MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
糖尿病

糖尿病

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないため、体内でブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなる病気のことです。発症要因から大きく1型、2型に分けられますが、日本人の糖尿病患者の約9割が、生活習慣の乱れが原因となって起こる2型糖尿病です。血糖値が高い状態が長く続くと、脳卒中や心筋梗塞などの合併症が起こる可能性が高くなるので注意が必要です。このカテゴリは、糖尿病の改善に役立つ記事の一覧ページです。

糖尿病の記事一覧

表示順:
皆さんは「糖質」というと、何をイメージするでしょうか。「お菓子などの甘い物」という人が多いのではないでしょうか。もちろん正解ですが、それだけではありません。「甘くない糖質」もあるのです。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)
更新: 2018-09-13 15:51:30
糖質制限食では、お酒は飲んでも構いません。アルコールは高カロリーですが、これはエンプティカロリーといって、体内ですぐに燃焼されます。血糖値を上げるのは、カロリーではなく糖質です。アメリカ糖尿病学会でも、「アルコールは血糖値を上げることはない」としています。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)
更新: 2018-09-04 18:37:54
「果物は糖分や果糖が多いので糖尿病の原因になる」そう聞いたことがある人は多いでしょう。糖分が気になるので、「ミカンは食べない」という人もいるかもしれません。しかしこれは根拠のないいわば「風評」です。ミカンが糖尿病に与える影響を、きちんと調べたいと考え、二十数年前に研究を開始しました。【解説】矢野昌充(農学博士)
更新: 2018-09-18 16:40:59
糖尿病は「食べ過ぎが原因の肥満した人の病気」だと思われていますが、「栄養不足」が高血糖を引き起こし、糖尿病になるのです。「飽食の現代に栄養不足?」と疑問に思うかもしれません。食事療法などを指導した糖尿病患者さんの9割に血糖値の改善効果が出ていることからも、原因の一つだと考えられます。【解説】笠原友子(薬剤師)
更新: 2018-09-04 18:43:49
足の裏の施術で重んじられているのが「反射区」です。足の裏には体の各臓器や部位に対応した部分があり、そこを刺激すれば、体の不調や病気を改善できると考えられています。インスリン注射や薬、食事療法、運動療法を行いながら、足の裏ほぐしを行えば、効果もいっそう高まるでしょう【解説】青坂一寛(西日本整体学院学院長・一寛治療院院長)
更新: 2018-02-27 18:00:00
糖尿病や糖尿病予備軍の人には、食生活の見直しや改善など、日常生活での自己管理が大切です。そうした中で、お勧めしたい健康法の一つが、タマネギを赤ワインに漬けた「タマネギワイン」です。【監修】岡田研吉(銀座・研医会診療所・漢方科医師)
更新: 2018-09-26 11:50:02
私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)
更新: 2018-09-03 11:36:49
外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)
更新: 2018-09-13 15:53:18
私が、糖尿病の疑いありと診断されたのは、今からもう十数年前のことです。当時は、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)で、そのとき試したのが、食前キャベツでした。丼1杯のキャベツを、食前に食べるのです。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)
更新: 2018-09-03 11:33:23
私は西洋医学を学んだ医師ですが、病院の治療や薬だけで病気を治すことは難しいと思っています。長男の小児ぜんそくがきっかけでした。長男のぜんそくを治す方法を探し、行きついた療法が、アメリカのマックス・ゲルソン医師が考案した「ゲルソン療法」、そして「ヒポクラテス式野菜スープ」です。【解説】大場修治(内科医)
更新: 2018-09-13 14:47:58

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt