MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
老眼・近視が改善する健康法

老眼・近視が改善する健康法

老眼とは、近いところが見えにくくなる症状で、40歳前後から始まる老化現象の一つです。個人差があるものの、実は近視の方も老眼にはなります。最近では、長時間によるスマホの使用で、夕方になると老眼のような状態になる「スマホ老眼」も、子供や若者の間でも増加しています。このページは、老眼や近視など様々な目の悩みに役立つ健康法に関する一覧です。

老眼・近視が改善する健康法の記事一覧

表示順:
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt