婦人病・更年期障害

婦人病・更年期障害

婦人病とは、女性に好発する病気の総称で、婦人科トラブルのことを指します。生理不順、生理痛、更年期障害、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮脱、膣脱、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、卵巣腫瘍(良性)、性器クラミジア感染症などが挙げられます。このカテゴリは、婦人病の対策に役立つ食べ物や運動療法、その他健康法などの情報を紹介する記事の一覧ページです。

婦人病・更年期障害に関連するキーワード

女性
>>婦人病・更年期障害に関連するキーワード一覧

婦人病・更年期障害の健康情報一覧

【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

今回紹介する「肝臓マッサージ」は、肝臓や周辺の筋肉にアプローチする方法です。1日2セットの肝臓マッサージで横隔膜などの筋肉のこりをほぐすことで、肝臓の動きがスムーズになります。肝機能が改善し、全身のデトックス力が高まれば様々なトラブルが改善します。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸マッサージ師)


【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

患者さんの中には操体法を実践して、更年期障害によるほてりや多汗、ひざ痛、腰痛、五十肩、また加齢性の難聴まで軽快した人もいます。脳梗塞の後遺症がある人は、通常のリハビリは痛くてできないと操体を実践し、可動域が上がりました。【解説】永島知子(ながしまクリニック院長)


【外陰部の強い痛み】性病でなければ「外陰痛症候群」の可能性 原因と対策を専門医が解説

【外陰部の強い痛み】性病でなければ「外陰痛症候群」の可能性 原因と対策を専門医が解説

外陰部の強い痛みに困っています。一度婦人科で診察を受けましたが、膣炎ではないとのこと。生活に支障をきたすほどの強い痛みで、本当に悩んでいます。(50代女性)【回答・解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長、LUNA骨盤底トータルサポートクリニック院長)


【乳がん検診】「トモシンセシス・マンモグラフィー」「PEM」とは 検査の痛みは?何歳から受ければいい?

【乳がん検診】「トモシンセシス・マンモグラフィー」「PEM」とは 検査の痛みは?何歳から受ければいい?

乳がん検診で行われるマンモグラフィーは「痛い」イメージから敬遠したくなる人もいるようです。また、日本人女性は乳腺の密度が高い人が多くて異常が見過ごされてしまうことも。しかし、最近、新たな検査技術が登場し、痛みも少なく、より高精度の検査が可能になっています。【解説】片山敦(医療法人社団ゆうあい会ゆうあいクリニック理事長)


【生理痛が改善】鎮痛剤なしでは動けなかった重い生理が1回の「骨盤ゆらゆら」で軽快した!

【生理痛が改善】鎮痛剤なしでは動けなかった重い生理が1回の「骨盤ゆらゆら」で軽快した!

私は高校生の頃から生理痛がひどくなり、生理になると、特に2日目、3日目は鎮痛剤を飲まないと学校にも行けませんでした。子宮のあたりをギュッとつかまれたような痛みが続き、動けなくなるほどのつらさだったのです。【体験談】高橋あい(37歳・医療事務・埼玉県)


【子宮筋腫・卵巣嚢腫】が改善する「足の指もみ」 産婦人科医の私が患者の「足」を見る理由

【子宮筋腫・卵巣嚢腫】が改善する「足の指もみ」 産婦人科医の私が患者の「足」を見る理由

私は、足と生殖器は相関していると考えています。足に足首があるように、子宮にも「首」を表す「頸」の文字がついた子宮頸部があります。ふくらはぎを子宮体部、足首を子宮頸部、足先を卵巣ととらえるのです。足指の変形が改善すると、婦人科の病気にもいい影響を与えます。【解説者】佐々木綾(AYAウイメンズクリニック院長)


【不妊】卵巣機能が向上して卵子の数が増えた!「骨盤ゆらゆら」で肩こり・首こりも軽快

【不妊】卵巣機能が向上して卵子の数が増えた!「骨盤ゆらゆら」で肩こり・首こりも軽快

私は3年前から不妊治療を始めましたが、ずっと思わしくない結果が続いたので、1年前に思い切って病院を変えてみました。新たに通い始めたクリニックは、運動療法も行っています。教えてもらったのは、「骨盤ゆらゆら」という運動です。妊活に効果がありそうだなと思いました。【体験談】M・S(仮名・41歳・会社員・埼玉県)


【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

私のクリニックに不妊治療で来院される患者さんの平均年齢は40代前半です。不妊で悩まれている患者さんには1つの共通点があります。それは骨盤内の臓器が冷えて固まっていること。もちろん子宮も含まれます。骨盤内が冷えているということは、血流が悪いということです。【解説】出居貞義(大宮レディスクリニック院長)


【生理痛・月経過多が改善】おりものの量が減った!女医考案「おまたカイロ」初公開

【生理痛・月経過多が改善】おりものの量が減った!女医考案「おまたカイロ」初公開

冷えが子宮に大きな影響を与えることに気づいたのは医学部に入学してから。手足の冷えやおなかの冷え、さまざまな冷えが重なり子宮を冷やすのです。子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、不妊、これらすべての根源は子宮の冷えが原因と言っても過言ではありません。生理痛や月経過多もそうです。【解説】駒形依子(こまがた医院院長・産婦人科医)


【医師考案】不妊や生理不順・生理痛も改善する「さずかり体操」を大公開!

【医師考案】不妊や生理不順・生理痛も改善する「さずかり体操」を大公開!

さずかり体操で足や下半身をケアすることで、子宮、卵巣、膣などの緊張を取り、足から子宮などの骨盤内、そして全身を温めることができます。日常にすぐ取り入れることができ、赤ちゃんを迎える体づくり、また妊娠中の体調管理にもとても活躍してくれるということで好評を得ています。【解説】佐々木綾(AYAウィメンズクリニック院長)


【ホルモンバランスを整える食べ物】女性の味方は "小豆" シミやシワ、乳がんを防ぐ効果

【ホルモンバランスを整える食べ物】女性の味方は "小豆" シミやシワ、乳がんを防ぐ効果

あずきは赤ワインの1・5〜2倍ものポリフェノールが含まれており、抗酸化力は抜群。ガンをはじめとする生活習慣病や動脈硬化、シミ、シワを予防します。また豊富なサポニンの効果で、コレステロールや中性脂肪の増加を防ぎ、血栓や動脈硬化の原因を抑制します。利尿効果もありむくみを防ぎます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

私の鍼灸院には、不妊や生理痛、生理不順など、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れます。皆さん、おなかやお尻が、驚くほど冷えています。私は、もぐさライナーなど、体を温める生活習慣のアドバイスをしているわけです。【解説】星野さおり(鍼灸院寿彗代表)


【医師解説】4cm大の子宮筋腫が消えた!ワキをもむと女性の病気が改善する理由

【医師解説】4cm大の子宮筋腫が消えた!ワキをもむと女性の病気が改善する理由

わきもみを行うと、不思議なことに、ふくらはぎの外側の緊張が緩みます。子宮が冷えている人は、ふくらはぎの血流やリンパ液の流れが悪くなっています。逆に、ふくらはぎの血流がよくなれば、骨盤内の血流もよくなり、子宮筋腫、子宮内膜症などの改善も期待できます。【解説】佐々木綾(産婦人科医)


【更年期と薬】症状を抑える薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

【更年期と薬】症状を抑える薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

更年期障害は、女性ホルモンが減ってくる閉経前後の女性の不調です。現代の医療は臓器別に細分化されているため、多彩な症状があっても、それらを総合的に診ることはあまりしません。症状を抑える薬を複数飲んでも、根本的な問題は解決されていないので、不調も改善されないままです。【解説者】高橋浩子(ひろこ漢方内科クリニック院長)


更年期障害や頻尿が改善する「目の温め方」“眉毛”まで温めると美肌効果も

更年期障害や頻尿が改善する「目の温め方」“眉毛”まで温めると美肌効果も

私の治療院では、主に女性の患者さんを対象に施術を行っています。実際、目を温めるセルフケアを続けている患者さんからは、「生理不順が改善して周期が整った」「生理痛や、生理前の不快な症状が改善した」といった声が寄せられています。【解説】重永志帆(Ohanaroom鍼灸治療院院長)


【リーキーガット症候群を治す食事療法】乳製品や小麦製品をやめて卵巣嚢腫が消えた人も

【リーキーガット症候群を治す食事療法】乳製品や小麦製品をやめて卵巣嚢腫が消えた人も

腸に炎症が起こると、腸粘膜が本来体内に通すべきでないものを通してしまいます。すると、体の中で免疫の過剰反応が起こり、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・ぜんそくなどのアレルギー性疾患や、関節リウマチ・潰瘍性大腸炎・クローン病などを引き起こしてします。【解説】内山葉子(日本自律神経免疫治療研究会会員・葉子クリニック院長)


【女性の悩み】お尻にサラシを巻くと夜間頻尿が改善!私は腰痛が解消!

【女性の悩み】お尻にサラシを巻くと夜間頻尿が改善!私は腰痛が解消!

腎を元気にするには、とにかく温めることが重要なのです。おしりを温めて腎機能が高まれば、体内の水の巡りがよくなるので、むくみや冷えも改善します。もともと、高血圧の治療薬は利尿剤なので、水分代謝がよくなれば血圧の降下にもつながるでしょう。【解説】北濱みどり(グリーン健康会代表・漢方家(国際中医師A級))


【医師推奨】PMSや生理痛、婦人病の症状改善に 女性ホルモンがアップする「腹巻きカイロ」

【医師推奨】PMSや生理痛、婦人病の症状改善に 女性ホルモンがアップする「腹巻きカイロ」

おしりには、特にたくさんの脂肪が集まっています。脂肪組織は血流が悪く、その細胞の周りには水が蓄えられています。そのため、おしりはとても冷えやすいのです。おしりや下半身が冷えていると、心臓に戻る血流が悪化します。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


 【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

更年期障害は、たいていの場合、自律神経の乱れと冷えが原因で起こります。「体がだるい」「疲れやすい」「めまいがする」「ふらつく」などの症状がある人は、足腰が冷えています。加えて、冷えから生じる関節痛などの不調に悩む人も少なくありません【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)


【産婦人科医解説】生理痛や不妊症に効くツボは「神門」8割に効果があった!

【産婦人科医解説】生理痛や不妊症に効くツボは「神門」8割に効果があった!

以前、ある僧侶独特の治療法を産婦人科の治療の補助に用いていました。それは、薬石を小さく薄いシール状にして、いくつかのツボに貼るというものです。貼るツボは耳にもあり、その位置が、今思うとまさに、「神門」だったのです。もともと耳には、足の裏と同じように全身のツボがあるとされています。【解説】池川 明(池川クリニック院長)