記事総数:404

公開済みの健康情報


【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

連日の猛暑が続き、熱中症のニュースが報じられています。夜、寝ているときもクーラーの使用が推奨されていますが、実はそこには危険な落とし穴があります。エアコン内部の「カビ」がもたらす弊害です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【猫に癒される3つの理由】精神科医が見つけた癒しのメカニズム

【猫に癒される3つの理由】精神科医が見つけた癒しのメカニズム

猫から癒しを得ているとき、あなたはきっと、猫の存在をそのまま丸ごと無条件に受け入れ、猫の気持ちを想像、共有しているはずです。なにかを心から受け入れているとき、そこには、普段はなかなか感じることのない「穏やかな解放感」と「深い平安」がもたらされています。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長・医学博士)


猫がゴロゴロと喉を鳴らす「音」の癒し効果 海外では医療現場で活用!

猫がゴロゴロと喉を鳴らす「音」の癒し効果 海外では医療現場で活用!

猫が喉の奥で発するゴロゴロ音を聴くと、血流促進、免疫力の増進、骨密度の回復が促されるのです。ゴロゴロ音によるセラピーは、特にさかんなのはフランスで、骨折の回復に用いる例が多いようです。アメリカでは、エイズ患者の延命に役立ったとの報告もあります。【解説】太田光明(東京農業大学動物介在療法学研究室教授)


【少年野球】正しいフォームになる!整形外科医考案「簡単エクササイズ」

【少年野球】正しいフォームになる!整形外科医考案「簡単エクササイズ」

体もフォームも出来上がっていない小学生には、投球動作の基本を投球とは違う動きで覚えさせたほうが効果的です。より実際のイメージに近い方法として「真下投げ」がお勧めです。ここでは簡単で、初心者でもできる「ZERO真下投げ」を紹介しましょう。やり方は、右投手の場合です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


野球肘による肩やひじの痛み 予防・改善のストレッチのやり方

野球肘による肩やひじの痛み 予防・改善のストレッチのやり方

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘のセルフチェック法】医療機関へのかかり方について

【野球肘のセルフチェック法】医療機関へのかかり方について

ひじに痛みがあっても、彼らなりの理由から痛みを口にしたがらない子供や、どこからが「痛み」なのかよくわからない子供は少なくありません。ほうっておくと、子供たちが悲しい思いをします。気持ちに左右されず物理的にひじの不調や問題、痛みを発見するチェック法を紹介しましょう。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球ひじの対処法】早期に治すための対策と予防法

【野球ひじの対処法】早期に治すための対策と予防法

「病院に行くと、休めって言われる。休むと、試合に出られなくなっちゃう」この会話に、子供たちの気持ちと、彼らを取り巻く環境が如実に現れています。病院が「休め」と言うのは事実です。しかし、医療に携わる人間として、休むことが一番大切な治療だということを知ってほしいのです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘】内側型野球ひじ・外側型野球ひじの特徴と治療法

【野球肘】内側型野球ひじ・外側型野球ひじの特徴と治療法

キャッチボールや投球でひじに痛みが出た場合、そのすべてを「野球ひじ」といいます。野球ひじにはいくつか種類がありますが、小学生に最も多く発生するのは「内側型野球ひじ」。発生頻度は低いものの重症化しやすいのは「外側型野球ひじ」です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


なぜ少年野球の選手は肘を痛めるのか 整形外科の名医が解説

なぜ少年野球の選手は肘を痛めるのか 整形外科の名医が解説

なぜこれほど多くの子供たちがひじを痛めるのでしょう。その最大の理由は、「使いすぎ(投げ過ぎ)」です。ひじを休める暇なく投球を続けると、修復が間に合わず、疲労が蓄積され、傷が治らなくなります。これが「使い過ぎ」「オーバーユース」といわれるものです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


少年野球で【肩・肘を壊す】原因 子供と大人の骨の違い

少年野球で【肩・肘を壊す】原因 子供と大人の骨の違い

野球特有の表現に「ひじをこわす」「肩をこわす」という言葉があります。「壊す」という恐ろしい言葉は、ほかのスポーツではあまり使いません。残念なことに「壊す」という言葉は野球では一般化していますが、これは野球によるケガの多さや重症化しやすいことを表しています。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【三歳児検診】視力検査では弱視に注意!実は多い"近くが見えにくい子"

【三歳児検診】視力検査では弱視に注意!実は多い"近くが見えにくい子"

実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)


トラウマを克服!心の傷を癒やす方法 "不眠・パニックが消える音楽"

トラウマを克服!心の傷を癒やす方法 "不眠・パニックが消える音楽"

トラウマ(心の傷)とは、つらい体験を受けたとき、気持ちの整理がつかなかった、いわば「未処理の記憶」です。動悸や過呼吸、パニックといったPTSDを引き起こします。今回は臨床心理士の立場から、脳に直接働きかけ「再処理」を促し、「心の傷」を消す方法を紹介します。【解説】藤本昌樹(東京未来大学こども心理学部准教授・臨床心理士)


【スマホ肩こりを解消】症状は頭痛や吐き気 触れて治す「タッチングケア」のやり方

【スマホ肩こりを解消】症状は頭痛や吐き気 触れて治す「タッチングケア」のやり方

「タッチングケア」とは、自分の手で、自分の体を優しく触れることで、症状を改善したり、ストレスを緩めたりする新しいセルフケア法です。軽く、リズムを取りながら触れるのがコツです。急増中の「スマホ肩コリ・首コリ」もタッチングケアによって解消させることができます。【解説】外尾幸恵(看護師・日本タッチングケア協会代表理事)


【ガンとは何か】そもそも癌って何? なぜ癌になるの? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

【ガンとは何か】そもそも癌って何? なぜ癌になるの? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

人間は、胎児のときからガンの遺伝子を持っていますが、出生時に、ガンの遺伝子は読み込まれない位置に入り込み、身を潜めます。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

消化器は、食道→胃→十二指腸→小腸→大腸へとつながっています。食べた物は、食道から胃に入り、大量の胃液と混ぜ合わされて、消化されやすいかゆ状に溶かされます。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【肝臓病とは】肝硬変の症状の特徴 予防に効果的な食べ物  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変の症状の特徴 予防に効果的な食べ物 (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【肝臓病とは】A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎の違い 急性と慢性の違い (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎の違い 急性と慢性の違い (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【骨粗鬆症とは】どんな病気? 自覚症状は? 予防できる食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

【骨粗鬆症とは】どんな病気? 自覚症状は? 予防できる食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

骨粗鬆症とは、骨量が減って骨が軽石のようにスカスカになり、ちょっとした衝撃でも骨折しやすくなる状態のことです。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【心筋梗塞 狭心症とは】症状はどこが痛くなる? 痛みは何分続く? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

【心筋梗塞 狭心症とは】症状はどこが痛くなる? 痛みは何分続く? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

心臓病は、日本人の死因の第2位です。心臓を取り巻く冠状動脈の血流が悪くなって起こる心臓病を虚血性心疾患といい、狭心症と心筋梗塞があります。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)