医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

食事療法

食事療法

食事療法は、糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病の治療効果を上げるもっとも基本になる治療法です。また、これらを予防し長生きするためにも、食事は大変重要な役割を持ってきます。タマネギ、ニンニクなどの野菜、レモンなどの果物には、生活習慣病に効果の高い栄養成分が、たっぷり含まれていることが知られています。このカテゴリは、食事療法に関する記事を紹介します。

食事療法に関連するキーワード

食事療法
>>食事療法に関連するキーワード一覧

食事療法の健康情報一覧

耳鼻科医監修! 聴力が回復する【耳鳴り・難聴】特効レシピ

耳鼻科医監修! 聴力が回復する【耳鳴り・難聴】特効レシピ

食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)


【専門医監修】食物繊維で血糖値を下げる「糖尿病撃退レシピ」

【専門医監修】食物繊維で血糖値を下げる「糖尿病撃退レシピ」

日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)


バナナの健康作用と効果的な食べ方 血圧を下げるなら「朝」!

バナナの健康作用と効果的な食べ方 血圧を下げるなら「朝」!

私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)


体の中から目を良くする食事 眼科医監修【視界スッキリレシピ】

体の中から目を良くする食事 眼科医監修【視界スッキリレシピ】

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。血液の質と血流が向上すれば、その好影響は目の症状にも及びます。【監修】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


【食後高血糖の改善】キウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】キウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【糖質制限の新常識】朝か昼は好きなだけ食べていい!甘いものは“2口ルール”

【糖質制限の新常識】朝か昼は好きなだけ食べていい!甘いものは“2口ルール”

近年、「糖質制限」という言葉がかなり一般的になり、ダイエット法や健康法として広く認知されるようになりました。しかし、一つ誤解を生んでいます。それは糖質は完全に悪で、糖質制限をするならいっさいの糖質を断たねばならないと思い込んでいる人が多いことです。【解説】畠山昌樹(第2本郷整形外科皮膚科院長)


食後の高血糖を防ぐ【正しい糖質の減らし方】見分け方は「食後の眠気」

食後の高血糖を防ぐ【正しい糖質の減らし方】見分け方は「食後の眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)


長野県が長寿日本一になった理由 腸内環境を整える食事がカギ

長野県が長寿日本一になった理由 腸内環境を整える食事がカギ

元気で長生きするには、必然的に腸を正常で健康な状態に保つことと、なにをどのように食べるかが重要になってきます。腸と体を健康にするには、生命エネルギーに満ちた、命の糧となる食物をとることが大事です。これを私は「気能値の高い食品」と呼んでいます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【糖尿病合併症を防ぐ食べ物】トマトの栄養リコピンと味噌が最強コンビ

【糖尿病合併症を防ぐ食べ物】トマトの栄養リコピンと味噌が最強コンビ

私は糖尿病の専門医として、1日の摂取糖質量を150g以内に抑える糖質制限食の実践に加え、トマトとみそを積極的にとることを勧めていて、ヘモグロビンA1c(1~2カ月以内の血糖状態を示す指標)の改善に高い効果を上げています。 【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


【キャベツの有効成分】ビタミンCは加熱で壊れない!ビタミンUとは?キャベツの有効成分と効果的な摂り方

【キャベツの有効成分】ビタミンCは加熱で壊れない!ビタミンUとは?キャベツの有効成分と効果的な摂り方

キャベツには、ファイトケミカルのほかにも、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。まず、ビタミンCですが、生のキャベツ100gには41mgのビタミンCが含まれています。ビタミンCは強力な抗酸化ビタミンで、体内に生じた活性酸素を消去する作用があります。【解説】高橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医部元准教授)


不整脈が改善!ファイトケミカルのは捨てる部分にたっぷり!「野菜のくずスープ」とは

不整脈が改善!ファイトケミカルのは捨てる部分にたっぷり!「野菜のくずスープ」とは

今回ご紹介するのは「くず野菜スープ」です。「野菜のくず」を生ごみに出しているかたが多いのではないでしょうか。しかし、これらは「くず」ではなく、実際は体に有用な成分の宝庫です。紫外線やウイルス、細菌などから身を守るファイトケミカルは野菜の外側にこそ多くあるのです。【解説】佐古田三郎(刀根山病院院長・大阪大学名誉教授)


【エッセイスト・岸本葉子】食事療法「野菜スープ」続けられるのは美味しいから

【エッセイスト・岸本葉子】食事療法「野菜スープ」続けられるのは美味しいから

この野菜スープをとり始めてから3カ月ほどたつころ、いつもお世話になっているメイクさんから「肌の透明度が上がりましたね」と言われました。そのかたがおっしゃるには、皮膚のすぐ下に流れている血液が、サラサラできれいに流れていると肌の透明度が上がるそうです。【解説】岸本葉子(エッセイスト)


【逆流性食道炎】食事改善で克服したバーテンダーに聞いた7つのルール

【逆流性食道炎】食事改善で克服したバーテンダーに聞いた7つのルール

今から約7年前、43歳を目前にしたある朝、それは起こりました。朝、起きたら、今までに経験したことがない気持ち悪さに襲われ、胃の中のものをすべて戻してしまったのです。寝る前に食べたパスタが、ほぼそのままの形で出てきました。【解説】藤村公洋(バーテンダー)


慈恵医大を創設した軍医・高木兼寛は「大麦」の栄養に注目していた

慈恵医大を創設した軍医・高木兼寛は「大麦」の栄養に注目していた

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


【慈恵医大式】押し麦を使った「大麦レシピ」で便秘を解消

【慈恵医大式】押し麦を使った「大麦レシピ」で便秘を解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


頭痛を誘引する成分「チラミン」を控えよ!改善に役立つ食事とは

頭痛を誘引する成分「チラミン」を控えよ!改善に役立つ食事とは

あなたが頭痛持ちでなかなか改善しない場合、頭痛の誘因となる成分が多い食品を、知らず知らずのうちに頻繁に摂取しているかもしれません。頭痛の誘因として代表的な成分は、チラミンです。チーズやヨーグルト、納豆、赤ワインやビール、チョコレートなど発酵食品や熟成した食品に多く含まれています。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック)


腸もれ(リーキーガット症候群)を改善する食事療法「骨スープ」とは

腸もれ(リーキーガット症候群)を改善する食事療法「骨スープ」とは

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【ニンニク油】基本の作り方・食べ方 物忘れ改善や予防に最強オイル

【ニンニク油】基本の作り方・食べ方 物忘れ改善や予防に最強オイル

物忘れが気になる、体がだるいという人は、ぜひ「ニンニク油」をお試しください。脳神経外科の名医は“ 手作りできる脳の特効薬”と大絶賛。治療にも使うほどその効果を認めています。最近では、高血圧やガンの予防も期待できるとテレビで紹介され話題になりました。今注目の食材です。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【酢玉ねぎの作り方】善玉菌を増やしてリーキーガット症候群を予防しよう

【酢玉ねぎの作り方】善玉菌を増やしてリーキーガット症候群を予防しよう

腸内フローラの乱れは、肥満や便秘ばかりではなく、動脈硬化や高血圧をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患など、実に多くの病気を引き寄せます。腸内環境と老化は大きく関与しています。酢タマネギを毎日の食事に取り入れることは、健康と若さを手に入れる近道なのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


「酢玉ねぎ」5つの効果を医師が解説!新玉ねぎより通常のものがお勧め

「酢玉ねぎ」5つの効果を医師が解説!新玉ねぎより通常のものがお勧め

酢タマネギは、タマネギの食べ方としてはとてもお勧めの組み合わせです。なぜなら、酢とタマネギには共通する作用が多く、二つを組み合わせることで、脂質改善・降圧・血糖改善・血流改善・抗炎症、殺菌などの相乗効果が期待できるからです。【解説】齋藤嘉美(元東京大学医学部講師・介護老人保健施設むくげのいえ施設長)