記事総数:208

公開済みの健康情報


ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

セキや息切れに効果のある「手の親指さすり」をご紹介します。【解説】西山 良(にしやま治療院院長)


足にたまった水分が夜間頻尿を招いている!ふくらはぎをもんで動かして改善せよ

足にたまった水分が夜間頻尿を招いている!ふくらはぎをもんで動かして改善せよ

多くの場合、夜間頻尿を引き起こす元凶はむくみ。このむくみをとるのに効果的な方法をご紹介します。【解説】重松 宏(山王メディカルセンター血管外科統括部長)


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

指の痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


糖尿病の夫は酢タマネギでインスリンが不要になり完治!私は3.8kgやせた!

糖尿病の夫は酢タマネギでインスリンが不要になり完治!私は3.8kgやせた!

20年くらい前です。夫が、会社の健康診断で糖尿病と診断されて、2ヵ月間入院したことがあります。入院中はインスリン注射を毎日3本打ち、退院後もインスリンを続けなければなりませんでした。【体験談】武田雅美(仮名・主婦・61歳)


アトピーのかゆみ、赤みがおさまる! 蒸しタオル療法で 不眠、イライラも消える

アトピーのかゆみ、赤みがおさまる! 蒸しタオル療法で 不眠、イライラも消える

アトピー性皮膚炎の人に対し、私はさまざまな生活改善の指導やアドバイスを行っています。その一つが、首を温めることです。【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)


血糖値、血圧が降下し薬不要! 首の後ろを温める脳幹マッサージで 耳鳴りも解消

血糖値、血圧が降下し薬不要! 首の後ろを温める脳幹マッサージで 耳鳴りも解消

私は、長年、多くの患者さんを診てきた経験から、高血圧や糖尿病、アレルギー性の病気など、慢性的な疾患の根本原因は、脳幹の機能低下による、自己治癒力の弱体化にあると考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


首の後ろを10円玉でこすったら 左足のマヒが軽快! 夜間頻尿が改善し性力アップ

首の後ろを10円玉でこすったら 左足のマヒが軽快! 夜間頻尿が改善し性力アップ

首が人間の急所であり、重要な部位であることは、皆さんご存じでしょう。鍼灸の世界でも、首はツボや経絡(生命エネルギーである気の通り道)が密集する箇所として、重視されてきました。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


首のコリが万病を招く! 首のスジを押せば 高血圧、糖尿病からうつまで大改善

首のコリが万病を招く! 首のスジを押せば 高血圧、糖尿病からうつまで大改善

私のクリニックには、全国からさまざまな病気を抱えた人たちが訪れます。そのほとんどは、それまでに大学病院や専門病院など、複数の施設で治療を受けても、病気や症状が改善されなかった人たちです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


首の後ろを押すと 神経の流れがよくなり 高血圧、糖尿病、難治の耳鳴りが大改善

首の後ろを押すと 神経の流れがよくなり 高血圧、糖尿病、難治の耳鳴りが大改善

現代医療は、手術や薬による対症療法が中心です。一時的に症状は改善しても、病気を根本的に治してはいません。病気の原因は、放置されたままだからです。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


脳や首へ受けた衝撃が原因で頭痛やめまいが起こる 【脳脊髄液減少症の治療】

脳や首へ受けた衝撃が原因で頭痛やめまいが起こる 【脳脊髄液減少症の治療】

交通事故や転倒、スポーツなどで首や腰に衝撃を受けたことがあり、その後、頭痛やめまい、首の痛み、耳鳴り、体のだるさといった症状が続いている……。もし思い当たるようなら、「脳脊髄液減少症」という病気かもしれません。【解説】篠永正道(国際医療福祉大学熱海病院脳神経外科教授)、【取材】医療ジャーナリスト 山本 太郎


大の字になって5分寝る だけ!脊柱管狭窄症や首の 激痛も改善するあおむけゴロ寝

大の字になって5分寝る だけ!脊柱管狭窄症や首の 激痛も改善するあおむけゴロ寝

私の整形外科クリニックには、ひざや腰などの関節の痛みで来院される患者さんが、大勢います。中でも、ここ数年で非常に増えてきたのが、首の痛みを訴える患者さんです。【解説】三井 弘(三井弘整形外科・リウマチクリニック院長)


寝る前の最小血圧より 脈拍数が多い人は特に危険! まずはストレスを取り除こう

寝る前の最小血圧より 脈拍数が多い人は特に危険! まずはストレスを取り除こう

これまで1700人に上る患者さんの24時間血圧を測定してきて、私は「日中の活動時の血圧ではなく、睡眠時の血圧が高いことが問題である」という結論に至りました。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


高血圧患者1700人の 調査で判明! 長生きしたければ寝る前の血圧を下げよ!

高血圧患者1700人の 調査で判明! 長生きしたければ寝る前の血圧を下げよ!

血圧というと、病院などで測定したその瞬間の数値で、よしあしが判断されることがほとんどではないでしょうか。しかし、わずかな感情の変化や動作で、血圧は刻々と変化します。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


泌尿器科医が指南! 下着にシミがつく排尿後の チョイもれに効果大の会陰部指圧

泌尿器科医が指南! 下着にシミがつく排尿後の チョイもれに効果大の会陰部指圧

男性によくある尿の悩みに、「排尿後、陰茎をズボンにしまった後に、タラーッと少量の尿がもれてしまう。そのため、下着やズボンにシミがついて汚す」というものがあります。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長) イラスト/古谷充子


男のチカラを削ぐ前立腺肥大症は 大肥大よりも小肥大のほうが 症状が強いと判明

男のチカラを削ぐ前立腺肥大症は 大肥大よりも小肥大のほうが 症状が強いと判明

尿の出だしが鈍い、勢いがなくなる、夜中にトイレに起きる、残尿感が強い、直後に下着を汚す――。中年以降の男性が抱える排尿のトラブルは実に多様です【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長) イラスト/古谷充子


1回300㎖で30秒! 膀胱や尿道の負担を減らす 快感おしっこの作り方と出し方

1回300㎖で30秒! 膀胱や尿道の負担を減らす 快感おしっこの作り方と出し方

尿もれや頻尿など、排尿トラブルを予防し、改善するためにお勧めしたいのが、「快感おしっこ」をする習慣です。【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長) イラスト/古谷充子


頻尿や尿もれ・膀胱炎が改善し 泌尿器の手術も回避できる 「快感おしっこ」の習慣

頻尿や尿もれ・膀胱炎が改善し 泌尿器の手術も回避できる 「快感おしっこ」の習慣

「トイレに入ってから、外出しよう」「コンサートが始まる前にトイレに行っておかなければ」。皆さんは、こんな理由でトイレに行っていませんか?【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長) イラスト/古谷充子


【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

過活動膀胱は、何らかの原因で膀胱が過敏になり、膀胱が過剰に活動して収縮してしまうため、尿もれや頻尿が起こります。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング