脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、神経の通り道となっている背骨の脊柱管が変形して狭くなり、腰椎や頸椎の神経を圧迫して痛みやしびれを起こす病態の総称です。50代以降に多く発生しやすく、国内の推定患者数は240万人ともいわれています。このカテゴリは、脊柱管狭窄症によるつらい症状の改善に役立つ記事を紹介します。

脊柱管狭窄症に関連するキーワード

脊柱管狭窄症の治療法
>>脊柱管狭窄症に関連するキーワード一覧

脊柱管狭窄症の健康情報一覧

【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】腰痛原因は脳の「圧迫ストレス」?脳脊髄液を流して改善できる呼吸法

【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】腰痛原因は脳の「圧迫ストレス」?脳脊髄液を流して改善できる呼吸法

私は、50年以上にわたる治療家人生で、幾種もの治療法を学び、研究してきました。そしてわかったのは、脳脊髄液の循環をよくすることで、腰痛などのつらい症状や、多くの病気が改善するということです。【解説】宮野博隆(ミヤノ・ヒーリング・ラボ院長・鍼灸師)


【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

脊柱管狭窄症も、慢性痛の一つです。原因は、脊柱管が狭くなって神経を圧迫するためだといわれていますが、それだけではありません。痛みに対する不安やストレスなど、心理的な要因も、慢性痛に深く関係しているのです。【解説】井上真輔(愛知医科大学学際的痛みセンター准教授)


【脊柱管狭窄症改善】仙骨を正しい位置に戻す「股関節締め」とは 再発防止対策は?

【脊柱管狭窄症改善】仙骨を正しい位置に戻す「股関節締め」とは 再発防止対策は?

脊柱管狭窄症を改善するには、股関節を安定させ、仙骨を正しい位置に戻す必要があるのです。その両方を同時にできるのが、今回ご紹介する「股関節締め」です。【解説】白井雄彦(西住之江整体院代表・鍼灸師)/白井天道(西住之江整体院院長・鍼灸)


【脊柱管狭窄症】閉塞性動脈硬化症と症状(間欠跛行)が似ている!簡単な見分け方はコレだ!

【脊柱管狭窄症】閉塞性動脈硬化症と症状(間欠跛行)が似ている!簡単な見分け方はコレだ!

間欠跛行は、脊柱管狭窄症に特徴的な症状ですが、間違いやすい病気に「閉塞性動脈硬化症」があります。これは足の血管がかたくなり、足の血流が悪くなる病気です。脊柱管狭窄症の場合、お尻や太ももの筋力を強化する運動が有効となります。お勧めは「ゆっくりスクワット」です。【解説】井上真輔(愛知医科大学・学際的痛みセンター准教授)


【脊柱管狭窄症】自力改善に役立つ!骨盤と腰仙関節を整える3エクササイズ

【脊柱管狭窄症】自力改善に役立つ!骨盤と腰仙関節を整える3エクササイズ

脊柱管狭窄症を改善するには、腰仙関節を矯正し、そのゆがみを正すことこそ、なにより重要なのです。そのために私は、自宅で簡単にできるエクササイズを指導しています。そのなかから基本となる三つの動作をご紹介しましょう。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「バタ足体操」 腰痛教室で効果続出!

脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「バタ足体操」 腰痛教室で効果続出!

脊柱管狭窄症は、背骨の神経の通り道である脊柱管が、なんらかの原因で狭くなって神経を圧迫し、痛みやしびれの出る病気です。しかし、ただ脊柱管が狭くなっているだけではありません。脊柱管の中の静脈や神経がうっ血して(浮腫んで)いるのです。【解説】佐藤勝彦(一般財団法人大原記念財団大原綜合病院院長)


【脊柱管狭窄症】原因は「サイズの合わない靴」?痛みやしびれを改善する「足の骨ぎわはがし」のやり方

【脊柱管狭窄症】原因は「サイズの合わない靴」?痛みやしびれを改善する「足の骨ぎわはがし」のやり方

脊柱管狭窄症とは、一般的には、腰椎(背骨の腰の部分)の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれ、筋力低下などの症状が出る病態をいいます。脊柱管狭窄症の症状に対する天城流湯治法のメソッドとは、「足の骨ぎわはがし」という方法です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【脊柱管狭窄症】外反母趾なら「足の小指」を弾けばよい!楽に歩けて痛みやしびれが改善する

【脊柱管狭窄症】外反母趾なら「足の小指」を弾けばよい!楽に歩けて痛みやしびれが改善する

人間にとって、足というのは、体の土台となる重要なパーツです。足の指がしっかり使えていないと、この大事な土台がゆらぎやすくなります。その影響が、ひざ→腰→肩→首へと伝わって、それぞれの部位で問題を引き起こすのです。【解説】木方功(ありがとう鍼灸整骨院院長)


【脊柱管狭窄症を改善】筋力がアップする呼吸法「尻締め気功」で歩けないほどの痛み、しびれが解消した

【脊柱管狭窄症を改善】筋力がアップする呼吸法「尻締め気功」で歩けないほどの痛み、しびれが解消した

背骨には、脳から続く中枢神経である脊髄の通り道があります。これを脊柱管といい、脊柱管が狭くなることによって脊髄が圧迫され、腰から下半身にかけて痛みやしびれが生じるのが脊柱管狭窄症です。安全かつ効果の大きい方法として、私が1000人以上の患者さんに勧めてきたのが「尻締め気功」です。【解説】渡部猛夫(あおぞら整骨院院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

一昨年の夏は、職場までの10分の距離を歩くのにも、腰が痛くて5回ほど休まなければならなかったのです。整形外科に行ったところ、「脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病)」と診断されました。【体験談】須藤裕子(仮名・保育士・63歳)


【腕を下ろした時の「ひじ」の向き】は外側?後ろ側?脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「よつんばいポーズ」とは

【腕を下ろした時の「ひじ」の向き】は外側?後ろ側?脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「よつんばいポーズ」とは

ご自身のひじの向きを見てみてください。ひじが外を向き、わきが空いていませんか?そして、肩が前に出ているのではないでしょうか。脊柱管狭窄症の患者さんは、この傾向が非常に強くなっています。脊柱管狭窄症の症状を根本的に改善するには姿勢を本来の形に戻し、腰への負担を減らすことが必要なのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


脊柱管狭窄症に「寝ながら体操」が効く ゆがみを正し痛みやしびれを改善

脊柱管狭窄症に「寝ながら体操」が効く ゆがみを正し痛みやしびれを改善

「寝ながら体操」は、全身を整えて痛みや不調を取り除くという、操体法の理論を取り入れています。気持ちいい方向へ体を動かすことで、ゆがみを正していきます。脊柱管狭窄症だけでなく、腰痛、坐骨神経痛、膝痛、四十肩の予防・改善に効果があります。【解説】西本直(Conditioning Studio 操主宰)


【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

私のもとには腰痛やひざ痛、股関節痛などの患者さんが数多くいらっしゃいます。最近、特に増えてきたのが脊柱管狭窄症による痛みやしびれを訴えるかたです。治療の補助として行う寝ながら体操で、実際に脊柱管狭窄症の症状から解放された患者さんの例をいくつかご紹介します。【解説】西本直(Conditioning Studio操主宰)


【坐骨神経痛の症状】痛みやしびれに「この運動療法」脊柱管狭窄症の間欠性跛行にも効果

【坐骨神経痛の症状】痛みやしびれに「この運動療法」脊柱管狭窄症の間欠性跛行にも効果

脊柱管狭窄症はセルフケアで改善が可能です。続けて長く歩けない「間欠性跛行」や、お尻から下肢にかけてしびれや痛みが出る「座骨神経痛」が現れたら、脊柱管を通る神経が弱っているサイン。簡単な体操を紹介しましょう。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任教授)


【脊柱管狭窄症】手足のしびれの改善には「寝ながら体操」で痛くない部分のゆがみを取る

【脊柱管狭窄症】手足のしびれの改善には「寝ながら体操」で痛くない部分のゆがみを取る

操体法では、痛む部位以外のところにゆがみがあり、そのゆがみが別のひずみを生み、それがたまったところに痛みが生じると考えます。ですから痛むところは触らず、痛くないところのゆがみを調整していくのです。脊柱管狭窄症の場合も同じです。【解説】西本直(Conditioning Studio 操 主宰)


【股関節が原因】脊柱管狭窄症は歩き方でわかる!自分で痛みを取るやり方「骨盤ゆらし」大公開

【股関節が原因】脊柱管狭窄症は歩き方でわかる!自分で痛みを取るやり方「骨盤ゆらし」大公開

脊柱管狭窄症のかたの場合、体が必ずといっていいほど左右あるいは前後に傾いているものです。脊柱管狭窄症の症状を改善するためには、骨盤のゆがみを正す必要があります。そのために実践する方法が「骨盤ゆらし」です。【解説】川井太郎(川井筋系帯療法治療センター院長)


【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

体が冷えていると、体が緊張して、交感神経が優位の状態が続きます。すると、血管と筋肉が収縮し、血流が滞りがちになります。血行が悪くなれば、組織に酸素や栄養素がじゅうぶんに行き渡りません。それが、痛みの悪化の要因となるのです。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【手術を回避】脊柱管狭窄症の痛みやしびれに "かかと落とし" で症状が改善

【手術を回避】脊柱管狭窄症の痛みやしびれに "かかと落とし" で症状が改善

腰の痛みを感じるようになり整形外科を受診してMRIなどの検査を受けたところ、「脊柱管狭窄症」と診断されました。病院からもらっていた薬をうっかり切らしてしまった時、激痛が戻ってきました。「薬は対症療法にすぎず、根本的な治療にはなっていない」と気づかされたのでのです。【体験談】辻英夫(大阪府・71歳会社員)


【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

脊柱管狭窄症の症状に悩む患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいい、というものではないのです。【解説】小森博達(横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長)