カゼ・インフルエンザ

カゼ・インフルエンザ

セキは、期間によって分類されます。3週間以内に収まるセキを急性咳嗽(がいそう)、3週間以上を遷延性咳嗽、そして8週間以上を慢性咳嗽と分類されます。急性咳嗽の原因は、ほとんどがカゼ、インフルエンザなどの感染症です。喘息などアレルギー性、副鼻腔気管支症候群、肺ガンや結核など重い病気がある場合もありますので注意が必要です。このカテゴリは、セキやカゼ、喘息の予防や改善に役立つ記事の一覧ページです。

カゼ・インフルエンザに関連するキーワード

セキ インフルエンザ
>>カゼ・インフルエンザに関連するキーワード一覧

カゼ・インフルエンザの健康情報一覧

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。しかし「白ごま油うがい」は、のどの菌を洗い流すと同時にのどや口の中を潤します。特に風邪の季節に効果を発揮します。私が患者さんにお勧めしている白ごま油うがいの効果、そして作り方とうがいの方法までご紹介します。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


慢性腎不全で声がでない…移植手術で復帰【演歌歌手・松原のぶえさん】の喉ケア術

慢性腎不全で声がでない…移植手術で復帰【演歌歌手・松原のぶえさん】の喉ケア術

来年で芸能生活40年を迎える私ですが、「もう歌手生命は終わりだな」と覚悟したことがありました。原因は、慢性腎不全です。45歳のとき、突然疲労感から抜け出せなくなり、歌うときにも声に力が入らなくなってしまったのです。【解説】松原のぶえ(歌手)


【片岡鶴太郎さん】朝の日課はヨガと「太白ゴマ油うがい」声のかすれや喉の痛みが解消した!

【片岡鶴太郎さん】朝の日課はヨガと「太白ゴマ油うがい」声のかすれや喉の痛みが解消した!

あらかじめ、90℃に加熱して、常温に冷ましてビンに戻した太白ゴマ油を常備してあるので、それを使います。太白ゴマ油でのうがいを始めてから、のどの潤いが保たれるようになり、声がかすれたり、のどが痛くなったりすることがなくなりました。声を出す仕事を持つ者にとって、これはありがたいことです。【体験談】片岡鶴太郎(俳優・画家)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


【演歌歌手・天童よしみさん】 イガイガ、咳、痰が消失!私の喉の守り神は祖母直伝の「大根アメ」

【演歌歌手・天童よしみさん】 イガイガ、咳、痰が消失!私の喉の守り神は祖母直伝の「大根アメ」

おばあちゃんから、そのひ孫に当たる小学生まで、親戚一同がこぞって実践している健康法が、「大根アメ」です。私が物心ついたときから、おばあちゃんはいつも大根アメを作っては舐めていました。これを私が口にしたのは、中学生のときに、ひどいカゼをひいたのがきっかけです。【体験談】天童よしみ(歌手)


喘息の症状を緩和する【1円玉療法】のやり方

喘息の症状を緩和する【1円玉療法】のやり方

遍歴と太淵に常にはっておくと、ぜんそくの発作が起こりにくくなります。セキが苦しい人は、天突、身柱、肺兪、膈兪、大椎にはると、激しいセキもすぐ和らぎます。即効性はあるものの、自分で背中にはるのは難しいです。朝出かける前に、家族にはってもらうと、ぜんそくの発作が出やすい冬も安心できます【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【専門医】咳喘息とは 治療のポイントと治し方 風邪と気管支喘息との違いについて

【専門医】咳喘息とは 治療のポイントと治し方 風邪と気管支喘息との違いについて

セキぜんそくは、アレルギー性の呼吸器疾患でよく知られる、気管支ぜんそくの一歩手前の状態です。原因や悪化の要因もほぼ同じで、ほうっておくと、気管支ぜんそくに移行します。「カゼが長引いているだけ」「花粉症がひどい」などと思い込んでいるうちに、悪化するケースが多く見られます。【解説】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


【専門医】COPD(慢性閉塞性肺疾患)の呼吸困難、うつ症状の緩和に効果「笑いヨガ」に注目

【専門医】COPD(慢性閉塞性肺疾患)の呼吸困難、うつ症状の緩和に効果「笑いヨガ」に注目

皆さん、COPDという病気をご存じでしょうか。正式名称を慢性閉塞性肺疾患といい、主に長期間の喫煙が原因による、肺から全身に及ぶ炎症性疾患のことです。症状としては、慢性的な咳と痰、体を動かしたときの息切れが現れます。【解説】福岡篤彦(南和広域医療企業団吉野病院院長・奈良県立医科大学臨床教授)


【インフルエンザ・カゼの予防】口うがいよりも“鼻うがい”のほうが効果が高い!

【インフルエンザ・カゼの予防】口うがいよりも“鼻うがい”のほうが効果が高い!

カゼやインフルエンザの予防のためには、通常の口のうがいより、鼻うがいのほうが効果的と考えられます。その理由と鼻うがいの方法を紹介しております。【解説】堀田修(日本病巣疾患研究会会長・堀田修クリニック(HOC)院長)


【医師が解説】みかんは「皮ごと」食べてこそアンチエイジングに効果あり

【医師が解説】みかんは「皮ごと」食べてこそアンチエイジングに効果あり

果物の中でも、特にミカンは血糖値が上がりにくいので、肥満の予防によいといわれています。調べてみると、果物の皮にはポリフェノールという物質が入っていることがわかりました。ポリフェノールというのは、抗酸化物質の一つです。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック理事長・総院長)


【インフル大流行】予防接種は結局、意味があるのか?

【インフル大流行】予防接種は結局、意味があるのか?

「インフルエンザは、カゼじゃない」というポスターを、病院などで見かけたことはありませんか?おかしなポスターなので、私が当時勤めていた横浜市衛生局内では、「カゼじゃない」の「ない」に張り紙をして、【インフルエンザは、カゼじゃ】としておいたものです。【解説】母里啓子(元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・医学博士)


ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

「指のやわらかさは、健康のバロメーター」と、私は考えています。というのも、体に出ている症状が重い人ほど、指がかたい傾向にあるからです。私自身が効果を体感した「手の親指さすり」をご紹介します。セキや息切れの症状を軽快させる効果があります。【解説】西山 良(にしやま治療院院長)