食事療法

食事療法

食事療法は、糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病の治療効果を上げるもっとも基本になる治療法です。また、これらを予防し長生きするためにも、食事は大変重要な役割を持ってきます。タマネギ、ニンニクなどの野菜、レモンなどの果物には、生活習慣病に効果の高い栄養成分が、たっぷり含まれていることが知られています。このカテゴリは、食事療法に関する記事を紹介します。

食事療法に関連するキーワード

食事療法
>>食事療法に関連するキーワード一覧

食事療法の健康情報一覧

【にんにく味噌】マスオさんの声・増岡弘さんが40年間カゼ知らずの原動力はニンニクみそ

【にんにく味噌】マスオさんの声・増岡弘さんが40年間カゼ知らずの原動力はニンニクみそ

皆さん、こんにちは。俳優(声優)の増岡弘です。というより、「フグ田マスオ」といったほうがわかりやすいかもしれませんね。テレビアニメ『サザエさん』のマスオさんの声を担当するようになって、もう40年にもなります。【解説】増岡弘(劇団東京ルネッサンス代表・俳協所属俳優・声優)


腸内フローラを元気にする食事 昔ながらの和食をとれば万病は防げる

腸内フローラを元気にする食事 昔ながらの和食をとれば万病は防げる

日本人の腸内細菌は、日本の伝統的な食事を好むのです。とはいえ、いきなり全部を変えるのは難しいでしょうから、白米を玄米に替える、有機野菜や発酵食品(納豆、みそ汁、ぬか漬けなど)をとる、肉を控えるなど、できるところから始めてください。【解説者】本間真二郎(七合診療所所長)


【宿便ダイエット】週一プチ断食で宿便解消! 10kgやせる 糖尿病や高血圧にも効果

【宿便ダイエット】週一プチ断食で宿便解消! 10kgやせる 糖尿病や高血圧にも効果

私がご紹介するのは「週1断食」です。これは「断食に関心はあるけれど、経験したことはない」という初心者のかたに、特にお勧めの方法です。【解説者】三浦直樹(みうらクリニック院長)


博士が勧める【玉ねぎヨーグルト】の作り方と食べ方 血糖値を下げ動脈硬化を防ぐ

博士が勧める【玉ねぎヨーグルト】の作り方と食べ方 血糖値を下げ動脈硬化を防ぐ

腸内の善玉菌(痩せ菌)を増やし、悪玉菌(デブ菌)を減らす方法として、私は発酵食品と食物繊維の組み合わせをお勧めしてきました。タマネギヨーグルトも、発酵食品であるヨーグルトと食物繊維が豊富な玉ねぎで作ります。この組み合わせは最強なのです。【解説】藤田紘一郎(医学博士・東京医科歯科大学名誉教授) 


不眠対策は「朝食にハムエッグを食べる」? ― インフルエンザやうつも撃退

不眠対策は「朝食にハムエッグを食べる」? ― インフルエンザやうつも撃退

免疫力を高めるには睡眠時間を長く取ればいいのでしょうか。確かに一定の睡眠時間を取ることは大切ですが、一概にそれだけとは、いい切れません。睡眠の量よりも重要なのが、質なのです。そして、質の高い睡眠を得るための秘訣は、意外に思われるかもしれませんが、「朝食」にあります。【解説】宮崎総一郎(滋賀医科大学睡眠学講座特任教授)


【体験談】断食「梅湯」で宿便を出す私 ドブのような臭いの便が出たら成功です

【体験談】断食「梅湯」で宿便を出す私 ドブのような臭いの便が出たら成功です

私は10年前に西谷雅史先生のクリニックで「座禅断食」が始まったときからの常連で、40回のうち39回の断食に参加しています。その中でお伝えしたいことは山ほどあるのですが、何と言っても感動的なのは、断食後の「梅湯」です。【体験談】関映子(美容鍼灸師・北海道)


【納豆の効果効能】臭い成分"ピラジン"が動脈硬化を予防 ブドウ球菌 O-157も撃退

【納豆の効果効能】臭い成分"ピラジン"が動脈硬化を予防 ブドウ球菌 O-157も撃退

「納豆」は、煮大豆に納豆菌を植えつけて作る食品です。納豆菌に豊富に含まれている酵素は、大豆たんぱく質や脂質を速やかに分解する働きがあります。ですから、納豆はとても消化がよく、大豆に含まれるたんぱく質の90%以上を体内に吸収できます。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


【トマトの栄養リコピンの効能】ガン予防にダイエットに 8つの健康効果まとめ

【トマトの栄養リコピンの効能】ガン予防にダイエットに 8つの健康効果まとめ

真っ赤なトマト。赤さのもとは、いくつもの健康効果で注目されている色素成分リコピンです。イタリアのガン研究所が行った調査では、トマトを1週間に7個以上食べている人は、2個以下の人に比べて、消化器系のガンの危険率が約6割までへったというデータがあります。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科教授)


【酢生姜の作り方と効能】便秘、冷え症を改善し 血管が若返る"食べ方"はコレ

【酢生姜の作り方と効能】便秘、冷え症を改善し 血管が若返る"食べ方"はコレ

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こり、高血圧、糖尿病などを招きます。冷え→血流障害→冷えの悪化という悪循環は老化に拍車をかけます。当院では、冷え取り対策として、酢をショウガに漬けて食べる「酢しょうが」をお勧めしています。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【医師解説】9割の患者さんの血糖値が改善!高血圧にも効果大のタマネギ氷

【医師解説】9割の患者さんの血糖値が改善!高血圧にも効果大のタマネギ氷

タマネギの成分が健康にもたらす効果は、さまざまな研究により明らかです。特に、血液や血管系の病気、糖尿病には絶大な力を発揮し、「食べる薬」といっても過言ではありません。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


300ml/dlの血糖値が1ヵ月で正常化した人も!タマネギ氷でメタボも解消できる!

300ml/dlの血糖値が1ヵ月で正常化した人も!タマネギ氷でメタボも解消できる!

タマネギ氷をご存じですか?これは、料理研究家である私が考案した、タマネギの新しい食べ方です。テレビなどで紹介されるたびに反響は大きくなり、大ブレイク。今や、メディアで引っ張りだこになりました。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【酢レーズン】効果は便秘の改善や高血圧対策 ぶどうの酢漬け「干しブドウ酢」

【酢レーズン】効果は便秘の改善や高血圧対策 ぶどうの酢漬け「干しブドウ酢」

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【医師監修】今ある「うつ」が改善する食事 素材選びのポイント

【医師監修】今ある「うつ」が改善する食事 素材選びのポイント

ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を、1日3食きちんと食べることです。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)


【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)。スープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、長引かなくなりました。80代の父と母も、高齢にもかかわらず元気です。【解説】藤本厚子(アツコアカデミー代表)


2日で作れる健康薬酒【タマネギワイン】が人気の理由

2日で作れる健康薬酒【タマネギワイン】が人気の理由

今タマネギワインが大変な人気です。タマネギと赤ワインを使って、わずか2日で作れる手軽さと、毎日少量飲むだけで効果が得られるというのが、人気の秘密のようです。糖尿病や高血圧などの改善だけでなく、なんとなく体がだるい、などの半健康状態の人の健康増進や、病気の予防に役立ててください。【解説】岡田研吉(玉川学園岡田医院院長)


【脂肪肝の治し方】NASH(ナッシュ)を食事療法で治す 肝臓ガンや肝硬変になるリスク

【脂肪肝の治し方】NASH(ナッシュ)を食事療法で治す 肝臓ガンや肝硬変になるリスク

脂肪肝について、どんなイメージを持っていますか?「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。ところが最近の研究で、肝硬変や肝臓がんに進行する新型の脂肪肝(NASH)が増加していることが分かってきました。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分です。紫外線により発生する活性酸素や、害虫などによる危害から、植物が身を守るために自ら作り出す成分です。植物しか作ることができないので、我々動物は、植物を食べることによってしかファイトケミカルを取ることができません。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学)


【最強の野菜スープ】ファイトケミカル(効能成分)摂取は「スープ」がベスト

【最強の野菜スープ】ファイトケミカル(効能成分)摂取は「スープ」がベスト

ファイトケミカルは、従来から知られている糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの5大栄養素とはまったく違います。ファイトケミカルは、それらにはないすぐれた機能を持っています。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


野菜スープについてもっと知りたい、ここがわからない、なんでもQ&A

野菜スープについてもっと知りたい、ここがわからない、なんでもQ&A

必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授 )


ドロドロ血液がサラサラに変わる!血管も内臓もぐんぐん若返る!絶品タマネギ料理《その1》

ドロドロ血液がサラサラに変わる!血管も内臓もぐんぐん若返る!絶品タマネギ料理《その1》

タマネギには、血液中のコレステロール値を下げる作用や、血栓(血液中の血の塊)をできにくくする作用があり、血圧を下げる働きがあることも認められています。さらに、老化やガンの元凶物質とされる活性酸素を中和する抗酸化物質も豊富に含まれているのです。【解説】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)