医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

糖尿病

糖尿病

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないため、体内でブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなる病気のことです。発症要因から大きく1型、2型に分けられますが、日本人の糖尿病患者の約9割が、生活習慣の乱れが原因となって起こる2型糖尿病です。血糖値が高い状態が長く続くと、脳卒中や心筋梗塞などの合併症が起こる可能性が高くなるので注意が必要です。このカテゴリは、糖尿病の改善に役立つ記事の一覧ページです。

糖尿病に関連するキーワード

血糖値を下げる
>>糖尿病に関連するキーワード一覧

糖尿病の健康情報一覧

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

私は酢玉ねぎを作る際、最初から味が調えてある「調味酢」を買って使っています。薄くスライスした玉ねぎを調味酢に半日ほど漬けるだけなので簡単です。食べ始めて2カ月の検査で血糖値が下がり効果を実感!また、酢玉ねぎに加え、紫玉ねぎも食べるようにしたところ体調がさらによくなりました。【体験談】今枝紀代子(主婦・70歳)


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【糖尿病になったら】毛細血管の血流を良くすることが大切 合併症を防ぐ運動

【糖尿病になったら】毛細血管の血流を良くすることが大切 合併症を防ぐ運動

「眼科で糖尿病を調べてもらえといわれて…」と、私のクリニックを受診されたYさん。視力の低下も糖尿病からくる網膜症と判明。眼底検査でも網膜には出血や白斑がずいぶん見られました。食事療法とともに、「毛管運動」を続けてもらったところ、劇的ともいえる改善が見られました。【解説】渡辺完爾(渡辺医院院長)


年々高くなる血糖値がゴーヤ茶でみごと正常化!治療の必要がないと医師太鼓判

年々高くなる血糖値がゴーヤ茶でみごと正常化!治療の必要がないと医師太鼓判

食事の際の炭水化物を減らしてみましたが、あまり効果がありません。思いもかけず効果を上げたのが、「ゴーヤ茶」でした。しだいに高くなる血糖値が気になっていたので、正常化してほんとうによかったと思います。もともとはガン予防のために始めたゴーヤ茶が、血糖値を下げるのにこんなにも役立ちました。【体験談】増田とく子(主婦・73歳)


HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

糖尿病治療には食事療法と運動療法が有効であることは、いうまでもありません。食事療法に加えて、適した運動を行えば、薬よりもはるかに効果が高いことは実証されています。しかし運動療法を指導している医師は、ごくわずか。私が、糖尿病の患者さんに指導しているのが、「週3筋トレ」です。【解説】宇佐見啓治(うさみ内科理事長)


私の血糖値をどんどん下げたツボ「太ももの1点押し」の効果

私の血糖値をどんどん下げたツボ「太ももの1点押し」の効果

なんとか数値を下げなければと必死だったので、太ももの1点押しに加えて、食事にも配慮するようにしました。すると血糖値がどんどん下がり始め、ついに正常値になったのです。もっとも治療薬を飲んだうえでの数値ですが、以前は薬を飲んでいるのにどんどん上がっていたのですから大きな進歩だと思います。【体験談】田宮伸治(会社員・45歳)


過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

酸化・糖化による老化や心血管系の病気を防ぐために、糖尿病の患者さんが、適度な糖質制限を行うことは悪くないと思います。しかし、過剰な糖質制限を長く続けることは、全身や脳の老化を招く恐れがあります。【解説】都築毅(東北大学大学院農学研究科准教授)


糖尿病を予防する「玄米」の効果 オリーブオイルと合わせて血管を強くできる!

糖尿病を予防する「玄米」の効果 オリーブオイルと合わせて血管を強くできる!

玄米とオリーブオイルをいっしょにとると、より多くの抗酸化物質や、ビタミン・ミネラルを摂取できます。糖尿病で高血糖状態になると、血管が傷んで血管の病変が進行しやすくなります。そこで、豊富な抗酸化物質が、血管の病変を防ぐ働きをしてくれるのです。【解説】横山淳一(オリーヴァ内科クリニック院長・医学博士)


21kg痩せた医師に聞く糖尿病克服のヒント「生活改善で糖尿病は消せる」

21kg痩せた医師に聞く糖尿病克服のヒント「生活改善で糖尿病は消せる」

転機は、57歳の健康診断でした。ヘモグロビンA1cも血糖値も、すでに境界型ではなく、本格的な糖尿病の兆候を示していたのです。ウォーキングを始めると同時に、10ヵ月後にフルマラソンを走ることを周囲に宣言。そうしてしまったら、もうやらないわけにいきません。【解説】清水一郎(おひさまクリニックセンター北院長)


「運動」で糖尿病の薬を減らせる可能性大!筋肉は第2のインスリン作用を生む

「運動」で糖尿病の薬を減らせる可能性大!筋肉は第2のインスリン作用を生む

糖尿病に対して、運動療法は食事療法と並んで重要な治療手段として推奨されています。でも、なぜ運動によって血糖値が下がるのかは、従来よくわかっていませんでした。そして、運動しているときには、筋肉細胞中の「AMPキナーゼ」という酵素が糖を取り込んでいる事実を突き止めたのです。【解説】藤井宣晴(首都大学東京大学院教授)


【糖尿病専門医】糖質制限のやりすぎに注意!血糖値を上げやすい食事・食べ合わせ

【糖尿病専門医】糖質制限のやりすぎに注意!血糖値を上げやすい食事・食べ合わせ

糖尿病の患者数は、年々増え続けています。一方、血糖のもととなる炭水化物(糖質+食物繊維)の摂取量は、減少傾向が続いています。そのかわりに増えているのが、脂質の割合です。糖質の摂取量は減っているのに、糖尿病は増えているのです。【解説】竹内雄一郎(メディカルプラザ小岩駅院長・日本糖尿病学会糖尿病専門医)


【アズキポリフェノールの効果】「発酵あんこ」が血糖値を下げる理由

【アズキポリフェノールの効果】「発酵あんこ」が血糖値を下げる理由

アズキに含まれる代表的な健康成分のひとつが「ポリフェノール」です。アズキは、このポリフェノールの含有量が豆類の中でもトップクラスで、黒豆と比べて約2.3倍も含まれています。私は、アズキポリフェノールが、糖を分解する消化酵素の働きを抑えるのではないかと考えています。【解説】小嶋道之(帯広畜産大学人間科学研究部門教授)


糖尿病性白内障の進行抑制に「ショウガ」が効果!海外の研究で証明

糖尿病性白内障の進行抑制に「ショウガ」が効果!海外の研究で証明

ショウガは白内障だけでなく、網膜症や腎症、神経障害など、糖尿病の合併症全般に、抑制効果があるものと期待されます。ただし、すでに発症してしまった合併症を治すことはできません。期待できるのは、進行を抑える効果です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


頭の右側の刺激で糖尿病を改善「500円玉こすり」のやり方

頭の右側の刺激で糖尿病を改善「500円玉こすり」のやり方

左半身をゆるめるためには、後頭部にたまった脳脊髄液を流してあげること。そのためには、頭の右側を刺激します。皆さんご存知のとおり、右半身は左脳が、左半身は右脳が制御しているからです。糖尿病や高血圧などの人はこの部分が腫れていたり、むくんでいたりすることが少なくありません。【解説】留目昌明(鍼灸師・和楽堂治療院院長)