医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

食事療法

食事療法

食事療法は、糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病の治療効果を上げるもっとも基本になる治療法です。また、これらを予防し長生きするためにも、食事は大変重要な役割を持ってきます。タマネギ、ニンニクなどの野菜、レモンなどの果物には、生活習慣病に効果の高い栄養成分が、たっぷり含まれていることが知られています。このカテゴリは、食事療法に関する記事を紹介します。

食事療法に関連するキーワード

食事療法
>>食事療法に関連するキーワード一覧

食事療法の健康情報一覧

【冷え・だるさ】梅雨・夏に起こる不調を一掃する「らっきょう」の効果

【冷え・だるさ】梅雨・夏に起こる不調を一掃する「らっきょう」の効果

胸やおなかに張りや痛みがあったり、のどに詰まり感を感じたりするかたは、気滞の状態といっていいでしょう。らっきょうは、狭心症など、主に胸に圧迫感や刺すような痛みを感じる症状や、呼吸が困難になったときに薬として使用されますが、気滞の状態を改善するのにも有効でしょう。【解説】中山麻里(藤林クリニック院長)


【酢玉ねぎQ&A】どんな酢を使ってもいいの?切り方はみじん切りでも大丈夫?

【酢玉ねぎQ&A】どんな酢を使ってもいいの?切り方はみじん切りでも大丈夫?

簡単に作れて効果の高い健康法としておなじみの酢タマネギ。 「効いた」という喜びの声が、絶えず編集部に寄せられているのが、その効果のほどを示しています。ですから、食べないともったいない! 以前試していたけど、いつの間にかやめてしまったかた、まだ試したことのないかたは、この機会にぜひ作ってみてください。【回答】安心編集部


【蜂蜜の健康効果】疲労回復に優れ、血糖値が上がりにくい!純度100%のものを選ぶと良い

【蜂蜜の健康効果】疲労回復に優れ、血糖値が上がりにくい!純度100%のものを選ぶと良い

ハチミツは疲労回復効果も優れています。しかも、その効果には即効性があります。にもかかわらず、血糖値の上昇は緩やかです。ハチミツにはグルコースよりもフルクトースのほうが多いので、同じ量をとるなら、砂糖よりハチミツをとるほうが血糖値の急上昇は防げるというわけです。【解説者】竹内実(京都産業大学総合生命科学部教授・医学博士)


【血圧や血糖値を下げる】「黒豆の煮汁」作り方とお勧めの飲み方

【血圧や血糖値を下げる】「黒豆の煮汁」作り方とお勧めの飲み方

漢方では、黒豆は利尿作用があるとされますが、これは血圧を下げる働きにつながります。私の両親はともに血圧が高く、私も高めでしたが、黒豆の煮汁を飲むようになって、血圧が上がらなくなったのは、この利尿作用のおかげでしょう。今も私は、薬を飲まずに血圧のコントロールができています。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)


【ローフードとは】レシピ不要で健康効果は抜群 大病の母を支える食事療法

【ローフードとは】レシピ不要で健康効果は抜群 大病の母を支える食事療法

「ローフード」とは、生の野菜を中心にいただく健康食のことです。48℃以下で調理を行えば、食物中の栄養素、水分、酵素などを壊すことなく摂取できることから、ハリウッドセレブの間で流行となり、日本でも実践する人が増えてきました。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


【酢納豆の健康効果】不眠解消には玉ねぎ 頻尿や尿もれ改善には山芋トッピングがお勧め

【酢納豆の健康効果】不眠解消には玉ねぎ 頻尿や尿もれ改善には山芋トッピングがお勧め

納豆などの発酵食品は、同じ発酵食品である酢を混ぜることで、うまみが増し、塩分を足さなくても満足感が得られます。また生のタマネギには、睡眠誘発作用があります。1日1回、酢納豆を食べることで、体力と活力が増して免疫力がアップし、病気になりにくい体をつくることができます。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【オクラ水とは】作り方と効果効能 動脈硬化やひざ痛を改善

【オクラ水とは】作り方と効果効能 動脈硬化やひざ痛を改善

オクラ水は血流改善に絶大な効果を発揮します。特に動脈硬化の改善効果があります。当院は整形外科なので、オクラ水を勧めるのは腰やひざなどの痛みに悩む患者さんが主です。ところが、オクラ水を実践すると痛みの改善のみならず、血圧や血糖値、血中コレステロール値も下がる人がたくさんいます。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)


【実験で判明】血圧、血糖値、中性脂肪値を下げる小豆の健康効果!研究者のイチオシの食べ方は「スープ」

【実験で判明】血圧、血糖値、中性脂肪値を下げる小豆の健康効果!研究者のイチオシの食べ方は「スープ」

私は長年、豆類の研究を続けてきました。なかでも、あずきの研究をライフワークとしてきたといっても、過言ではありません。ここでも、アンチエイジング、メタボリック症候群、ダイエットをキーワードにして、あずきが、いかに優れた健康食材なのかを解説しましょう。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場場長・農学博士)


【セロトニンが活性化】「断食」が心身にもたらす効果とは

【セロトニンが活性化】「断食」が心身にもたらす効果とは

心が不安定になると、病気はますます治りにくくなります。腸には、心を癒し、平常心や前向きな気持ちをもたらす神経伝達物質「セロトニン」が、多く存在します。断食で腸を休ませ、腸内環境を整えることは、セロトニンの活性を高めることにもつながります。【解説】西本真司(西本クリニック院長)


【医学博士が解説】ショウガ緑茶の効果効能

【医学博士が解説】ショウガ緑茶の効果効能

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【週一断食の効果とやり方】1日だけで健康デトックス 成功のコツと注意点

【週一断食の効果とやり方】1日だけで健康デトックス 成功のコツと注意点

現代人は、食べ過ぎや食生活の乱れによって、さまざまな問題を抱えています。自宅で気軽に安全にできる断食として、私がお勧めするのが「週1断食」です。週1断食とは、週に1回、1日1食にする「24時間断食」です。これなら、1日2食抜くだけなので、さほど抵抗はないでしょう。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


マクロビ養生メニュー「甘い野菜スープ」の3つの効果と作り方

マクロビ養生メニュー「甘い野菜スープ」の3つの効果と作り方

マクロビオティックの代表的な養生メニューの一つ「甘い野菜スープ」は、効果・効能の面では万人向けの健康食といえます。理由は、血糖値の上昇が緩やかなこと。腸内環境を整える働きがあること。ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルを効率的に摂取できることです。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


酢ピーナッツの効果効能&レシピ 人気の高血圧対策レシピを他にもご紹介!

酢ピーナッツの効果効能&レシピ 人気の高血圧対策レシピを他にもご紹介!

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする酢ピーナッツ、バナナ酢、酢牛乳の作り方と効果について紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【血糖値を下げたい】朝1杯のトマトジュースが糖質制限に効果的と専門医が回答

【血糖値を下げたい】朝1杯のトマトジュースが糖質制限に効果的と専門医が回答

糖質制限食を行う際の補助食として、私がお勧めしたい食材があります。それは、トマトです。トマトには、血糖値を上げにくくする「リコピン」という成 分が豊富に含まれています。この有用なリコピンを効率的に摂取するためには、私がお勧めしたいのは、トマトジュースです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


 【医師愛食】小児ぜんそくの症状が軽快した「キャベツ」の酵素パワー オススメは黒酢キャベツ

【医師愛食】小児ぜんそくの症状が軽快した「キャベツ」の酵素パワー オススメは黒酢キャベツ

現代人の食事は、高たんぱくで高脂肪の肉料理が中心になっています。一方で、野菜や果物類は摂取不足。さらに、お菓子などに含まれる白砂糖は、取り過ぎています。私のクリニックでは、食事で体を治す「医食同源」を実感してもらうために食事指導を行っています。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長・医師)


簡単に手作りできる!食べる甘酒の作り方

簡単に手作りできる!食べる甘酒の作り方

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、腸内環境を改善する、ノンアルコールの食べ物です。生甘酒は、酵素やビタミンの宝庫であり、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖など、現代人が不足しがちな栄養素まで補給できます。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理監修】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


【麹納豆のすごいパワー】血液も腸も肌もきれいに 高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症に有効

【麹納豆のすごいパワー】血液も腸も肌もきれいに 高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症に有効

私が、納豆の中に血栓(血液の塊)を溶かすナットウキナーゼという酵素(体内での化学反応を促進する物質)を発見したのは、1980年のことです。それ以来、さまざまな発酵食品が持つ生理作用に関心を持ち、研究を続けてきました。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)