糖尿病

糖尿病

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないため、体内でブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなる病気のことです。発症要因から大きく1型、2型に分けられますが、日本人の糖尿病患者の約9割が、生活習慣の乱れが原因となって起こる2型糖尿病です。血糖値が高い状態が長く続くと、脳卒中や心筋梗塞などの合併症が起こる可能性が高くなるので注意が必要です。このカテゴリは、糖尿病の改善に役立つ記事の一覧ページです。

糖尿病に関連するキーワード

糖尿病対策
>>糖尿病に関連するキーワード一覧

糖尿病の健康情報一覧

【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

私は幼少時から、おいしいものが大好きで、物心がついたころから太っていました。大人になってお酒を覚え、ますます肥満に拍車がかかって、ピーク時には、身長が181㎝で体重が146㎏もあったのです。当然ながら糖尿病になり、血糖値を下げるインスリン注射をしないといけない毎日でした。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

美容院でシャンプー後、蒸しタオルを後ろ首に当てるサービスがあるでしょう。後ろ首の内部にあるのは「脳幹」という脳の一部です。脳幹は自律神経や免疫、ホルモン分泌など生命を維持する機能の中枢を担っています。私は体調不良の原因は脳幹の機能低下にあると考えています【解説】沼田光生(日本自律神経免疫治療研究会会員・海風診療所院長)


【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

私は15年前、50歳で糖尿病患者の仲間入りをしました。血液検査を受けると、空腹時血糖が300㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが7・4%と、りっぱな糖尿病になっていたのです。そこで、私が考えたのが「低糖質食」というものです。【解説】田中瑞雄(田中整形外科病院元院長 )


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


【食前キャベツ】で3kg減に成功!ヘモグロビンA1cが下がり糖尿病の血糖値も改善

【食前キャベツ】で3kg減に成功!ヘモグロビンA1cが下がり糖尿病の血糖値も改善

私が、糖尿病の疑いありと診断されたのは、今からもう十数年前のことです。当時は、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)で、そのとき試したのが、食前キャベツでした。丼1杯のキャベツを、食前に食べるのです。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


【慢性腎臓病】透析患者にならないために心掛けたい、たった5つのポイント

【慢性腎臓病】透析患者にならないために心掛けたい、たった5つのポイント

「血糖値や血圧、肝機能値などは気にするけれど、腎臓のことはあまり気にしたことがない」人は多いのではないでしょうか。実は、腎臓病、なかでも腎臓の機能が落ちて十分に役割が果たせなくなる腎不全の患者さんは、近年、世界中で増加。日本も例外ではありません。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)


【早見表】あなたの腎臓ろ過能力、何%残っている? ― 初期症状は尿の泡立ち、色に出る

【早見表】あなたの腎臓ろ過能力、何%残っている? ― 初期症状は尿の泡立ち、色に出る

腎臓は非常に「我慢強い臓器」で、慢性腎臓病になっても、ある程度進むまではほとんど自覚症状がありません。症状に気付いたら、早急に受診することが大切です。しかし、自覚症状が現れる前に、慢性腎臓病を見つけるほうがいいのはいうまでもありません。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)


【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

私は西洋医学を学んだ医師ですが、病院の治療や薬だけで病気を治すことは難しいと思っています。長男の小児ぜんそくがきっかけでした。長男のぜんそくを治す方法を探し、行きついた療法が、アメリカのマックス・ゲルソン医師が考案した「ゲルソン療法」、そして「ヒポクラテス式野菜スープ」です。【解説】大場修治(内科医)


【専門医】糖尿病は3kgやせれば治る - 血糖値を下げるのではなく体重を少し落とすことを心掛けよ

【専門医】糖尿病は3kgやせれば治る - 血糖値を下げるのではなく体重を少し落とすことを心掛けよ

インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンで、血液中の糖分を取り込み、エネルギー源として体に蓄積する役割を担っています。食べれば食べるほどインスリンがたくさん分泌され、血液中の糖分量が調整されると同時に、エネルギーが体にため込まれます。つまり、太っていくのです。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病】カロリー制限よりも糖質制限!医大教授が実践するこの健康法

【糖尿病】カロリー制限よりも糖質制限!医大教授が実践するこの健康法

β細胞の力を戻すためには、糖質を取らないのが一番です。この自分の仮説を信じ、私は、できるだけ糖質を取らない食事療法へと変えました。すると、わずか2週間で、空腹時血糖値が90ml/dlまで下がったのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(1)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(1)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、空腹を我慢したり、栄養計算をしたりする必要がありません。食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【研究報告】温泉で血糖値は下がるのか―ヒートショックプロテイン入浴法

【研究報告】温泉で血糖値は下がるのか―ヒートショックプロテイン入浴法

HSPは、熱などのストレスによって誘発されるたんぱく質で、ストレスから体を守り、細胞の修復を促したり、細胞を元気にする働きをしています。温泉療法によってHSPがふえるかどうか実験を行ったところ、多くの糖尿病患者さんの血糖値が下がってくる傾向も認められました。【解説】伊藤 恭(長湯温泉伊藤医院院長 )


コーヒーは2型糖尿病リスクを下げると各国が発表!飲み方は?

コーヒーは2型糖尿病リスクを下げると各国が発表!飲み方は?

かつて、コーヒーは多飲すると体に悪いという印象がありましたが、最近の疫学研究で、コーヒーの健康にいい点が指摘されています。アメリカ、スウェーデン、日本などで、コーヒーが2型糖尿病に効果があるという研究結果が次々と報告されているのです。【解説】古野純典(九州大学名誉教授 )


「パスタとピザ」「コロッケとトンカツ」血糖値を上げにくいのはどっち?

「パスタとピザ」「コロッケとトンカツ」血糖値を上げにくいのはどっち?

「さて、では問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)


【酢タマネギ】医師の私も常食する酢タマネギは、血糖値や血圧を下げ、合併症も強力に防ぐ特効食

【酢タマネギ】医師の私も常食する酢タマネギは、血糖値や血圧を下げ、合併症も強力に防ぐ特効食

私たちは、野菜や果物を摂取する必要がありますが、特に糖尿病の人は、タマネギなどのファイトケミカルを、できるだけ積極的に取るよう心掛けましょう。おいしくファイトケミカルが取れる方法としてお勧めなのが、酢タマネギです。簡単に作れるので、皆さんもぜひお試しください。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング