食事療法

食事療法

食事療法は、糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病の治療効果を上げるもっとも基本になる治療法です。また、これらを予防し長生きするためにも、食事は大変重要な役割を持ってきます。タマネギ、ニンニクなどの野菜、レモンなどの果物には、生活習慣病に効果の高い栄養成分が、たっぷり含まれていることが知られています。このカテゴリは、食事療法に関する記事を紹介します。

食事療法に関連するキーワード

食事療法の種類
>>食事療法に関連するキーワード一覧

食事療法の健康情報一覧

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【逆流性食道炎】食事改善で克服したバーテンダーに聞いた7つのルール

【逆流性食道炎】食事改善で克服したバーテンダーに聞いた7つのルール

今から約7年前、43歳を目前にしたある朝、それは起こりました。朝、起きたら、今までに経験したことがない気持ち悪さに襲われ、胃の中のものをすべて戻してしまったのです。寝る前に食べたパスタが、ほぼそのままの形で出てきました。【解説】藤村公洋(バーテンダー)


健康野菜「玉ねぎ」の有効成分と作用 “症状別”必要摂取量を医師が解説

健康野菜「玉ねぎ」の有効成分と作用 “症状別”必要摂取量を医師が解説

私は長年、タマネギの成分や効能について調べてきました。数ある食品の中で、タマネギほど健康効果の高い野菜は、そう多くはありません。その健康効果をもたらす成分は、大きく二つに分かれており、どのような成分で、どんな作用を持つのか、お話ししましょう。【解説】齋藤嘉美(元東京大学医学部講師・介護老人保健施設むくげのいえ施設長)


【ファイトケミカル】1日分のビタミンA・C・Eをまかなえる「野菜スープ」作り方と食べ方

【ファイトケミカル】1日分のビタミンA・C・Eをまかなえる「野菜スープ」作り方と食べ方

基本の野菜スープを全部食べれば、400gの野菜と、ビタミンやファイトケミカルをたっぷりとることができるのです。その健康効果は、計り知れません。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


【レモン酢】輸入のレモンで作ることができる?表面のワックスのとり方

【レモン酢】輸入のレモンで作ることができる?表面のワックスのとり方

海外から輸入されるレモンは、通常1ヵ月程度の時間をかけて船便で運ばれてきます。そのため、防腐剤やツヤだしワックスなどを使用されていることがあるでしょう。しかしタワシなどでしっかりと洗えば、レモンの表面についているものは大抵落とせます。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)


【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


【頭痛を改善する食事】お勧めの食品と控えたい食品 チョコやワインをやめたら劇的改善

【頭痛を改善する食事】お勧めの食品と控えたい食品 チョコやワインをやめたら劇的改善

あなたが頭痛持ちでなかなか改善しない場合、頭痛の誘因となる成分が多い食品を、知らず知らずのうちに頻繁に摂取しているかもしれません。頭痛の誘因として代表的な成分は、チラミンです。チーズやヨーグルト、納豆、赤ワインやビール、チョコレートなど発酵食品や熟成した食品に多く含まれています。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック)


物忘れ改善・予防最強オイル【ニンニク油】基本の作り方

物忘れ改善・予防最強オイル【ニンニク油】基本の作り方

物忘れが気になる、体がだるいという人は、ぜひ「ニンニク油」をお試しください。脳神経外科の名医は“ 手作りできる脳の特効薬”と大絶賛。治療にも使うほどその効果を認めています。最近では、高血圧やガンの予防も期待できるとテレビで紹介され話題になりました。今注目の食材です。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


腸内フローラを増やしてリーキーガット症候群を予防する「酢玉ねぎ」基本の作り方

腸内フローラを増やしてリーキーガット症候群を予防する「酢玉ねぎ」基本の作り方

腸内フローラの乱れは、肥満や便秘ばかりではなく、動脈硬化や高血圧をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患など、実に多くの病気を引き寄せます。腸内環境と老化は大きく関与しています。酢タマネギを毎日の食事に取り入れることは、健康と若さを手に入れる近道なのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


「酢玉ねぎ」5つの効果を医師が解説 新玉ねぎより通常のものがお勧め!

「酢玉ねぎ」5つの効果を医師が解説 新玉ねぎより通常のものがお勧め!

酢タマネギは、タマネギの食べ方としてはとてもお勧めの組み合わせです。なぜなら、酢とタマネギには共通する作用が多く、二つを組み合わせることで、脂質改善・降圧・血糖改善・血流改善・抗炎症、殺菌などの相乗効果が期待できるからです。【解説】齋藤嘉美(元東京大学医学部講師・介護老人保健施設むくげのいえ施設長)


エアコンによる【冷え・だるさ】梅雨・夏に起こる不調を一掃する「らっきょう」の効果

エアコンによる【冷え・だるさ】梅雨・夏に起こる不調を一掃する「らっきょう」の効果

胸やおなかに張りや痛みがあったり、のどに詰まり感を感じたりするかたは、気滞の状態といっていいでしょう。らっきょうは、狭心症など、主に胸に圧迫感や刺すような痛みを感じる症状や、呼吸が困難になったときに薬として使用されますが、気滞の状態を改善するのにも有効でしょう。【解説】中山麻里(藤林クリニック院長)


【酢玉ねぎQ&A】どんな酢を使ってもいいの?切り方はみじん切りでも大丈夫?

【酢玉ねぎQ&A】どんな酢を使ってもいいの?切り方はみじん切りでも大丈夫?

簡単に作れて効果の高い健康法としておなじみの酢タマネギ。 「効いた」という喜びの声が、絶えず編集部に寄せられているのが、その効果のほどを示しています。ですから、食べないともったいない! 以前試していたけど、いつの間にかやめてしまったかた、まだ試したことのないかたは、この機会にぜひ作ってみてください。【回答】安心編集部


【蜂蜜の健康効果】疲労回復に優れ、血糖値が上がりにくい!純度100%のものを選ぶと良い

【蜂蜜の健康効果】疲労回復に優れ、血糖値が上がりにくい!純度100%のものを選ぶと良い

ハチミツは疲労回復効果も優れています。しかも、その効果には即効性があります。にもかかわらず、血糖値の上昇は緩やかです。ハチミツにはグルコースよりもフルクトースのほうが多いので、同じ量をとるなら、砂糖よりハチミツをとるほうが血糖値の急上昇は防げるというわけです。【解説者】竹内実(京都産業大学総合生命科学部教授・医学博士)


【腸内フローラ】"長寿菌"と"やせ酸" を増やし肥満やガンを防ぐ玉ねぎヨーグルト

【腸内フローラ】"長寿菌"と"やせ酸" を増やし肥満やガンを防ぐ玉ねぎヨーグルト

健康長寿の人生を歩めるかどうかは、あなたのおなか(大腸)に住む腸内細菌によって決まる――。これは長年、健康と腸内細菌の関わりについて研究してきた私の結論です。【解説】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


【血圧、血糖値を下げる】白髪、メタボも解消する「黒豆の煮汁」作り方とお勧めの飲み方

【血圧、血糖値を下げる】白髪、メタボも解消する「黒豆の煮汁」作り方とお勧めの飲み方

黒豆を水で煮ると、黒豆の香りとほのかな甘味のある、おいしい煮汁が出来上がります。五臓六腑に効く、健康長寿の若返りドリンクです。「黒豆の煮汁健康法」を自ら実践し、患者に勧めている医師に取材しました。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)


【ローフードとは】レシピ不要で健康効果は抜群 大病の母を支える食事療法

【ローフードとは】レシピ不要で健康効果は抜群 大病の母を支える食事療法

「ローフード」とは、生の野菜を中心にいただく健康食のことです。48℃以下で調理を行えば、食物中の栄養素、水分、酵素などを壊すことなく摂取できることから、ハリウッドセレブの間で流行となり、日本でも実践する人が増えてきました。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


【酢納豆の健康効果】不眠解消には「玉ねぎ」、頻尿・尿もれ改善には「山芋」を入れるのがお勧め

【酢納豆の健康効果】不眠解消には「玉ねぎ」、頻尿・尿もれ改善には「山芋」を入れるのがお勧め

納豆などの発酵食品は、同じ発酵食品である酢を混ぜることで、うまみが増し、塩分を足さなくても満足感が得られます。また生のタマネギには、睡眠誘発作用があります。1日1回、酢納豆を食べることで、体力と活力が増して免疫力がアップし、病気になりにくい体をつくることができます。【解説】丁宗鐵(百 済診療所院長)


【マクロビ料理研究家】私も14kgやせた!「甘い野菜スープ」お勧めの飲み方

【マクロビ料理研究家】私も14kgやせた!「甘い野菜スープ」お勧めの飲み方

皆さんは、マクロビオティックをご存じでしょうか。マクロビオティックとは、狭義には、玄米などの全粒穀物を中心とし、その人の体調や環境、ライフスタイルに合わせた食事法のこと。代表的なメニューとして有名なのが、「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


簡単ダイエット【酢玉ねぎ】基本の作り方と食べ方 高血圧や糖尿病にも効果

簡単ダイエット【酢玉ねぎ】基本の作り方と食べ方 高血圧や糖尿病にも効果

簡単に作れて効果の高い健康法としておなじみの酢タマネギ。血圧や血糖値が下がった、ダイエットできた、という喜びの声が、絶えず編集部に寄せられているのが、その効果のほどを示しています。この機会にぜひ作ってみてください。【料理】古澤靖子(料理研究家)