糖尿病

糖尿病

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないため、体内でブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなる病気のことです。発症要因から大きく1型、2型に分けられますが、日本人の糖尿病患者の約9割が、生活習慣の乱れが原因となって起こる2型糖尿病です。血糖値が高い状態が長く続くと、脳卒中や心筋梗塞などの合併症が起こる可能性が高くなるので注意が必要です。このカテゴリは、糖尿病の改善に役立つ記事の一覧ページです。

糖尿病に関連するキーワード

糖尿病
>>糖尿病に関連するキーワード一覧

糖尿病の健康情報一覧

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

「ウォーキング後にチーズなどの乳製品を食べると、筋力がアップするうえに、生活習慣病の予防・改善にも役立つ」ことが、私たちの研究で判明しました。さらに最近の研究では、インターバル速歩後に乳製品をとると、実際に糖尿病や動脈硬化が改善することもわかりました。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科教授)


【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたら発覚。血糖値は327mg/dl、ヘモグロビンA1cは9.6%と、かなり高い数値でした。また、合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。【体験談】横地芙美子(鳥取県・75歳・親業訓練協会シニアインストラクター) 


【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(3)

【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(3)

ゴーヤは、沖縄の代表的な健康長寿食材です。近年の研究により、ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、糖尿病の人の血糖値を下げ、高血圧、肝臓病、肥満、認知症まで防ぎ治すことがわかってきました。今回は、ゴーヤ独特の苦みを上手に処理、または生かした、手軽でおいしい健康料理を紹介します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【膵臓に効くツボ】糖尿病が改善した!血糖値が下がる「太ももの1点押し」

【膵臓に効くツボ】糖尿病が改善した!血糖値が下がる「太ももの1点押し」

糖尿病の場合、血液検査で血糖値の高さを指摘され、食事療法や服薬で治療に当たっているケースがほとんどです。それなのに、「数値が改善しない。どうしたらいいか」という相談を、よく受けます。そんな患者さんに勧めているのが、左足にあるツボ(糖尿穴)を刺激する「太ももの1点押し」です。【解説】佐々木繁光(佐々木整体治療院院長)


【糖尿病が改善】10.6%のHbA1cが7%間近!玉ねぎスープで便秘も改善し5kg減

【糖尿病が改善】10.6%のHbA1cが7%間近!玉ねぎスープで便秘も改善し5kg減

2016年の4月に受けた健康診断で、血糖値が高いことがわかりました。過去1~2ヵ月の血糖状態がわかる指標であるヘモグロビンA1cが、10.6%もあったのです。医師からは、服薬とインスリン注射を併用するよう勧められましたが、インスリン注射は極力避けたいと思いました。【体験談】岡崎久江(仮名・静岡県・35歳主婦) 


【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(2)

【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(2)

ゴーヤは、沖縄の代表的な健康長寿食材です。近年の研究により、ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、糖尿病の人の血糖値を下げ、高血圧、肝臓病、肥満、認知症まで防ぎ治すことがわかってきました。今回は、ゴーヤ独特の苦みを上手に処理、または生かした、手軽でおいしい健康料理を紹介します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【糖尿病・肥満を改善】ゴーヤの健康レシピ(酢ゴーヤ・ゴーヤサワーの作り方)

【糖尿病・肥満を改善】ゴーヤの健康レシピ(酢ゴーヤ・ゴーヤサワーの作り方)

ゴーヤには、ビタミンCやベータカロテン、苦み成分のククルビタシンなどが豊富に含まれています。血液をサラサラにして、動脈硬化を防ぐほか、肥満の改善や老化予防にも役立つ野菜です。ここでは、ゴーヤをおいしくいただくために、酢と合わせる方法をご紹介します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

糖質制限食の基本は血糖値を上げる糖質(炭水化物)を減らし、減らした分をたんぱく質と脂質で補うことです。ピーナッツにはたんぱく質そして良質な脂質が豊富です。私のクリニックの患者さんに糖質制限食やピーナッツを食べるよう指導してから糖尿病やメタボが改善するなど、すばらしい成果が出ています。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【糖尿病を改善】ゴーヤは血糖値を下げ、肥満を予防 高血圧にも有効な健康食材!

【糖尿病を改善】ゴーヤは血糖値を下げ、肥満を予防 高血圧にも有効な健康食材!

