁!私の「まぶたつまみ」体験談

視力が向上!老眼とも無縁!私の「まぶたつまみ」体験談

ある日、いつものように食事をしたあと、なにげなく新聞を読んでいました。しかし、その最中に、老眼鏡を忘れていたことに気づいたのです。私は、「自分が老眼鏡なしで、何不自由なく新聞を読んでいる」事実に驚きました。これも、まぶたつまみのおかげなのは間違いありません。【体験談】中井宏二(神奈川県・76歳・自営業)


血流アップで目の疲れを撃退!1分で全身が温まる「指こすり」のやり方

血流アップで目の疲れを撃退!1分で全身が温まる「指こすり」のやり方

私は、青森県の特産品であるリンゴやニンニクの農園を運営するかたわら、鍼灸師として患者さんの治療に当たっています。指こすりは、左右の手の指を交互に組み合わせて、指の側面を刺激します。非常に簡単にできるうえに、老眼や眼精疲労、ドライアイなど、目のさまざまな症状を改善するのに役立ちます。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


緑内障を予防する食べ物は「ゆでキャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「ゆでキャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


「眼圧を上げない生活習慣」で緑内障を予防!低血圧はなりやすい

「眼圧を上げない生活習慣」で緑内障を予防!低血圧はなりやすい

緑内障は、眼圧(眼球内の圧力)が高くなって視神経を傷つけ、視野が欠損していく病気です。失明原因の第1位と恐れられていますが、早期発見・早期治療を行えば、ほとんどの場合、失明は免れます。毎日の生活では、気をつけるポイントをご紹介します。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長)


見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

中医学では、古来から「薬食同源」の思想があります。煎じて漢方薬となる生薬の中には、鉱物や木の皮、動物の骨など通常は食用にしないものも含まれていますが、ごく普通に食べられている食材も多いのです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【視力回復】目のトレーニングのやり方 プロボクサー村田諒太選手も実践!

【視力回復】目のトレーニングのやり方 プロボクサー村田諒太選手も実践!

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


足の指のまた押しで視力0.02が0.7まで回復!メガネが不要!

足の指のまた押しで視力0.02が0.7まで回復!メガネが不要!

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【三歳児検診】視力検査では弱視に注意!実は多い"近くが見えにくい子"

【三歳児検診】視力検査では弱視に注意!実は多い"近くが見えにくい子"

実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)


加齢黄斑変性は検査で早期発見!目のゴミ「ドルーゼン」を予防する食事

加齢黄斑変性は検査で早期発見!目のゴミ「ドルーゼン」を予防する食事

近年、「加齢黄斑変性」という目の病気が注目されています。この病気は欧米人に多く、日本人には比較的少ない病気でしたが、高齢化や食生活の欧米化、光環境の激変などによって日本でも急増しています。【解説】玄真(北あやせよつば眼科院長)


【4回連続五輪出場】パラ卓球・別所キミヱ選手 お手玉で「目と脳を鍛える方法」

【4回連続五輪出場】パラ卓球・別所キミヱ選手 お手玉で「目と脳を鍛える方法」

卓球は、返ってくる球に一瞬で反応しなければならないため、いちいち首を動かして見ていたのでは間に合いません。目だけを動かし、いかに素早く、広い範囲を見るかが重要になります。そこで、私は体幹を鍛えるために始めたお手玉に、文字を書くことを思いつきました。【解説】別所キミヱ(日本最年長の卓球選手)


近視改善のツボで視力回復!400人が平均0.3アップ コンタクトが不要に

近視改善のツボで視力回復!400人が平均0.3アップ コンタクトが不要に

私たち鍼灸師が、あらゆる目のトラブルの治療に際して、真っ先に選択するツボが「合谷」です。その対象は広く、近視はもちろん、老眼や眼精疲労、緑内障や加齢黄斑変性などの重大な疾患にまで及びます。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


【高齢者の車の事故予防】原因は“目”! 周辺視を鍛えて目の機能低下を防ぐ

【高齢者の車の事故予防】原因は“目”! 周辺視を鍛えて目の機能低下を防ぐ

一般的に、人間の体に備わる機能は、使えば使うほど高まります。逆に、使わずにいれば衰えます。意識して使うことで、加齢による機能低下を食い止め、さらにはその機能を高めることもできるのです。目についても、この原則は当てはまります。【解説】鎌田芳夫(上野毛眼科院長)