ゴーヤは、まさに万能薬といってもよいほど多くの健康効果に恵まれた食材ですが、毎日ゴーヤ料理を食べるとなると大変です。ゴーヤ茶は、作り置きしておけば、数日間は保存がきき、手軽に有効成分を摂取できるという長所があります。健康効果の一つに糖尿病の改善があります。【解説】三浦俊宏(鈴鹿医療科学大学保健衛生学部教授)


【血糖値を下げる】身も種も丸ごと摂取で脂肪を燃やす「ゴーヤ茶」の作り方

【血糖値を下げる】身も種も丸ごと摂取で脂肪を燃やす「ゴーヤ茶」の作り方

ゴーヤを食べるとき、ふだんは種を取り除くものです。しかし、ゴーヤの種には、脂肪の燃焼を高める不飽和脂肪酸が含まれています。そこで、ご紹介するゴーヤ茶なら、身も種も摂取できます。脂肪の燃焼が高まれば、インスリンの働きが促されて血糖値の降下に役立つでしょう。【解説】三浦俊宏(鈴鹿医療科学大学保健衛生学部教授)


【血糖値を下げる】「右足裏の内側」のツボを押して膵臓の働きを改善!

【血糖値を下げる】「右足裏の内側」のツボを押して膵臓の働きを改善!

糖尿病で悩む患者さんの中には、足の親指(母趾)の裏側辺りから、土踏まずの側面にかけて、非常にかたくなっている人が多いです。「足の親指ほぐし」を毎日続けると、血糖値が下がりやすくなります。糖尿病の症状が軽症・中等度の人なら、継続して行うことで、効果が期待できます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長)


【血糖値スパイクを防ぐ運動】食後の"つま先立ち"で血糖値の急上昇対策

【血糖値スパイクを防ぐ運動】食後の"つま先立ち"で血糖値の急上昇対策

近年、糖尿病研究の進展により患者さんにお勧めする運動療法の内容が変わりつつあります。その一つが「食後の運動法」です。お勧めは「つま先立ち」や「階段の上り下り」などの下半身強化の運動です。血糖値スパイクの予防にも有効です。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血管年齢を測定してもらったのですが、私は「65歳」で実年齢プラス15歳でした。これにはショックを受けました。実は、健康には自信がなく、健康診断の検査結果も不安でした。その不安は的中し、空腹時血糖値が129mg/dlと高かったのです。【体験談】高村美佐子(仮名・主婦・50歳)


【新発見】糖尿病対策に梅が有効!血液サラサラ力で脂肪肝・NASHを改善する「梅エキス」

【新発見】糖尿病対策に梅が有効!血液サラサラ力で脂肪肝・NASHを改善する「梅エキス」

日本では、江戸時代後期から、疲労回復や吐きけ止め、下痢止めなどの妙薬として愛用されてきました。それ以外にも、近年、さまざまな優れた健康効果のあることが、多くの研究で確認されつつあります。梅エキスには、高い免疫力アップ効果のあることがわかります。【解説】栗原毅(栗原クリニック東京・日本橋院長)


【糖尿病を予防する】正しい歯垢ケアは歯ブラシではなく「デンタルフロス」で 食前後は「舌回し」

【糖尿病を予防する】正しい歯垢ケアは歯ブラシではなく「デンタルフロス」で 食前後は「舌回し」

昭和の時代から、歯科医師の間では、「糖尿病の人は歯周病になりやすく、治りにくい」といわれていました。最近になって、「歯周病の治療をすると、糖尿病が改善に向かう」という報告が多く上がり始め、さらに「歯周病の人は糖尿病になりやすい」ということも、わかってきたのです。【解説】森昭(竹屋町森歯科クリニック院長)


【糖尿病改善】歯周病を撃退して血糖値を下げるセルフケア「耳の下もみ」のやり方

【糖尿病改善】歯周病を撃退して血糖値を下げるセルフケア「耳の下もみ」のやり方

糖尿病と歯周病との間に密接な関係があることをご存じでしょうか。糖尿病の人は糖尿病でない人に比べて、重症の歯周病になる確率が2〜3倍高いというデータがあります。これとは逆に、糖尿病を罹患している歯周病患者に歯周治療を行うと、血糖値が改善したという報告も多数あります【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【ふくらはぎ】糖尿病の人は冷たくてフニャフニャ!「内側」マッサージで血糖値が改善した!

【ふくらはぎ】糖尿病の人は冷たくてフニャフニャ!「内側」マッサージで血糖値が改善した!

ふくらはぎマッサージは、生活習慣病の改善に大きく貢献するもので、特に、糖尿病に対して効果を発揮しています。糖尿病のかたは、血中の糖の存在によって血流が悪くなっているため、通常よりも血管中に血液がたまっています。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオテクニカルアドバイザー)


【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

耳下腺への刺激は、唾液の分泌だけでなく、ストレスを除去する働きもあります。副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠など精神疾患の改善が期待できるでしょう。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)